ドリームカップ | お知らせタグ | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

2014ドリームオープンカップ磯 近畿大会

2014/12/19 カテゴリ: 大会/展示会

12月14日(日)、兵庫県家島にてドリームオープンカップ近畿大会が開催されました。

この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー6社が垣根を越えて共同で開催する点です。

今大会は冬型の気圧配置による寒気と共に強風が心配されましたが、前日の16時に渡船店の船長より大荒れすることは無いとの一報が入り、予定通り開催することを決定いたしました。

午前4時30分より受付を開始、風もおさまり寒さもそれほど苦にならない程になりましたが、やはり前日からの天候の影響で遠方からの選手のキャンセルがあり、65名の参加となりました。

渡船別抽選と大会説明を終え、午前6時に選手は那波渡船、飾磨渡船、江沼渡船、山本渡船の4隻の渡船に別れ、それぞれのポイントへと向かって行きました。

(さらに…)

2014ドリームオープンカップ磯 西九州大会

2014/11/11 カテゴリ: 大会/展示会

11月2日(日)。長崎県平戸市宮の浦一帯にてドリームオープンカップ西九州大会が開催されました。

この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー6社が垣根を越えて共同で開催する点です。

前日の土曜日の予報ではナギで微風の予報、当日は午後から北風が強くなりそうだけど問題なくやれるでしょう!と船長さんのお言葉。

では、予定通りに・・・と、土曜の夕方現地入りしてみると、すでに北風がかなり吹いてるし、港の沖の海では白波も確認できる。

・・・大丈夫か?明日は?・・・と心配しながらも準備をすませ、船長さんのところへ挨拶に向かうと、「なんか予報以上の風になりそうばい。明日の回収は早目にさせてもらえんやろか。」と、言われてしまった。

早速、本部事務局と相談の上、回収を1時間繰り上げて正午までの競技時間で開催する運びとなりました。

雨が今にも降り出しそうな中、1船14名程度を乗せた渡船が5隻出港していきました。その後、同程度の参加者 (さらに…)

2014 ドリームオープンカップ磯 笠岡大会

2014/10/24 カテゴリ: 大会/展示会

10月19日(日)ドリームオープンカップ磯・笠岡大会が岡山県笠岡市上島外浦港で開催されました。この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー6社が垣根を越えて共同で開催する点です。

10月に入り週末の釣行はことごとく台風により潰されましたが、大会当日は久々に秋晴れに恵まれ、日中は暑さを感じる絶好の釣り日和となりました。

大会本部となった外浦港には中国地区を始め、近畿、四国地区から集まった74名の選手が受付をすませ、今大会のホストメーカーとなったマルキユー横川が開会のご挨拶を、続いて大会委員長の湯川スタッフより笠岡沖の近況を兼ねてのご挨拶、運営委員長の石村スタッフより大会中の注意事項、小笠原スタッフより競技説明が行われました。

(さらに…)

2014 ドリームオープンカップ磯 東北大会

2014/09/26 カテゴリ: 大会/展示会

9月21日(日)ドリームオープンカップ磯・東北大会が山形県鶴岡市由良漁港を大会本部に開催されました。この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー6社が垣根を越えて共同で開催する点。

当会場での開催は3回目、受付後各選手が思い思いのポイントで対象魚を釣り、審査時間までに大会本部に戻ってくるルール。 審査対象は、1尾による長寸で行い、部門は「クロダイ」の部10賞・「マダイ」の部3賞・「他魚」の部1賞。

(さらに…)

2014 ドリームオープンカップ磯 東九州大会

2014/06/18 カテゴリ: 大会/展示会

6月15日(日)今年で6回目の開催となるドリームオープンカップ磯・東九州大会が大分県・米水津沖磯開催されました。この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー6社が垣根を越えて共同で開催する点。

昨年同様好天に恵まれ、多くの選手たちが期待に胸を膨らませながら会場の米水津・小浦港の特設会場に集結。磯のテリトリーが異なる7隻の船の抽選のため長蛇の列を作っていました。

猪熊競技委員長より、25cm以上のグレ5匹総重量と場所や船によるが出ないよう各船で1位同士、2位同士で (さらに…)

2014 ドリームオープンカップ磯 関東大会

2014/06/05 カテゴリ: 大会/展示会

6月1日(日)に第6回ドリームオープンカップ関東大会が行われました。この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー6社が垣根を越えて共同で開催する点。

この関東大会は申し込み者が多く従来の中木・入間地区での収容人数に制限がある為、昨年よりキャノンボール方式(参加される方でお好きな場所で安全な釣りをして下さい)を採用致しました。

梅雨入りして最初の日曜日となりましたが、初夏を感じさせる晴天の中、84名の参加者が午前2時30分から受付会場となる地元下田漁港様に集合です。

(さらに…)

2011ドリームオープンカップ磯 四国大会の結果報告

2011/07/18 カテゴリ: 大会/展示会

こんにちは!

7月も折り返し地点を過ぎ、いよいよ夏本番と言った感じですね。

私は夏といえば雷魚釣りを連想しますが、皆さんはどんな魚が思い浮かびますか?


さて本日は、今月の初めに行なわれました「2011ドリームオープンカップ磯四国大会(宇和島)」の報告をさせて頂きます。


今大会は私ともう一名が現地に入り、大会運営のお手伝いに参加させて頂きました。

開会式の前後は雨が落ちてきたりもしましたが、次第に雨も上がり、青空の元、競技が行なわれました。

各選手とも、磯に渡り非常に熱いバトルを繰り広げ、フィールドが日振島であることも手伝ってか、非常に釣果に恵まれた大会となっております。


気になる大会詳細&結果はこちら→大会詳細&結果


(開発部 R)

2011 ドリームオープンカップ磯 東九州大会の結果報告

2011/06/27 カテゴリ: 大会/展示会

6月19日(日)、3回目の開催となる2011ドリームオープンカップ磯・東九州大会が大分県鶴見一帯にて開催されました。

この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー10社が垣根を越えて共同で開催する点にある。あいにくの雨模様にもかかわらず、この日を待ちわびた多くの選手たちが受付会場に列を作った。

そして午前2時半、合計138名の選手が5隻の渡船で2便に分かれて鶴見一帯の磯へと展開。午前5時の競技開始と同時に、各磯で熱戦の火蓋が切って落とされた。当日は豪雨の中での競技であったものの、海況は至って穏やかで沖磯・湾内を問わず好ポイントへの上礁も十分に叶う状況。こうなると当地は折りしも梅雨グレ最盛期ということもあり、上位入賞者がどれ程釣果を伸ばすかという点にも注目が集まった。競技時間中降りしきる雨をものともせず、各磯で次々とタモが伸ばされ良型が仕留められてゆく (さらに…)