シップマスタータコテンヤ | 釣行記タグ | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

釣行記「兵庫淡路沖のタコ!第二弾 」

2016/07/18 カテゴリ: 船釣釣情報釣行記

スタッフ釣行記船のタコ釣り第二弾です。

釣行日:2016/7/16

天 候:晴れ 

波  :なし

潮  :中潮

釣り場:淡路沖、平磯沖

対象魚:タコ 300g1350g 34ハイ

利用渡船:DAIYUMARU様090-6557-0724

https://www.daiyu-maru.net/

使用ロッド:シップマスタータコテンヤ 165

使用リール:船用両軸リール

使用ライン:(道糸)PE2号

     :(リーダー)クレハグランドMAX・FX6号

使用仕掛 :ハリミツ 蛸墨族 ピンクピンクなど

釣行記

皆様こんにちは。開発部の高木です。

みなさん、シップマスタータコテンヤを使っての

動画はご覧になられましたでしょうか?

まだの方は、ぜひ、伊丹明さん、永田まりさんがシップマスタータコテンヤで

大きいタコが!!

詳しくは動画をご覧になってくださいね!

さて、今年も昨年に続きタコのアタリ年になりましたね!

タコ好きな私にとってはうれしい限りです!

今回はテンヤは使わずエギオンリーで行ってきました。

今回お世話になった船は須磨の海賊船DAIYUMARU様に

お邪魔しました!

ほんとに、海賊船をイメージする乗っていてもワクワクするような船で

沖にいても目立ちます。

この日はタコ釣り師の方が合計19名で出船。

半数以上の方がテンヤで、後の方がスッテやエギを使ってタコを狙います。

須磨から40分ほど走り最初のポイントは淡路の富島沖の水深10メートル。

潮はゆっくりと流れ、非常に釣りやすい状況です。

まずは、今年の新商品『シップマスタータコテンヤ165』に蛸墨族ツインにオモリ40号を付けて探ります。

水深は浅く、丁寧に底をトントンとさぐり、ステイさせるとヌーっとしたアタリが有り

一呼吸おいて大きく合わせを入れると乗りました!サイズは300gほどですが

幸先が良いスタートでテンションも上がります!

周りの方もバンバン釣れています!

ここから、朝の時合がスタートし、底をトントンと誘い、たまに乗せる間を作るとアタリが連発です!

そこで合わさず、一呼吸おいてから合わすとバラシは激減しますよ。

開始から1時間でなんと15杯と絶好釣!!

船のタコ釣りでは潮が速く流れるほど、アタリが止まり、逆に潮が止まってもアタリが止まる時が多く感じます。

この日も朝一は絶好調でいくらでも釣れる感じでしたが、潮が速くなるにつれてだんだんアタリが遠のいていきます。

8時で21杯、

9時で28杯

10時で30杯

と時間が経つに連れて厳しくなり、朝の絶好調がウソみたいほど

アタリがなくなります。

10時過ぎに大きくポイントを移動して

平磯沖に移動です。

ここは、水深が深く30メートルから35メートルでまだ潮も早いのでオモリを50号に変更します。

深場のポイントなので大型に期待でき、早速後ろの方が2キロオーバーを釣り上げ

みなさんのテンションも一気に

上がります!

ここは小型が少なくアタリがあれば500gがレギュラーでポツポツとキロオーバーも混じります。

ここで、大きいタコを期待しながら底をトントンとしていると、今までにないスーっとしたアタリがあり、

十分に送り込み渾身の合わせを入れると今までに無い重量感!

ゆっくりと上がってきたのは

これが本日最後の34杯めとなる1.35のタコでした。

最後に大型も釣れ大満足の釣行となりました。

また、ラッキーなことに

この日の竿頭を頂きました!

この船では竿頭を3回取ると無料の乗船券を頂けますので狙ってくだいさいねっ!

8月いっぱいまでは楽しめるタコ釣り!

今は初めての方でも釣りやすいので

おすすめですよ!!

たかぎ ひろゆき

シップマスタータコテンヤ動画撮影

2016/06/16 カテゴリ: 船釣

今回、新たな動画番組の取材で伊丹章さん、永田まりさんを迎えて現在好調釣れている船からのタコ釣りに行ってきました。

竿は今年発売の【SHIP MASTER タコテンヤ】

誘いやすくアタリを取りやすい調子を追求し、タコが違和感なくテンヤを抱きかかえ、しっかりとアワセが決まるパワーを兼ね備えたタコ釣り専用ロッド。もちろんタコエギにも対応!!

この日は朝は深場から攻めて大タコを狙います。

永田まりさんは朝から蛸墨族で釣ります。


伊丹さんにはいきなり朝の時合いでドン!?と、蛸墨族のエギを抱いたのがこれです。

デカ過ぎます。。

もちろん、これだけではありません!

伊丹さんと永田さんの掛け合いも期待してくださいね!

撮影模様はインターネット上で、カンパリ動画として、配信中です。

動画はこちらとなっております。