波止釣/その他 | 釣行記カテゴリ | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売 アレス(ARES)| エギング・アジング・ジギング ルアーロッドの製造・販売

中林磯でノッコミチヌチャレンジ!

2022/04/29 カテゴリ: 波止釣/その他磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和4年4月19日
潮:中潮 天気:晴れ/曇 波:少しあり
風:北の風
対象魚:チヌ
渡船:中林渡船
配合エサ:マルキューチヌPV10白チヌ、チヌPSムギ
サシエサ:くわせオキアミSPH
竿:ゼロサム鱗CIM1-53
釣行記
4/19 今シーズン3回目のノッコミチヌチャレンジに中林磯に釣友3人で行って来ました。

今回の磯はミッコバエ!竿は魚を全体で受け止めて怒らせず海面に浮かせるゼロサム鱗CIM1-53をチョイスし道糸1.5号、ハリス1.2号、ウキ阿波三原ウキ5B、ハリ鬼掛け層探り2号、タナ5ヒロ半でスタート!潮は右から左へゆっくりと流れています。

マキエとサシエを丁寧に合わせ当たりを待ちますが1時間程無反応でサシエが付いたまま帰ってきます。当りが無いのでハリス1号、ハリ1号に変更しタナも6ヒロと深くすると、すぐウキに反応があり軽く合わせるとコンコン首をフリフリしながら海面に浮いてきたのは40cmオーバーキビレチヌゲット!それからもう1匹追加したところで北風が強くなり場所交代をし、港前のテトラへ仕切り直しです。

1650922845399

風も無く天国釣行バツグン!あとは釣果があるかで地獄へまだ水温が低いのでタナを6ヒロ半にしマキエとサシエを合わし投入すると右から左手前にゆっくりと流れ第一投はサシエが付いたまま帰ってきました、マキエが効いてくるまでの辛抱です?30分程経った頃にウキが海面下に消え合わせると鱗CIMが大きく曲がり竿の弾力に任せ慌てず溜めていると海面に40cmチヌゲット!

1650922852894

1650922857378

予想より早く食ってきたので期待を膨らませすぐ投入するとまたまた当り!

それからもポツポツと納竿まで当りがあり35〜45cmを合計10匹で終了となりました。
今回も前回とまだ同じ状況で苦労しましたがポイント移動しハリスを1号、ハリ1号の細仕掛けで狙ったのが正解でしたね!
釣りは楽しいな〜
みはらまさき

香川県引田でノッコミチヌチャレンジ!

2022/04/22 カテゴリ: 波止釣/その他磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和4年4月3日
潮:大潮 天気:晴れ/曇
波:少しあり 風:無し
対象魚:チヌ
渡船:西山渡船
配合エサ:マルキューチヌPV10白チヌ、チヌPSムギ
サシエサ:くわせオキアミSPH
竿:ゼロサム鱗CIM1-53

釣行記:4/3 今シーズン2回目のノッコミチヌチャレンジに釣友19人で行って来ました。2週間前の釣行ではチヌの気配も無く撃沈しましたが、また懲りずに期待を持ちながらの釣行です?恒例のくじ引きで上がる順番を決めた結果19人中16番で赤波止に上げてもらいました!
写真①
釣友と2人で上がりキビシイ釣行になる予想なので仕掛けも繊細に竿は魚を全体で受け止めて怒らせず海面に浮かせるゼロサム鱗CIM1-53をチョイスし道糸1.2号ハリス1号ウキ阿波三原ウキ1号ハリ鬼掛け層探り1号タナ6ヒロ半で挑戦開始!

前回と同じで底にハリスを這わし釣法です!1〜2時間経っても予想通りサシエが付いたまま帰って来ます。ポイントを波止際、潮目、遠投と探りますがダメで最終手段…バッカン、竿、タモ、を持って長い波止を歩いてポイント移動です!仕掛けもハリスを0.8号を3ヒロ半とり、より自然のマキエサと同じ様工夫し再挑戦です。。

30m程沖に投入するも手前に当て潮で帰ってくるダメ潮が流れ苦戦。しかし3投目にウキがゆっくり沈み合わせると竿が曲がるが手ごたえ無しベラが海面に浮いてきました!それから連続3匹ベラで意気消沈するも諦めず頑張っていると潮が左沖へ流れだしひっとすると思っているとウキが一瞬に海面に消え鱗CIMが大きく曲がり沖へ走り0.8号ハリスで少しの時間頑張りましたが痛恨のラインブレイク!

ガックリすぐハリスを1号に変え投入するとウキがモゾモゾとゆっくりと沈み軽く合わせるとコンコンと待望のチヌさん独特の顔振り引き!慎重に海面へ浮かせ40cmチヌゲット!非常に苦労した1匹でタイムオーバーで納竿となりました。
今回は前回と同じ状況で苦労しましたが諦めず一瞬の潮の変化を狙ったのが正解でしたね!
釣りは楽しいな〜
みはらまさき

豊浜新堤、再釣行!長竿でのメバル狙い

2022/02/22 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・ロングレンジメバル輝

2月15日午前3時過ぎ起床。支度を済ませ暗い中豊浜新堤に向けて車を走らせた。
40分程で到着したが、相変わらず駐車場には車だらけで釣り桟橋には釣り人が多い。私はその横を通り過ぎ正面のフェンスに向かったが、暗闇の中、長竿ファンの釣り人のシルエットが見える。いつも入るポイントは抑えられていた為その隣の空いている所を本日の釣り座として準備に入った。

DSCN5090

ずらりと並ぶ長竿。この光景は数年振りに見たような気分に新鮮に思えた。タックルだが、竿は『NISSINロングレンジメバル輝11m』仕掛けは自作胴付き3本針オモリ1.0号をセットした。さて準備も出来たので、まずはモエビを針に刺すのだが、尾羽をカットして2関節目で針先を出してモエビがまっすぐになるよう取り付けた。
3匹取り付けたところで釣り開始としたが、沈むケミホタルが闇夜の海に沈んで行くのがはっきりわかる。本日も潮はスケスケと言う事だろう。と言う事は、本日もジアイはほぼほぼ5~6分と言う事で終了すると言う事だ。その間に良型を釣り上げたいものだと願いながら竿先に集中した。後はやる気のあるメバルが仕掛けにアタックしてくれるかだ、その時1投目でかすかなアタリで竿先を揺らしたが上がってきたのは15㎝程。最後にリリースするつもりでバケツの中に活かしておこう。
2匹目が中々釣れない中40分が経過してしまった。潮、時間帯も申し分ないので1人ボヤキをしていた矢先、プチッ!と小さなアタリが竿先に反応した。直感でこれは良型からの挨拶と判断。そして竿先を少し下げてラインの違和感を解放。
そのままの状態で待つ事数秒後、次に来たのが竿先を海中に持ち込まれるほどのアタリに繋がった、軽くアワセを入れた瞬間パワー全開で竿先が持ち込まれる。良型メバルの登場にこいつはバレないようにと頭をよぎるがグイグイと力強いパワーで11mの竿がのされるほどの良型メバルと勝負だ。ハリス0.6号なので無理は出来ないが、浮かせれば何とかなる事だけを信じて、ゆっくり浮かせ何とかラインを手にして手繰り寄せる。だがここで暴れでもしたら一発でハリス切れとなるので、手にするまでハラハラドキドキの中やっと良型メバルを手にした。21㎝とまずまずだ。良型が来たのでジアイに入ったようだ。すぐにモエビを付け替え投入。するとどうだ!ジアイ中と言う事で、いきなり竿先をひったぐっていくパワーの持ち主がヒット。海タナゴと思いきや、メバルのダブルで針掛かりしたのだ。
もう1尾と欲が出て、竿を出すがすでにジアイ時間は過ぎている。もうダメかなと思っはいたが、まだ釣れる?が頭の中で騒いでいた。
しかし明るくなるにつれ反応は完全に消えたので納竿とした。
ジアイが来るとまだまだ釣れそうな豊浜新堤。風が弱い時は再度釣行する事だろう。

なかむらてるお

 

豊浜新堤、長竿でのメバル狙い

2022/02/22 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・ロングレンジメバル輝

2022年に入ってからチヌ狙いで11回も釣行したにもかかわらず未だチヌを1枚も釣れずじまいと言う最悪な年だ。1月も終わり2月に入って何とかしたいものだが、常滑港海水温8.4度ではいささか無理と判断。

そこで今回は久しぶりに風が弱い休みとなったので、またしても豊浜新堤のメバル狙いで釣行しよう。

2月8日前日にモエビを購入して準備万端。午前4時30分豊浜新堤に向けて車を走らせた。相変わらず釣り桟橋には釣り人がびっしり混雑している。平日という事もあって釣り人はほぼほぼ年配の方が多いがその桟橋を横目に見て通過。正面のフェンスに到着だ。3名の長竿ファンがすでに竿を出していたので空いているところを本日の釣り座とした。

img013

 

DSCN5089

竿はロングレンジメバル輝11mの長竿。その竿先にはケミホタル37を取り付け、道糸と幹糸の間にはケミホタル25を取り付けた。仕掛けは自作3本バリ胴突き仕掛けだ。付けエサはモエビを使用し仕掛けの下にオモリ1号を取り付けて完成。モエビは尾羽をカットして2関節目で針先を出しまっすぐにして完了。
仕掛けを沖目いっぱいに振り込み重りを底に着いたら、根掛に注意しながら誘い本日は大潮という事で朝マズメの釣としては最高のメバル潮だが、何故か投入してから30分以上っ経過したもののアタリは出ない。

そして午前6時になった時本日初アタリが竿先に来た!

竿先を持ち込むまで待ってからゆっくり竿を立てたが、引き込みが小さい小メバルが針掛してきた。1匹掛かったという事はジアイに入ったとみて、ここは手返しよくモエビを付けたいが、老眼の身となっている為針先が思うようにモエビに刺さらないのがイラついて仕方がない。そんなこんなで2回目のアタリ小さいメバル君針を加えていた。
再度エビを新鮮なものに変更、何とか付けなおして投入。

1度誘いを入れた時、竿先がそもまま沈んでいく…

「えっ!」深いところがあったかと思ったが、これがアタリであった。ゆっくり竿を立てるがかなりの良型か、引き込みが強い。メバルではないような引きなのでグレかもしれないと思いここは慎重なやり取りが始まった。
徐々に浮かせながらも無理はしない。ラインを手にするまでがとても長い時間に思えて仕方がない。

やっとラインを手にしてここから再度慎重に手繰り寄せなければならない。途中で1回でも暴れたら0.6号のハリスは一発で切れてしまう。慎重に慎重にと寒い日でもこの時ばかりは冷や汗ものだ。そしてとうとうその姿が、見えた。良型のメバルであった。やっと手にしたのは良型23㎝が上がった。もう1尾釣り上げて両手に花ともくろんですぐに投入。

東の空があかみをさして来ると周りはハッキリ見えだして来た、あ~っ!もうジアイは終了かと思いながらも諦めず投入。2度ほど誘いを掛けた時なんとプチッ!と竿先が揺れた。まだ食ってくると竿を固定して本アタリを待っているとククーッと竿先が入った。そして4回目のアタリが出た。だが残念小型のメバルだ。

DSCN5085
これが最後のアタリかもと弱気になったが、この1投を最後にと思いモエビを3匹取り換え沖目いっぱいに振り込込んだ。3度4度と誘いを入れてはみるが反応が全く無い。やはりとうとう終わってしまった。ジアイの時間は8分間。本日は4回しか出なかったアタリだったが、1匹の良型とは情けないものだ。

DSCN5084
次回再度風が弱ければ再度挑戦したい豊浜新堤であった。

なかむらてるお

豊浜新堤でメバル狙い

2022/01/16 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・ロングレンジメバル輝

休みは何故か悪天候が付き物、このジンクスは引き継いでいるのかと思いきや、今回も風は弱い予報なので、前回同様 朝一のメバル狙いと思い豊浜新堤に来てしまった。
1月10日、午前4時00分 豊浜新堤に向かって車を走らせた。釣り桟橋で型の良いマイワシが釣れているので毎日が満員御礼なほどの賑わいを見せているので当然駐車場満も満車。

DSCN5024私はその桟橋を横目に見てメバルのポイント南向きに脚を運んだ。メバル狙い4名の釣り人がいるだけで広いポイントが空いていたのでテトラより右側を選んでタックル準備。竿はNISSIN ロングレンジメバル輝11mを出した。
竿先に「ぎょぎょライト37」を装着して仕掛けにはケミホタル25をセット。オモリは0.8号を取り付けてまずはイシゴカイを針に刺し様子見とした。夜明けが近づいてくると放射冷却なのだろう指先がかじかんでくるほど冷たくなってきたがこれを我慢すれば良型メバルが来てくれると信じて長竿11mを振り込む。

仕掛けは自作胴付き3本針、モエビの尾羽をカットしてそこから針先を出し完了。沖目いっぱいに振り込み着底を待つ。ゆっくり誘いをかけながら上下に仕掛けを動かしていると、ツンツンと竿先にアタリが出だしたが、アタリからして小型のカサゴだ。だが、アタリは突然やって来た。プチッ!と竿に感じたの後スーッと輝11mがおじぎをして行く典型的な良型のメバルからの合図だ。竿先が入った所でゆっくり竿を立てるとガッチリ針掛に成功!グイグイと 絞り込まれる大きなアタリに変わる。まずまずのメバルだろう。ゆっくりラインを手にして手繰る寄せると24㎝の良型が針をしっかりとくわえていた。ジアイなのか投入後再度アタリが出て針掛。手応えのある引き込みで竿が大きく曲がると、これぞメバルの神髄を肌で感じる時だ。竿も奇麗に弧を描いているのが穂先ライトで分かる。ここからが慎重に浮かせないと0.6号ハリスは飛ばされるので真剣勝負だ。そして私の勝利で良型メバルを仕留めた。

DSCN5018だが、豊浜のジアイはすこぶる短い。日が少しでも昇ったらそこが終了タイムだ。ここは何としてでも手返しよく行きたいが老眼の目が邪魔をしてモエビが中々ハリに通してくれないのが残念で仕方がない。そんなこんなでジアイ終了となってしまったが、まずまずの釣果で大満足して帰路に着いた。

DSCN5022

なかむらてるお

南知多 篠島沖堤でのチヌに満足!

2021/12/15 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・ZEROSUM 磯 弾 CIM1号500

『クロダイの調子はどうですか?』と、メンバーからよく聞かれるセリフ。そのたび、情けないが今年はぜんぜんダメだね。と、答える今日この頃だ。
まったくと言っていい程、知多半島では顔が拝めないのが今の現状だ。そんな時珍しく休みが取れたので行きませんか?と篠島釣行のお誘いを受けたので二つ返事で決定。それも一人では行けない沖堤に行けることになった。沖堤に渡れれば外れは無いだろうと行く前から皮算用して当日を待った。

11月某日午前6時出船。西風はやや強いが何とかなる木島の北堤に入る事が出来さっそくダンゴ作りに精を出そう。
次にタックル準備だ。竿はZEROSUM 磯 弾 CIM1号500を使用した。
すべてが出来上がってタナを取るのだが、6ヒロと知多半島にしてはとても深い。こんな深さならチヌは釣れるかもと心の中でニヤリとした自分がいた。海水温18.4度と毎回釣行するたび低くなっているのが気にかかるが6ヒロ底はまだ暖かいと思われた。

釣りを開始して1時間そろそろアタリが出てもいいころだと、ウキを見つめていると、かすかに動いたウキが見えた。

前あたりか?様子見をしていた時、絵に描いたような本アタリが出たので反射的にアワセを入れる!!

としっかりした引き込みで竿が奇麗な弧を描いた。

IMG_1849

竿の反発力で自ら浮いてくるチヌ。差し出したタモ網に43cm が収まった。釣り友も竿が曲がって釣り上げたのは38㎝程のチヌをゲットしていた。コンスタントにヘダイや赤チンなどの退屈しない程アタリが出て退屈しない離島の釣りを体感中だ。

IMG_1865
納竿時間近くになってきた時、いい引き込みに遭遇したが、残念アイゴであった。最後の1投としてダンゴに願いを込め投入。するとなじんだウキが一気に海中に沈んだ。最後はアイゴで終了かと思われたが、なんと浮いて来たのは眩い銀鱗の姿が見えた。最後の最後で良型を手にでき大満足で沖堤を後にした。

IMG_1866

なかむらてるお

香川県引田でチヌ狙い

2021/11/10 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和元年3年10月10日
天候:晴/曇り 波:あり 潮:中潮
釣り場:香川県引田
対象魚:チヌ
渡船:西山渡船
配合エサ:マルキューチヌPS ムギ・チヌPSV10白チヌ サシエサ:くわせオキアミ
ハリス:クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号
道糸:クレハリアルサスペンド1.5号 ハリ:鬼掛け層探りチヌ1〜3号
竿:ゼロサム鱗CIM1-53

釣行記
南風が強い予報でも比較的釣りが出来る香川県引田へ行って来ました。最初はテトラに上げてもらい挑戦開始!
竿はゼロサム鱗CIM1-53、道糸1.5号、ハリス1.2号、ウキ5B、ハリ3号、タナ5ヒロでスタート。

マキエを30m沖へ5回程撒きサシエを合わせて流すとすぐ当りがありコッパグレ!色々とポイントを変えサシエを変えてもグレ、グレ、グレと苦戦していると今度は南東の風が強くなって非常に釣り辛くなり、ポイントを変えて貰う事にし波止に場所を移動!この波止は先客の釣友がおり3匹ゲットしており期待をもって再挑戦です?同じパターンで攻めていると1時間程で今日初ヒット!チヌ35cmゲットです。
それから風が強くなり結果チヌ35〜43cmを2匹で納竿となりました。

写真②
今回は練り餌で底を這わしたのが正解でした。 釣りは楽しいな〜

みはらまさき

南知多篠島でのチヌ狙い!

2021/11/08 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・SPECIAL ZEAKER 2WAY チヌ4550

愛知県もとうとう緊急事態宣言が終了しました、第6派は無い事を祈りながらの釣行です。まだ寒くならない日に釣果を出そうと思い愛知県に釣行しました。1日なんとか持ちそうな10月某日、午前6時25分発の高速船に乗り込み篠島に向かいましょう。
到着後、乗り合いタクシーに乗り込み南堤まで行きました。歩きより早いので堤防には1番乗り出来、好きなポイントに入る事が出来たのでまずは一安心。

IMG_1799

さて、タックル準備をして、釣り開始ですが、結構水深があり微調整に時間が掛かりましたが、その分ダンゴを投入したので底はダンゴのステージが出来上がっているかもといい方に考え、釣り開始とした。その先打ちしたダンゴが功を奏したらしく2投目よりウキに反応が出た。
本アタリを待つ気持ちは何とも言えない程ワクワク感がある。そこに本アタリが飛び出たので、反射的にアワセを入れると、確かに伝わる生命反応。
中々の引き込みだが、抵抗が弱いようだ、この引きは・・・私が釣りたかった『ヘダイ』の反応。案の定海面を割ったのはヘダイ君。私の心の中の本命魚はこのヘダイ。表面はチヌにしておこう。さて1尾釣れれば数釣りが出来るヘダイ君。ここから楽しみだったが、次が来ない?なぜだと思いながらダンゴを打ち返したが、無反応で2時間が過ぎていった。満潮が午前10時なので今から下げて行く時間帯だ、ジアイがあるとすればここからが本番。
すると潮が動いたときそれは起きた。今まで無かったアタリ!突然ウキが一気に海中に吸い込まれた。反射的にアワセを入れると頭上で竿はピタリと止まった。これはチヌだったら良型だ。引き込みを楽しみながら浮かせに入ると嬉しい姿が浮いた。それも良型のチヌだ。差し出したタモ網に収まったのは44㎝。

IMG_1812

次も狙おうとすぐにダンゴを投入。またしてもアタリだ、間髪入れずにアワセを入れるとしっかり針掛りして寄せてくるとなんと色が赤い。30㎝もあれば赤チンではなくマダイと呼んでもいいだろう。続いてヘダイ君を追加出来た。このまま行ってもらいたいが、残念ここまでだ。と言うのも島からの漁船が徐々に帰ってくる時間になったのだ。漁港に入る漁船その数2~300隻。釣りをしている目の前を通過していくのだ。通過後、波が半端なく続き釣りどころではなくなるのだ。いつもの事だが、釣れている時の休憩は少々辛い。ここはしばらく休憩となってしまった。
1時間30分後やっと落ち着いたのか漁船の通過もまばらになりだしたところで釣り開始とした。1からの出直しだが、すぐ釣れると皮算用していたが、
中々アタリが出ないまま午後3時を回ってしまった。帰りの時間まで1時間あまりしかない、集中してダンゴを打ち込んだ。一向に出ないアタリを待ち、とうとうこれが最後の1投となり願いを込め投入した。ダンゴが割れウキがなじんだ時だ、願いが通じたのかアタリが出た。次にでる本アタリを待っていると絵に描いたようなアタリが出てウキが沈んだ。間髪入れずにアワセを入れると、しっかりとした反応が出て竿が弧を描いた。

IMG_1805

中々のパワーで竿が大きく曲がる。アイゴか?チヌか?もう少しでわかるのだ。その時見えた姿は美しい銀鱗。やったぜ!と小さくガッツポーズが出てしまった。上がりチヌを釣り上げ納竿とした。最後に遊ばせてもらった堤防は海水を流して綺麗にして終了。本日は気分よくして帰ることが出来た。

 

IMG_1809

なかむらてるお

徳島県牟岐波止、ゼロサム鱗で大物ゲット!

2021/09/03 カテゴリ: 波止釣/その他磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和元年3年8月11日
天候:曇/雨 波:無し 潮:中潮
釣り場:徳島県牟岐波止
対象魚:チヌ
配合エサ:マルキューチヌPS ムギ・チヌPSV10白チヌ
サシエサ:くわせオキアミ
ハリス:クレハシーガーグランドMAXFX1.5号 道糸:クレハリアルサスペンド1.5号 ハリ:鬼掛け層探りチヌ3号
竿:ゼロサム鱗X4 1-530

 

釣行記:8/11 今年絶不調のリバーチヌ!例年通り何回か吉野川、今切川と釣行しましたが小サバの猛攻に合い貧果で釣行するポイント探しが大変な年になっています。しかし朗報が入り10日に牟岐港波止で二桁のチヌをゲットしたと聞き、すぐスタンバイし釣友を誘い2人で行って来ました!

写真①

ポイントも詳しく教えて貰ってるので完璧です!竿はゼロサム鱗X4 1-530、道糸1.5号、ハリス1.5号、ウキ3B棒ウキ、ハリ3号、タナ3ヒロ半でスタート!

マキエを3回撒きサシエを合わせ投入、海面にはボラと小魚で賑わっています!サシエサが付いているか心配しながら回収してみるとオキアミが原型のまま帰ってきたので一安心、それから1時間程当りが無い時間が経った頃ウキに反応があり軽く合わせるとビックリする程の引き!!

重量感、走るスピードは大物間違い無しです。ゼロサム鱗のポテンシャルを100%使い5分程で参ったと海面に上がってきたのは、なんとコロダイ!60cmゲット!

写真②

それからも同じパターンで攻めるとすぐに釣友ヒット!チヌ35cmゲットです。

夕方の満潮ゴールデンタイムで当りがあり、結果チヌ25〜40cmを釣友と2人で10匹程で納竿となりました。今回は夕方満ち潮となりポイントを遠投したのが正解でした。
釣りは楽しいな〜

みはらまさき

愛知県常滑港で落とし込み

2021/07/23 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

 竿・・・・・SPECIAL ZEAKER 2WAY チヌ4550
 タモ・・・・CLOSE UP玉の柄 C-Ⅱ
 リール・・・O社落とし駒80Ⅲ

常滑の知り合いから大きな台船が停泊していてその下からクロダイの姿が見えるよ。との嬉しい連絡が入った。こんな話を聞かされては1度釣行しなければと思い、7月某日午前4時常滑港その台船に出向いた。前日の会社帰りになんとかカラス貝が採取出来たのが幸いした。
P1130195
IMG_5665到着して驚いたのはその台船は重機が乗っているバカでかい代物だ。まだ暗い午前4時に来て正解であった。と言うのも釣り場が角の2か所のみ。台船が大きくても2人が限度と言う事だ。そこに地元の釣り人が2名、私の後から来たので、ここには入れない為。仕方なく右隣の角に移動した。

さて運よくポイントを確保できたが、久しぶりの落とし込みだけにこんな私にでも遊んでくれるチヌはいるのだろうか?と思ってしまうが、どうだろう?
本日の満潮が午前3時前。まだ潮の高い状態が続いているのでクロダイの食いはいいはずと思われる。
そうこうしていると周りが明るくなってきて目印がうっすら見えるほどの明るさになったので釣り開始と行こう。

P1130194

今回のタックルは竿・・スペシャルジーカー落とし込み4.5m使用だ。ハリはBの針オモリとした。さて台船に向かって本日1投目を投入。目印1.5mが沈んでしまえば再度仕掛けを上げて同じポイントに振り込むだけだ。堤防と違って、動くことが出来ないので同じところばかりを攻めるしかないのだ。現在潮は下げはじめ2、3分ってとこか?曇り空で暑くはないが同じ動きばかりで少々飽きてくるのが難点だ。
今回私が入ったポイントは左角。現在下げ潮で右から左に流れる潮となっている。要するに投入したエサ、仕掛けはなんと左に流されて行っていると言う事だ。ポイントから離れて行っては釣れるはずはない。ポイント選定を間違えたようだが必ずこちら側にもジアイが来るだろうと信じ仕掛けを振り込んだ。すると信じていたことがやっと起きた。目印が止まりのアタリを出したのだ、すかさずこのアタリにアワセを入れると一気に竿が大きく曲がった。やったぜ!やっと来てくれたのだ、この引き込みは40㎝アップに間違いはない。早めにポイントから外して中央でやり取りと考えていたが、その際なんと痛恨のハリ外れのバラシ。えっ!なぜ?とがっかりするしかなかった。
ハリを交換して再度台船に向けて投入。5投目の時なんとまたしても止まりのアタリが出たのだ。今度こそはとしっかりアワセを入れると先ほどよりパワーが強く一気に台船下に潜られあっという間にハリス切れで終了。2度も連続バラシ、情けないと言うしかない。再度気を取り直して次はポイントを遠目にしてバカ糸を1ヒロ強出して振り込んだ。7投目の時、目印が一気に走る大きなアタリが出た。これはもらったぁ~とアワセを入れたが、1度だけ強い引き込みを味わった後そのままハリ外れとなった。付けエサのカラス貝を確認すると完璧に潰されていたが、ハリまで到達していなかったようだ。これで3度もバラしてしまうと完璧に落とし込み釣り師事態の腕の悪さが暴露してしまったようだ。午前7時過ぎ時間も経っていることからジアイは終わったなと思わざるを得ない状態だ。右側の2人はかたずけ作業に入りだした。仕事か?それとも朝のジアイ終了のどちらかだろう。
私も3度のバラシがなければ・・・と、『れば』発言が出るほどショックは隠せなかった。カラス貝も3粒残っているのでもう少し頑張ろうと言う事で仕掛けを振り込んでみるが中々アタリは出ない。少し場を休めるのもいいだろう。そして20分程休ませ最後の振り込みと思い釣り開始だ。
そして忘れもしない午前8時30分。4度目のアタリが出た。完璧なアタリをとらえたと自分では信じているが3度のバラシが尾を引いている事は事実だが、これはチヌの神様がくれた最後の引き込みだ。なんとか取りたいとの思いが勝ってほしい。強いパワーで数度台船下に引っ張られようとしたが、竿を海中に突き刺してライン強度を信じてこれに耐えた。その甲斐があって外に出てくれたのでやり取りが楽になった。後はハリ外れがない事を祈るしかないが、パワーはまだ強烈でまだまだ弱っていないようで再度一気にドラグからラインが走り出しまた台船下の方へ向かおうとしたがこれも阻止した。そしてここまでバレることなくチヌの引きに耐える事数分。綱引きを十分楽しませてくれたチヌも力尽きとうとう浮かせる事ができ、空気を吸わせるとチヌも観念したようで差し出したタモアミにすんなり納まった。やったぜ!52㎝の歳無しが堤防に上がった。

P1130136

P11301354度目の正直で1枚なんとか上げることが出来たので私には大満足の1尾だった。

なかむらてるお

愛知県常滑港、チヌ

2021/06/28 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・イングラムIM 1.25号 5.3m

タモ・・・・CLOSE UP玉の柄 C-Ⅱ

柄杓・・・・ZEOSUM磯 X4 ひしゃく T-L 750

そろそろ南知多もいい頃だと思い豊浜に出掛けてみたが、見事にボーズを喰らい次のお休みはやはり常滑港しかないという事になってしまった。
そして5月某日 午前6時常滑港へ向けて車を走らせた。20分後駐車場に到着するとなんと車だらけだ、いったい何があったというのだろうか、いつもより遠い所だが、なんとか車を止める所が見つかり胸をなでおろした。
荷物をカートに積み込み普段より歩く距離が多くなるが仕方がない。やっと堤防に付いた時顔見知りの常連さんの情報によると2日程前に先端付近で71㎝のヒラメが上がったとの事、その後マゴチが1~2匹釣れていたようだ。この情報が流れて今ルアーマンが大勢来ていると教えてくれた。

P1120834
釣り人が多いのはいいが、私の釣り座があるのかが心配しつつ先端が見える所まで来ると、への字から先端にかけて三蜜になる程のルアーマンがひしめき合っているではないか。1枚のヒラメ情報がこれだけのルアーマンを動かすとは恐るべき常滑港である。

そんなこんなで時間が経てば必ず帰る釣り人(ルアーマン)がいると思うので、釣り座を決める前にダンゴ作りからスタートとした。

P1120827
ようやく2時間程した時、7~8人のルアーマン達が動き出し帰り支度をしているのだ。そして私が入れるだけのスペースが空いたので本日はそこを釣り座とし、ダンゴを20ヶ程先打ちしてステージ作りから始めた。時間はすでに午前9時を回っていたがなんとかしたい。
タナ合わせも終わって釣り開始。ステージは出来ているはず、この舞台に早くチヌが乗ってくれる事を願ってダンゴを投入しるが、2時間頑張ったがアタリは出ない。後少しでジアイが来ると読んでいるのでなんとか1枚釣りたいものである。今の潮の流れは左から右へと流れて行くのでもうしばらくの我慢だ。この流れが右から左へと流れだした時こそジアイが来そうな雰囲気が見える。そして待つ事1時間。やっと右から左へとウキが動いた。はたしてジアイは来るのか?そんな時、かすかにウキが動いた。前ぶれらしい動きだ、そしてその直後とうとう待ちに待ったアタリが出たのだ。ツンアタリの前アタリが出たのを確認して、慌てて竿尻を持ち本アタリが出るまで耐える事1~2分。ウキがスーッと海中に沈んだ。『もらったぁ~!』と、
声を出しながらアワセを入れるとグイグイと強いパワーで竿が曲がった。
何日振りのチヌからの引き込みだ。ここは時間を掛けて引きを楽しんでゆっくり浮かせその後タモ網を差し出した。だが、なんと言う事だ!
タモ網に入る寸前に針ハズレで痛恨のバラシ。隣りの方が『エッ!』と驚いていた。いやぁ~遊び過ぎたわぁ~としか言いようがなかった。30㎝オーバーだったのでとても残念で仕方がないが、腕を過信した自分に反省の文字が浮かんだ。
気を取り直して再度釣り開始。まだジアイは続いていると信じてダンゴを打ち込むが、バラした後は中々、厳しいものがある。
ダンゴも残り少なくなりだした午後4時過ぎ。なんとここでアタリが再度飛び出たではないか。ちょうどタナ取り調整をしての1投目だ。ダンゴが割れた後スーッとウキが海中に消えて行くアタリだ。こんないいアタリを見逃す事無く、大きくアワセを入れると強い引き込みに変わった。前回のようにバレないよう2度アワセを喰らわしガッチリ口元に掛けた。先程同様中々の引き込みを味わいながら早々浮かせに入った。今回は遊ばずにタモ網を差し出した。すんなりタモ網に収まりなんとか1枚ゲット出来たので今回も常滑港ではボーズはまぬがれた。ちょうど30㎝のチヌが堤防に上がった。そしてこれを上がりチヌとして本日はこれにて終了とした。

P1120842

写真を撮り終えたところでまた次回遊んで下さいと祈りリリースとし納竿とした。
最後に散らばったコマセは、ほうきで掃いて片付けた後堤防に海水を流して来た時より綺麗にしてすべてが終了とした。


なかむらてるお

愛知県常滑港で良型チヌを愉しむ

2021/04/19 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

   身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・イングラムIM 1.25号 5.3m

タモ・・・・CLOSE UP玉の柄 C-Ⅱ

柄杓・・・・ZEOSUM磯 X4 ひしゃく T-L 750

日中がだんだん暖かさを増してきた今日この頃、ですがまだまだ朝と夕方は寒さが勝っているので寒さ対策をしての釣行が必要となっている。
今回はまだ攻めていない釣り公園護岸に標準を合わせての釣行とした。場所取りもあり午前5時には現地入りしてみたのはいいが、急に風が強くなり出してしまった。せっかくフカセ釣りの準備をしてここまで来たが、竿が出せない状況となってきた為諦めるしかなくこの場を見切っていつもの堤防へ移動とした。
 
4月某日、海水温12℃ 北西の風8m程ここなら竿が出せるポイントがここにはある。

 

写真④

 

さっそく準備に入り、まずはフカセ用のコマセからダンゴを10ヶ作り先にポイントに投入しておく。この方法がポイント釣法と言う。

次にタックル準備に入った。すべてが出来上がったのでタナ取りを実行。5投目で完了したためここから本格的にフカセ釣りが始まった。潮の流れから投入点は左側に投入。エサが底まで到達する頃には先投入したコマセ近くにエサを流すようにする。その間に柄杓にて7~8発打ち込んで2層のコマセの中でチヌを狙い撃ちとしたいものだ。今回のコマセは比重のある為ウキがなじむまでに付けエサと同調すれば必ず来そうな気がしてウキを見つめる。
ところが3時間4時間と反応がないまま時間だけが過ぎて行き朝方のジアイは遠のいてしまったが、お昼に近付けばジアイが来る事を願って再度コマセを打ち続ける。そして竿出しから6時間後、やっと本日初となるアタリが突然出た。手持ちにしていた為反射的にアワセを入れるといきなりのパワー全開で強烈な引き込みを味わう事に・・・ボラか?いや!クンクンと竿を叩くのでチヌっぽい!強い引き込みはイングラムの比ではない徐々に浮かせるとしっかり見えた姿はまさに良型チヌの姿があった。差し出したタモ網に収まったのは45㎝。これで今回もボーズはまぬがれた。
1枚釣れると今までの緊張感が和らぎ心に余裕が出来て気分がとても良くなるのでこの瞬間がとてもいいものですね。
もう1枚を狙ってコマセを打ち込みます。やり取りに時間が掛かった為か場荒れしたようで次のアタリが出ません。午後3時過ぎ待望のアタリが出ました。
一気に沈んだウキを見てから大きくアワセを入れるとこれもかなりのパワーで竿が弧を描きます。
そしてしばらくの間強いパワーで引き込みを楽しませてもらった所で浮かせに入ると海中でキラリと見えた姿は良型チヌの姿でした。
本日2度目の差し出したタモ網に収まったチヌは47㎝の良型。

 

写真③
本日は良型チヌ40㎝アップを2枚も上がったのには驚きである。そしてコマセが切れた事もありここで納竿としました。

 

写真①

最後はお決まりでコマセで汚してしまった釣り座(堤防)をほうきで掃いて奇麗に後は海水を掛けて流す。これはフカセ釣りをする方は必ずすべきマナーです。すべてのフカセ釣りファンの方へ来た時よりも奇麗にして終わりたいものですね。
 

なかむらてるお

愛知県常滑港、強風下で何とかチヌゲット!

2021/03/15 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

竿・・・・・イングラムIM 1.25号 5.3m

タモ・・・・CLOSE UP玉の柄 C-Ⅱ

柄杓・・・・ZEOSUM磯 X4 ひしゃく T-L 750

写真③

 緊急事態宣言が解除された3月1日夕方から天候が悪くなるという事でなんとかなる時間まで釣りに行こうと思い常滑港へ釣行しました。

歳のせいか早起きが日課になっている為、午前5時に起床してしまう。ついでに外の煙突を見る為にベランダに行くと、なんと言う事でしょう。またしても朝からメッチャ寒いしそれに強風ときていたのだ。これで休みの運の悪さは引き継いでいる破目に。だが、愛知県は今日から緊急事態宣言が解除された日。いてもたってもいられない。
悪条件でも常滑港ならなんとかなるだろうと思い釣行した。
北西の風ならなんとかなりそうだが、南東の風ときていた為釣り辛い事は百も承知だが、ここは我慢しての竿出しだ。
ポイント到着後堤防には私のみ、堤防独り占めで釣り支度に入ろう。

写真①
さてコマセとタックル準備も出来たところでまず、やる事はタナ取りだ。赤提の方より防風林前は水深が浅いので合わせやすい利点もあるが、チヌの濃さは水深がある方に分がある。1度決めたポイントは簡単に切り替えれないので今日半日ここで頑張ろう。そしてまずはコマセのステージ作りから始めた。
釣り辛い中 朝1番ののジアイはあえなく玉砕。残りはお昼前の好ジアイを残すのみだがここに来て正面からの風は少々辛い。

コマセも風に乗って顔面に掛かる始末。ウキを1号に変更して風邪対策。その甲斐があってか午前11時過ぎ予想していたジアイがやって来たのか、ウキがゆっくり沈んで行くが根ズレも考えれたのでここは様子見としたらやはりスーッと浮いて来た。やはり根ズレだったなと思い竿受けに竿を置こうとした時、突然そのウキが海中に沈んだ、これこそアタリと思い即座にアワセを入れると竿は弧を描いた。奇麗な曲がりをしてチヌを浮かせてくれる。差し出したタモ網に収まったチヌは41㎝とまずまず。

悪天候の中、なんとか1枚釣れた事でこれで納竿とした。 

 

写真④

 

写真⑤

 

 最後はいつも通り、ほうきで掃いてカス集め、その後は海水を流して来た時より綺麗にしてから終了とした。またゴミはきちんと持ち帰りましょう。

なかむらてるお

愛知県常滑港でチヌ狙い

2021/02/16 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

  身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

P1120473

水温が急激に下がった休みは必ずと言っていい程強風が付き物だが、今日は違った。こんな時は常滑港へチヌ狙いに直行だ!
 

 タックル

 竿・・・・・ イングラムIM 1.25号 5.3m

 タモ・・・・CLOSE UP玉の柄 C-Ⅱ

 柄杓・・・・ZEOSUM磯 X4 ひしゃく T-L 750

 
季節は真冬真っただ中、こんなに寒いと釣りに出かけるのもおっくうになる。また季節風とのお付き合いも多くなってくるので余計足が遠のく季節到来だ。
当日も朝からの冷え込みはきつ過ぎる。指先の感覚が無くなる程の寒い日だ。だが今日は風も弱い釣り日和。せっかくのお休みなのでここはホームの常滑港へチヌ狙いで釣行してみた。
午前7時駐車場に到着したのはいいが、残念な事に駐車場には1台の車も無いではありませんか。と言う事は堤防には釣り人がいないという事に繋がります。要するに堤防には誰もいないという事ですね。
少々寂しい気もしますが、かえってゆったり竿が出せるのもいいものでしょう。

 
絶対数の少ないチヌ。このチヌが釣れ上がっていないので釣り人もいないのかと思う所だが、人気のルアーマンもいないし、たまに大型が釣れるタコ狙いの釣り人もいない。
これも寒さのせいなのだろうか、と言うのも朝方の気温はマイナス0.2度まさにこれが原因なのだろう。そんな事から今日は寒をしのぐ為汗が出る程ガンガンに着込んで防寒対策をしての釣行だ。
 
さっそく本日のコマセを作りに入りたい所だが、グローブをしていても指先が寒さでしびれているのでここはまず熱いコーヒーを飲んでからとした。
 
コマセ準備が出来たところで次は タックル準備とし、すべてが出来上がったところで、いつもやっているタナ合わせスタート。
上げ潮に釣果が出る常滑港だが、今の時間帯はその上げ潮真っ只中。だが午前中の上げ潮の釣果はあまり聞かない。ほとんどが昼からの上げ潮に釣果が出ているので常連さんはこの事をよく知っている為か、今日は遠慮したと思われた。
 
休みにしか来れない私には潮周りは無関係、サラリーマン釣り師はその日にしか来れないからだ。そして竿を出すなら必ず釣れると信じたいですね。
 
前回釣行時のタナをキープしていた為か3投目でほぼほぼ完了したので、投入地点にコマセを先打ちして潮の流れを読んで仕掛けの投入です。

P1120467
付けエサを針に刺して本日第1投。竿2本分の所を攻めよう。そしてコマセを多めに打ち込みステージ作りから始めよう。
 
潮に流してそこに仕掛けが通るイメージでチヌに付けエサを食わせる作戦(ポイント釣方)だ。しかしながらコマセを打ち続ける事2時間ステージは完成しているはずだが、一向にアタリすら出ないまま仕掛けは何度もスルーされ通過してしまった。時間はすでにお昼。満潮から下げ潮に変わってしまった為投入点も左側に変更。
まだ一つのチャンスがある。と言うのは下げ潮でも下げ始め2時間程度の間がジアイが来るという事だ。多分来るだろうと読んでコマセを打ち続けた。
 
午後1時過ぎ中々予想した通りのアタリが出なかったので今日はこのままアタリの出ないままボーズで終わってしまうのかと寂しくなるがコマセがあるうちは集中しよう。
 
そして時計は午後2時を回りコマセもほぼほぼ無くなりかけた時だ、今まで沈黙を守っていたウキが、とうとう動きました。ステージを通過したところでウキのトップが1~2目盛り分沈んだのだがツンアタリでは無い、ひょっとして根ズレ?とも考えれるのでここはそのままにして様子を見ていると一端元に戻った。そしてそのままウキは流れに乗った。やはり根ズレか?と思い竿を竿受けに戻そうとした時だ、そのウキがスーッと海中に消えたではないか。これは根ズレではなくアタリだと反射的にアワセを入れるとグンと曲がる竿先。『来たぁ~!』と喜んだが、竿はそのまま動かない『えっ!根掛り?』と思える程反応は無い。時間にして5秒程の事だが、竿に生命反応が感じ取れなかった。が!その直後グイグイと竿先が曲がり仕掛けにしっかりとした生命反応が感じた。ここから一気に走り出したのでレバーブレーキの回転がすさまじい。何が来たのか分からないが。考えられる事は本命良型のチヌ!。もしくは巨大ボラ!のどちらかだ。最後の最後に掛かった獲物。ここはなんとしてでも釣り上げたいからここは慎重なやり取りで確実に取り込みたいものだ、内心はチヌであって欲しいが気持ちの方が強い。この見えぬ姿の獲物はパワフルな動きと引き込むパワーが強いので中々浮いてこない、しばらく綱引きをしながら徐々に浮かせて来ると見えた姿は、眩しすぎる銀鱗の姿が浮いた。姿を見た時に急に緊張感が出て、最後の引き込みに注意をしながら差し出したタモ網に収まった時、ホッとした瞬間『やったぜ~!』と声が自然と飛び出してしまった。それほど厳しい季節の中での1尾はとても嬉しいものだ。
釣り上げたチヌは45㎝とりっぱだ。もう少しコマセが残っていたのでジアイと見てすぐに仕掛けを流す。同じようなパターンでステージ内を通過したウキは突然沈んだ。またしてもアタリが出たのだ。ガッチリ掛かったチヌはもう逃げられない。差し出したタモ網に2枚目の良型チヌを手にした。まぐれがまぐれを生んだ出来事に興奮を押さえこれなかった。

P1120474
写真撮影後、役目を果たしたチヌはリリースして元気に帰ってもらった。さて本命2尾を釣り上げたので本日はこれにて納竿とした。
最後に遊ばせてもらった堤防には飛び散ったコマセをホウキで掃いて回収、後は海水を流して完了だ。次の釣り人に気持ちよく釣りが出来るよう来た時よりも綺麗にして終了とした。もちろんゴミもきちんと持ち帰ろう。

なかむらてるお 

 

愛知県常滑港 12月のチヌ狙い

2020/12/16 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

令和2年12月
竿・・・・ゼロサム磯弾CIM1号5.3m

12月に入ったところで急に海水温低下となりチヌの食いがイマイチとなった常滑港。本日も季節風がやや強い1日になりそうだが、頑張ってみよう。
本日は通称への字辺りを釣り座とした。チヌ狙いの釣り人は私だけの貸し切り状態で、ゆったりと竿が出せそうだ。

P1120293
まずはコマセの準備を済ませ、まずはテニスボール大のダンゴを7~8ヶ先打ちして次にタックル準備とした。
竿はゼロサム磯弾CIM1号5.3mを使用。2500番スピニングリールLBをセットしてタナ取りから始めた。
スタート時間は午前8時~午後3時までの7時間頑張ろう。先打ちした効果が出て来たのか、1投目からボラアタリが出だしウキが中々浮いてこない。
やっと浮いて来たらダンゴが割れた事の証だ。次に出るアタリは本命チヌアタリ。しばらく静寂が続いた時とうとう本命からの合図が、ここは間髪入れずにアタリを捕らえる!

生命反応が竿を曲げるが、これはボラなのかチヌなのかこの時点ではまだわからないが、十数秒後ハッキリとした。

ここからジアイが始まるのか?はたまたスミイチで納竿となるのか今のところ分からないが、2枚目がいつ来るかで数が釣れるかは判断できると言うものだ。
気合を入れて投入。するとボラアタリからチヌアタリに変わる瞬間がウキの動きでわかれば最高なのだが、常滑港のボラは曲者ばかりが多いときているので始末に困る。ダンゴが割れてからしばらく経ち7~8分後に出たアタリは普通ならチヌと思うがボラなんてことも多い。このアタリはどっちだ?と半信半疑の中アタリをアワセた。グイグイといい引き込みが竿から伝わってくるがはたして・・・浮いた姿は銀鱗チヌの顔を見て胸をなで下ろした。

P1120317
こんな事が色々ありチヌアタリを捕らえたつもりがボラの姿に変身、なんてこともしばしばある。こいつはどうだとアワセを入れる。ボラに変わってしまった。
そんなこんなで7時間の長くて短い時間がそこまで来ていた。この1投が最後として上りチヌ狙いに神経を研ぎ澄ませた。
その願いが通じたのか、アタリのでかたがチヌアタリっぽい。そしてウキが海中にすっぽり入った瞬間にアワセを入れるとしっかりした引き込みが竿に伝わった。この引きはチヌと確信、上がりチヌが成立したのでここで納竿とした。

P1120316

最後に竿を出したところは綺麗に清掃をして終了としよう。

P1120299
 
 P1120316   なかむらてるお

徳島県津田一文字でアジにチヌ!

2020/12/16 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

 徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和2年11月18日
潮:大潮
釣り場:徳島県津田一文字
使用エサ:マルキューチヌPS白チヌ
ハリ:鬼掛け底攻めチヌ3号オレンジ
竿:ゼロサム磯鱗CIM1-53

釣行記
気候はもう秋になりチヌ狙いからグレにチェンジしょうか悩み中ですが、自宅から10分で手軽なうえに天気が非常に良いので徳島県津田一文字に釣友と2人で行ってきました。狙いは前回、食べて非常に美味しかった良型アジ!とビッグチヌです。
 
ポイント到着後、いつもの通りの仕掛けで竿はゼロサム磯鱗CIM1-53でスタート!

1〜3投は反応が無く、4投目にウキが海中へ消え合わせるとギューンと底へ?海面に上がってきたのは狙いの良型アジです。竿を立てて跳ね上げようとした瞬間!刺身アジがポチャンと海面にダイブし痛恨のバラシ!美味しいアジを逃してショックは大?まだ釣れると信じ投入するとすぐ当りがあり慎重に海面に浮かせ跳ね上げ30cmアジゲット!それからアジチャンスタイムに突入し27〜32cm8匹ゲット。

みはら1130②

その後はチヌタイムになり25〜45cmを20匹程釣る事ができ一日中ウキに反応があり楽しい1日を過ごせました。
 
釣りは楽しいな〜
みはら まさき

愛知県常滑港 チヌ!

2020/12/16 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

令和2年11月21日

竿・・・ゼロサム磯弾CIM1号5.3m

 
西高東低の季節風が多くなるこの時期、11月の中旬、本日も嬉しくもない北西の風9m~10mと強めに吹いているのだ。
 
こんな時に限って仕事は休み。いつもながら運の無さに嫌気がしている、だがこんな日でも強い味方あるから大丈夫だ。そして今回も常滑港に釣行した。
 
本日の釣り場は防風林の所で竿出しを選んだものの先釣者のルアーマンがいたので防風林中央付近を選んでさっそくダンゴ作りに取り掛かった。

P1120208
 
そして次はタックル準備に入ろう。
 
竿はもちろんゼロサム磯弾CIM1号530を使用。大物を掛けても楽勝に浮かせてくれるパワーが気に入っている。
 
4投程でタナ取り完了。さぁ~!上げ潮に向けて釣り開始としよう。
 
南波風は真っ事やり辛い。ダンゴは飛ぶがウキは手前に着水タナ取りがまったく反映されていない為ハワセ釣法を選択した。
 
這わせる事4時間ウキに反応は出る事がなかった。それより1投目から何投投げた事やら?・・・
 
時間にして4時間アタリすら無い状態だった。お昼を回って上げ潮に入りだした。ここは上げ潮を信用して釣り開始だ。
 
上げ潮に変わってから1時間。やっとチヌアタリを捕らえた~。中々のパワーで竿が曲がったが、なんなく浮かせる事が出来た。
 
一気に抜き上げまずは1枚。すると次から次へとアタリが止まらないまま7枚まで釣果が伸びて来た。

P1120161
 
そして圧巻はボラと思いきやの御褒美的な42㎝のチヌが顔を出したので 驚きしかなかった。
 
そして最後の願いは、最後の1投で釣れる上がりクロダイをゲットしよう。そして最後の1投・・・
 
見事アタリを捕らえるとなんとこれが上がりクロダイの姿がくっきり見えた。そして最後のチャンスを見事捕らえた。

P1120168
 
最後に散らばったコマセに海水を掛けて綺麗にしてゴミもバッカンに入れてから帰路に着いた。

 
なかむらてるお

徳島県津田一文字でチヌ快釣!

2020/11/19 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

  みはら201119③ 徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和2年10月28日
天候:晴 波:無し
潮:中潮
釣場:徳島県津田一文字
対象魚:チヌ
渡船:サンライズ渡船
配合エサ:マルキューチヌPS ムギ・チヌPSV10白チヌ サシエサ:くわせオキアミ
ハリス:クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号 道糸:クレハリアルサスペンド1.5号
竿:ゼロサム磯鱗CIM1-53
ハリ:鬼掛け層探りチヌ3号
釣行記
10/28 リバーチヌも終了し、この時期は川から落ちてくるビッグチヌ狙いにチェンジし釣友と2人で徳島県津田一文字に行ってきました!午前6時30分出船?サンライズ渡船さんはお客さんの自由な時間に渡してくれるので快適です。今日のポイントは段差と言う場所で西向に釣る事にしました。

みはら201119①
 
仕掛けは持ち重り無く操作性に優れているゼロサム鱗CIM1-53チョイスし棒ウキ3B.ハリス1号.ハリ2号.ナマリ5Bにハリス2ヒロ半にBを2個ダン打ちしチャレンジ開始!潮は左へ流れ津田一文字独特の2段潮で上潮と底潮のスピードが違いマキエサと非常に合わすのが厄介です?この潮を制すると釣果が格段にあがります!釣り開始から約1時間で初ヒット?25cmチヌゲット!

みはら201119②

 
やっとマキエサが効いてきてチャンスタイムか?マキエとサシエを丁寧に合わせるとウキが海中へ消え込みハリスが細いので軽く合わせると、大きく鱗CIMが曲り重量感タップリで子チヌではない感触です?グイグイ左右に走りますが鱗CIMのポテンシャルに任せ慌てずゆっくりとチヌさんを怒らせずやり取りすると参ったとチヌさんが水面に浮いて来ました。50cm手前のチヌゲット!

みはら201119③
 
それからも潮が止まり当たりが頻繁にあり小さいながら25〜48cm12匹ゲットし納竿となりました。釣りは楽しいな〜
みはらまさき

愛知県常滑港、チヌ数釣を愉しむ!

2020/11/06 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

 身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

令和2年10月2日
竿・・・・ゼロサム磯弾CIM1号5.3m
3000番スピニングリールLB
ウキ・・・金谷ウキ5B
針・・・・土肥富 マルトチヌ2号
 
秋も深まり数釣りシーズンに入り心ときめく紀州釣りが始まりました。チヌだけ釣れれば良いのですが、悪い事にボラや、バリの活性も上がってしまい、
悩まされる時期とも言えますね。
常滑港もその一つで釣り人からの悲鳴が多い所なのです。ダンゴ釣りならいいだろうと思っていると痛い目に遭ってしまう事もふまえての釣行としました。
 
現在南知多はチンタの数釣りシーズン真っ只中で、小さいながらもアタリが出れば嬉しさも倍増します。今回も近場のホームグランドでもある常滑港にてチンタ君と遊ぶ事として足を運んでみました。
 午前5時、まだ外は暗いのに駐車場にはずらりと並ぶ車。近くには止める場所がなくずいぶん離れたところに駐車するはめに・・・
当日は風も弱い事から普通なら赤提(への字)辺りまで行く予定でしたが、すでにくたびれて途中で断念。ずいぶん手前の防風林前を本日の釣り座とします。
 
私の横を知り合いが通るたび、『風が無いのにここで?』と必ずと言っていい程言葉を掛けながら通り過ぎて行きます。帰りの道のりの事を考えると今日はここで・・・と答えるしかなかった。
ゼロサム磯弾CIM1号5.3mに道糸2号を通し仕掛けを準備した後タナ取り開始。すでに下げ潮に入っている為まずは3ヒロからスタート。6投目でタナが取れたのでここからダンゴ釣りのスタートとしたが、下げ潮も速くここから干潮の10時まではウキ止めの位置はこまめに調整しなければならない。
 さて、コマセを打ち続ける事約1時間上層の潮の速さで道糸が大きく右へ流されてしまうので、自ら左に移動し道糸を大きく潮上に誘導。四苦八苦しながら、底トントンを狙ってはいるが、一向にアタリが出ません。ただダンゴを打ち返すのみ。そしてとうとう潮止まりまで来てしまっていた。
こんなに反応がないとやはりポイント選択が間違っていたのかと遅ればせながら反省。
上げ潮狙いの勝負になる為ここは早めの朝食+昼食を取る事にしてしばらく休止しとしましょう。
40分後ダンゴ釣りを開始すると、今まで付けエサのオキアミはそのままの姿で帰ってきていたが、潮が変った途端、ぼろぼろの姿になって帰ってくるようになって来たのです。これは何かにつつかれている事は間違いないでしょう。ひょっとしてチンタが・・・?
気分的に良くなりダンゴを握ってから投入までの動きがスムーズに運び出した。これはやる気モードが上がって来た証拠だ。
その甲斐あってか、午前11時。初アタリが出たのだ。ボラのダンゴアタリからのウキが沈む事は嬉しいものがある。さてダンゴが割れた頃、次のアタリを待っているとやはり来ましたね本アタリが、ウキが入った時大きくアワセを入れると、しっかりした引き込みで竿が曲がった。チンタ君の引き込みとすぐにわかったのでここは一気に引き抜き上げたのは23㎝のチンタ君。
この調子で次につなげようとすぐに投入。するとジアイに入ったのか、ダンゴに出る反応が早い。ウキは沈んだり浮いたりが激しくなる。すなわちボラ君達がダンゴを割ってくれるのが速くなり付けエサが出てきやすいという事に繋がりチンタにアピールできると相乗効果でチンタが釣れるはずだ。
ダンゴが割れた後、次の瞬間ウキが海中に入ったのだが、まったく浮いてこない?すると次にラインがスーッと動き出した。えっ!と思った瞬間反射的にアワセを入れると、一瞬 ボラ?と思ったが、引き込みが違ったのでチンタとわかった。上げてみると26㎝とサイズアップだ。食いがよくなり活性が高いので群がいるのだろうと想像してしまう。これは30㎝アップが出るかもと皮算用。そしてまずは2枚のチンタ君をゲット出来た。

P1110960
 
今がチャンスだとスピーディーに事を運ぶと、すぐにアタリが出てチンタ君を追加。5回連続ヒットも出る程活性が高くなって来た。
このチャンスタイムはまだ続き「ツ抜け」達成。次もと投入するとダンゴを割るボラアタリ。そして割れた後またしてもウキが海中に消えた。そしてそのままラインが上層を走る「来たぁ~!」とここで大きくアワセを入れた。ドスンとした重量感が竿を伝わって来たのだが、3分、5分と時間が過ぎるが一向に浮いてこない。まさか! と思うのが遅かった。次第に近寄って来て姿を見せたのは70㎝オーバーのデカボラ!。
タモにも入らないので仕方なくラインを切ってしまったが時間を掛け過ぎ、完璧にポイントの場荒れをさせてしまった。仕掛けを作り直して再度投入したものまったく反応が出なくなってしまったのだ。そこから2時間が経ちボラアタリが出だしたが、ダンゴが割れてからのチンタアタリ(本アタリ)が出ないまま午後4時になってしまった。残り時間は後1時間。巻き返しが出来るか分からないがダンゴを打ち続けると、ボラアタリ後、やっと違う反応が出てくれた、はたしてチンタのアタリなのか分からないままアワセを入れると、しっかりとした引き込み。上がって来たのは25㎝の嬉しいチンタ君が戻って来たのだ。手返し良く次のダンゴを打つ。ダンゴが割れた後に本アタリを待っていると綺麗に沈んで行くウキを見るたびキターッと声が出てしまい、アワセを入れると小気味よい引き込みで竿が曲がった。数匹のチンタ君と遊びとうとうダンゴ切れと同時に午後5時となってしまい納竿とした。結局チンタ22㎝~26㎝を15枚釣り上げ楽しめた。

P1110961

 

P1110972

最後に散らばったコマセは、綺麗に掃除をしゴミもかたずけて終了。堤防でフカセ釣りや、ダンゴ釣りをする方が増えてきていますが、必ず最後はコマセを綺麗にしてから帰りましょう。

なかむらてるお

巨チヌ極道様が65cm(5.3kg) チヌゲット!!

2020/10/23 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

大分県佐伯市大入島にて巨チヌ極道様が、ゼロサム磯X4KEI1.5号にて驚きの大物、チヌ65cm(5.3kg)を見事ゲットされています!

弊社ロッドにての大型ゲットできました事、大変嬉しく思います。おめでとうございます!!

写真などは、ユーザーレポートにて掲載。是非ご覧ください。

 

レポートはこちらをクリック

愛知県常滑港、ダンゴ釣りでチヌ

2020/09/23 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

  身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

令和2年9月7日 中潮
使用コマセ:マルキユーウキダンゴXをベースにその他
ウキ:金谷ウキ4B 
針:土肥富 マルトチヌ 2号
竿:ゼロサム磯 弾CIM 1号530
  
釣行記:

常滑港のさくら丸乗船上近くの港内で良型クロダイが入って来ている事は前回釣行でわかっていたので今度の休みはここでチヌを釣ると決めていたので釣行を決行した。
午前5時到着。ここも車横付けで竿が出せるポイントだ。今回私はダンゴ釣りでチヌに挑戦とした。さっそく準備に取り掛かろう。

まずはコマセ作りからスタート。今回用意したコマセは マルキユーの『ウキダンゴXをベースに、細引きさなぎと濁りダンゴその中にチヌスパイスを追加。そしてアミエビ500㏄を追加してまずは満遍なくかき混ぜる。その後適量な海水を入れよく攪拌。混ぜムラが無くなるまで混ぜれば良質なコマセの出来上がりだ。出来上がったところで先にテニスボウル大のダンゴを5~6ヶ先に打ち込んでおくといいだろう。それからタックル準備に入った。
付けエサもマルキユーのくわせオキアミ食い込みイエローで勝負だ。タナ取りも出来たところで、そうそうダンゴ釣りのスタートとなった。ダンゴを打ち返す事1時間。そろそろポイントも出来上がってチヌもエサとなるオキアミを捕食しに来ているころだと皮算用。
常滑港は全体に上げ潮より下げ潮に向けての方がチヌの食いもいいとの話なのでちょうどいい時間帯に入りだして来た。そこでスタート時、ダンゴを15ヶ握り先にそのダンゴを打ち込んでみた。これでたたみ1畳以内にコマセを多めに打ち込んだ事になる。チヌもこのダンゴに気が付いてくれる事を祈ろう。そして付けエサを付け釣り開始とした。1時間経過!なんの変化もない。そして2時間ごの午前9時前下げ7分程度の時本日初アタリが出たのだ!!

前アタリが出てから十数秒後金谷ウキがスーッと海中に消えて行った。反射的にこのアタリに反応!バッチリ針掛りに成功したのだが、竿曲がりは中々のものだが引き込みが小さいのでチンタクラスと判断。浮かせてから一気に抜き上げると25㎝のチンタが上がった。

小さくてもチヌだ、これでボーズは無くなったが、もう少し大きめなのが欲しい所なので気を取り直して再度ダンゴを投入。
だが、水深の浅いポイントなだけに25㎝のチヌを掛けてポイントを場荒れさせた様だ。その後1時間以上アタリも無くとうとう潮止まりを迎えてしまった。
この時の水深1ヒロ半も無い程。約2m程。熱中症を避けるために30分程休憩を取り上げ始めに賭けてみた。午後12時暑さもピークになりつつある中、ついに待ちに待ったアタリだ。ウキがチョコンと小さなアタリを出した!!

竿尻を持ち本アタリを待つ間は心臓バクバク!のとても楽しい時間だ。そして数十秒後ウキが動いた!!

間髪入れずにこのアタリに反応。グン!と曲がる竿先、その直後一気に走り出した。中々の引き込みが竿全体に伝わってきた、ここでドラグが効いてラインが出る程のパワーが手にビンビン来てとても楽しい時間だ。そして40秒程遊ばせてもらいフィニッシュ!浮かせると良型の銀鱗チヌがの姿があった。

P1110761

P1110762

 

P1110764

差し出したタモ網に無事納まったチヌは45㎝。やっと良型のチヌに会えて一安心だ。もう少しコマセも残っているのでもう一枚と欲を出し投入。されどその後アタリも無いまま時間だけがむなしく通り過ぎて行った。そしてとうとう最後となったダンゴ、またしても最後の1投で良型チヌが来たぁ~!ので終了したいので大切に投入といこう。ところが最後の最後で柄杓にラインが絡みダンゴがバラバラ。投入大失敗でジ・エンドとなり情けない幕引きとなってしまった。
まっ!何とか45㎝と25㎝の2枚釣れた事で良しとして本日は納竿とした。

最後に散らばってしまったコマセはホーキではきはきし、海水にて綺麗に流して次に入る人が気持ちいいような釣り座にして終了だ。 フカセ釣り紀州釣りをする人の最低限のマナーだと思いますので釣り場は・・・来た時より帰りの方が綺麗と言わせたいものです。

なかむらてるお

徳島県吉野川リバーチヌ第3弾! 新ポイントで快釣!

2020/09/09 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

  徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動されている三原正樹様より、釣行レポートが届いております。是非ご参照ください!

令和2年8月29日
潮:若潮
使用エサ:マルキューチヌPS白チヌ
ハリ:鬼掛け底攻めチヌ3号オレンジ

竿:ゼロサム磯鱗CIM1-53

釣行記
まだまだ暑さも続く中、吉野川リバーチヌに釣友と2人で行ってきました。今回のリバーチヌは前回から狙っていたポイントに初挑戦です。

みはら①
 
まずはウキ下2ヒロから手探り釣法スタート!

マキエとサシエを合わせ沈み石垣周辺を狙って釣るもサシエがキレイな形のまま帰ってきます。

30分程経った頃、石垣の上を40〜50cmぐらいのチヌが4〜5匹遊んでいるのを発見。これは釣れるかも?と安易な考えを持ち釣っているとウキがゆっくりと沈む!

軽く合わせるとグイグイと左右に走り重量感タップリ!!

だが鱗CIMのポテンシャルに参ったと水面に姿を現したのはチヌ45cm〜オーバーゲット!1匹目

みはら②
 
初ポイント初ゲットで釣れると確信し2匹目ビッグチヌを目指し釣っていると、頻繁に当りがあるがチヌの型が23〜50cmと小さいが7匹追加で納竿しました。

みはら③
 
念願の60cmを狙ってまだまだ吉野川に通いますよ。釣りは楽しいな〜

みはら まさき

愛知県鬼崎港でチヌ 今回も何とか…釣れた! 

2020/08/26 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

P1110729 

釣行記:気温37~38度と驚異的な暑さが釣り人に襲い掛かって来る日々が続いている。コロナに次いで熱中症にもきを付けなければならない今日この頃。8月中旬
本日も驚異的な暑さで悩まされながらも、鬼崎港で良型チヌがウヨウヨ泳ぎ回っているよとの情報が、いつもお世話になっている方から一報がと届いた。
 
落とし込みならと話をしていたが、いかんせん知多半島ではエサとなるカラス貝が無いときている為、四苦八苦している状況だ。とりあえず釣具店で岩カニを20匹購入して鬼崎港まで車を走らせた。
本日のタックルは落とし込みという事で、竿NISSIN プロスペッククロダイ4.5mを使用。リールはO社落し駒80Ⅲ 道糸S社落とし込み黒鯛2号。自作目印1mをセットハリスS社Vハード1.5号 ハリ T社マルトチヌ4号 ガン玉Bの針オモリとした。

船の舳先にはチヌの姿があちこちに見えるではないか。これほど良型チヌが港内に入っているという事だ。
釣れるとしたら今しかない!・・・クロダイの姿が見えるのは船の船首。だが、船と船の間にはロープがビッシリ引かれている。これではたとえクロダイが掛かったとしても取り込む事は神業に近い。また強引なやり取りは、竿を折る危険性もあると言っても過言ではないようだ。
ここは竿が出せそうな船を探すのがベストだが、チヌは警戒心の強い魚だ、その証拠に竿が出せそうな船の船首には1尾のチヌの姿も無い。
いろいろ探していると時間だけが過ぎてしまい、とうとう潮止まりの時間帯になってしまった。とりあえず一度竿を出してみる事にして、カニを針に付けチヌを驚かさないよう第1投目ソーッと海面に置くように投入。すると投入したカニを追っていく姿が見えた。
これは来るなとラインと竿先に神経を集中しているとラインがピクリと動いた。これはアタリだと判断。間髪入れずにこのアタリに反応。その瞬間、グイ―ッと強烈なパワーで竿がのされた。当然竿が大きく曲がりロープに竿が掛かってしまいにっちもさっちもいかず案の定ハリスが一発で飛んでしまった。
あぁ~~!やっちまったぜ!と反省しながらもありゃぁ~無理だわな!と自分に言い聞かせた。
残念な事にこのバラシ1発で見えていたチヌは警戒したのだろうすべて消えて行った。底の方に潜って行ったか、遠くへ行ってしまったかだ。
という事と、これで学習したように警戒心が強く出た事もありエサも食わなくなってしまった。後は一遍の望みを賭けて短い堤防を狙うしかない。偶然にもまだ釣り人は入っていないようなので足早にそのポイントを目指した。
堤防は危険なので立ち入り禁止になっているのでルールを守って釣りを楽しんでもらいたい。また堤防の隣に台船がある(台船には上がらないように)ふとその台船角を見るとなんと良型チヌが台船の付着物をついばんでいたのでワンチャンスと思いその角にソ~ッとカニエサを海面に落としてみた。
少しの間、カニエサは見えていたが、落ちて行くにつれ見えなくなった時、なんと竿先にコツンとアタリが出たのだ。驚きと共に最後のチャンスにクロダイが食ってくれたのだ。反射的にこのアタリに反応。ガッチリ掛かったようで、強烈なパワーで台船の下に逃げ込もうとするパワーは半端ない。

強烈なパワーを竿全体で吸収するがそれでもパワーが強い。いつもは磯竿でのやり取りだが、本日はUガイドロッド。少々勝手が違うためもある事だろう先手は取られっぱなしだ。だが、クロダイとのやり取りはなれている事もありここはラインを出したり巻いたりでいなす。また強い引き込みで障害物があるようなところは竿自体を海中に潜らせて対応。出来るだけ竿の弾力を活かした攻め方で数分。やっとパワーダウンしたクロダイを浮かせる事に成功した。そして差し出したタモ網に収めたのは45㎝の良型をゲットできた。

P1110733

P1110730
仕掛けを作り直して2枚目を狙ってみたが、時間と共に警戒心がむき出しとなったチヌ。ソーッとカニを置いても素早く消え去って行った。これで諦めがついて納竿とした。
               
なかむらてるお (日間賀島波止釣友会)

徳島県吉野川リバーチヌ第2弾! 今回は55cm大型ゲット!

2020/08/26 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

令和2年8月13日
潮:長潮
使用エサ:マルキューチヌPS白チヌ
ハリ:鬼掛け底攻めチヌ3号オレンジ

竿:ゼロサム磯鱗CIM1-53

釣行記 :非常に暑い中吉野川リバーチヌに釣友と3人で行ってきました。

リバーチヌは自宅から10分程の道のりで釣場に到着し、川風が思ったより涼しくて車も横付できとても楽に釣りが出来る最適のポイントです!

そのうえビッグチヌの宝庫でもあり、平均サイズは40〜57cmと実績は申し分ありません。仕掛けは竿、ゼロサム磯鱗CIM1-53・道糸クレハリアルサスペンド1.75号・ハリスクレハGMAX1.5号・ハリ鬼掛け底攻めチヌ3号・ウキ5B・タナ2ヒロ半でスタート!潮は右から左へゆっくりと流れ良い感じで流れていますが、マキエが約1時間程効いてくるまでは食ってきません?予想通り1時間程たった頃ウキに反応があり合わせるとグイグイと左右に走り重量感もタップリだがゼロサム磯鱗CIM1-53のポテンシャルに参ったと水面に姿を現したのはビッグチヌ50cm〜オーバーゲット!

みはら様① 

 
それからもポツポツと40〜50cmまでを3匹追加し気分良く釣っていると、ドラマが起きました?今までで重量感、引きが違うのでビッグチヌ間違い無しとすぐわかりました?バトル開始です!鱗CIM.道糸.ハリス.ハリのポテンシャルを100%使い沖、左右、底へと走り回るチヌさんをどうにか弱らせ水面浮上させるとびっくり?まさしくビックチヌ。
 みはら様②
計量すると55.5cmビッグチヌゲットやりました。まだまだ熱中症に気をつけながら、天気も良くいい空気、景色を堪能しに吉野川に通いますよ。

釣りは楽しいな〜!!

みはら まさき