名護市屋我地の磯釣り | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

名護市屋我地の磯釣り

2018/11/22 カテゴリ: 磯釣釣行記

沖縄県在住で幅広く活動されております。当社T&Aの米城誠氏より、

ZEROSUM 磯 真 X4、を使用して沖縄県名護市の磯釣レポートが届いております!

感想ももりだくさん。…是非ご参照下さい。

 

釣行日:2018/11/18

 

天気  :晴れ

 

波  :2m

 

潮  :若潮

 

釣場 :名護市屋我地

 

対象釣:ふかせ釣り

 

使用ロッド:ZEROSUM 磯 真 X41.5号530

 

使用リール:シマノBB-Xテクニウム3000番

 

使用ウキ :阿波 三原浮き00~B

 

使用ライン:サンラインテクニシャン3号

 

使用ハリス:シーガーグランドMAX2.5号

 

使用ハリ:鬼掛け短軸のませグレ7号

 

配合えさ:マルキュー暴寄グレ一袋+V9一袋+オキアミL3キロ一袋

 

サシエ :マルキューV9L

 

釣行記

今回も名護市屋我地の磯へZEROSUM 磯 真 X4を使用し釣りに行って来ました。

1

AM6時半に出船し10分程で磯に到着、すでに明るくなつていたので急いで仕掛けを準備し7時過ぎに釣り開始!

483

風は向かい風で爆風潮は左から右へゆっくり流れてる!

このポイントは逆の潮流が釣果は良いのですが上げ潮に期待して一投目投入、しかし餌とりのハララー(ヤマクチイワシ)の大群が撒き餌に群がってきました。

何処へ撒き餌を打ってもハララーがいる状況で餌が持たないのでBのウキを使い早めに落とす作戦ですが、向かい風が強いためかなり苦戦しました。

風が弱まるタイミングで良い所に仕掛けが入っていくと同時にウキが沈み合わせると30㎝位のアーガイ(ヒブダイ)が難なく上がってきました。

その後も爆風と餌とりとのやり取りが暫く続きましたが2度目のアタリがあり中々の手応え!

かなり引きは強いが35㎝程のトカジャー(ニザダイ)はZEROSUM 磯 真 X4には敵わず数秒でタモに収まりました。

6

暫くはアタリも遠のき相変わらず風、餌とりの嵐!

干潮から時間もかなりたったころ右から左へ潮か流れ始め良い感じですが風が収まる気配はなし!

ウキを00にチェンジしガンダマで調整しゆっくり沈めながら流す釣りに変更。

風に押されるラインに気を取られてると、この日1番の強い引きのアタリ!

糸フケもあったせいでタイミングが取れず根ズレで切られてしまいました。

その後ヒブダイを1枚追加しましたが、うねりが強く潮を被る様になったので納竿となりました。

7

又リベンジします。

 

よねしろ まこと

…ご寄稿ありがとうございました。

エサ取りが多い中、本命を引きずりだしたのは

お見事です。

また、リベンジレポート楽しみにしております!

皆様も良い釣りを!

(開発部 髙木)