三重県南伊勢町 阿曽浦で初秋のグレ釣り。 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

三重県南伊勢町 阿曽浦で初秋のグレ釣り。

2018/10/22 カテゴリ: 磯釣釣行記

三重県を中心に磯釣を中心に精力的に釣りに行っておられますT&Aの堀口様より、ZEROSUM 磯 真 X4ZEROSUM 弾CIM 玉の柄を使って

のインプレが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/10/14

天 候:曇りのち晴れ

波  :ややウネリあり

潮  :中潮

釣り場::三重県 南伊勢町 阿曽浦

渡船:とせん丸渡船様 

対象魚:グレ 最大40.5㎝~25cm26尾

使用ロッド:ZEROSUM 磯 真 X4 1.5-530

使用タモの柄:ZEROSUM 弾CIM 玉の柄600

使用リール:レバータイプ2500LBD

使用ライン:(道糸)PE 0.6号

:(ハリス)フロロ1.5号~1.75号

ウキ :円錐ウキM/0~G2

釣行記

こんにちはT&Aの堀口です。

細身かつ軽量設計で、今シーズン発売された「ZEROSUM 弾CIM 玉の柄600」をロッドケースに忍ばせ、初秋の磯に釣行しました。勿論、目標は40cmオーバーのグレをターゲットに三重県南伊勢町の阿曽浦の磯に上がりました。当日は、前線影響で出船直前まで雨がポツポツとあたっていました。しかし、磯に上がると、これまで曇っていた空も、徐々に雲が割れ、青空が見え隠れする状態になり、仕掛けの準備に取り掛かりました。

この日使用したロッドは、「ZEROSUM 磯 真 X4」。このロッドは、ハイエンドクラスで使用させる高弾性カーボンと宇崎日新独自の高密度極薄4軸カーボンを揺ぎ無い技術で#2~BATまで融合することに成功した非常に粘り強く、操作性に優れたロッドです。初秋の磯と言えば、水温が高くグレの活性も高いので、良型の引きに効率よく対応出来る様に、1.5号の5.3Mを使用しました。足下にマキエサを撒き様子を見てみるとコッパグレの群れ。これは、釣にならないと判断し、サラシの切れ目から20m程先のシモリ根付近を探る作戦で攻めてみました。タナは2ヒロから全遊動仕掛けで徐々に深いタナを探っていきます。すると、25cm~30cmクラスのグレが連発。タナは、2ヒロ半~3ヒロ前後がヒットポイントでした。

IMG_9996

時間が経つにつれ、サイズがどんどんアップしてきました。これは、40cmオーバーに期待と思っていると、ウキが沈む瞬間、竿が海中に舞い込む程の大きなアタリが伝わりました。「これは大きい!」と、すぐさま竿の角度を立て直し大きく曲がったZEROSUM 磯 真 X4で、良型グレをいなしながらやり取りを繰り返しました。しかし、この竿の素晴らしい性能である、魚が掛ってからは粘り、曲がり込むのに起こしてくるという、釣人の感覚を凌駕する粘りと曲がりこむほどにパワーを発揮してくれました。

 

そして、待ってましたとここで、ZEROSUM 弾CIM 玉の柄600の登場です。タモの柄を握った瞬間、ロッドと勘違いするほど、細身かつ軽量設計でグレの浮いたポイント目掛けて一直線に正確にタモ入れスタンバイ状態に伸びてくれました。

軽量で細身ながらにして波に押されても、タモが押し曲げられることの無いパワーにビックリ!!でした。また、ランディングから、取り込みまでに空気抵抗が感じられずスムーズに仕舞えることができ本当に素晴らしいタモの柄を実感しました。CIMG0270

このロッドとタモの柄が今シーズンのグレ釣りを楽しくさせてくれることは間違いなしです。私のフィールドとなる紀東の磯では、今後、水温が低下すると深いタナで50cmオーバーが釣れるようになりますが、このロッドとタモの柄が強い味方になってくれることでしょう。皆様も是非、使ってみください。きっとグレ釣りが楽しくなると思いますよ。

IMG_0024

 

ほりぐち ふみとし

…ご寄稿ありがとうございました。

ゼロサム真X4と新商品のゼロサム弾CIM玉の柄を使ってのインプレありがとうございます。

これからのシーズンにどんどん曲げて良い型を上げてくださいね。

次の釣果も期待しております。

(開発部 高木)