和歌山中紀、大引でグレ | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

和歌山中紀、大引でグレ

2017/12/07 カテゴリ: 磯釣釣行記

大阪府在住ので当社T&A関栄一氏より、

和歌山中紀、大引でグレ釣りレポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2017/12/4

渡船:上野渡船

対象魚:グレ

使用ロッド:ゼロサム真X4 1.25号530

使用ライン:(道糸)ナイロン1.5号

:(ハリス)フロロ1.5号

使用ハリ :グレ針8号

棚:1.5ヒロ

釣行記

この秋に発売となった、ゼロサム真X4 1.25号530を使いに、ホームグラウンドの和歌山中紀、大引の上野渡船さんに出掛けてきた。

 

パッと見た印象は比較的、細見で伸ばした雰囲気も余計な張りは無く、釣れば胴に入ってきそうで期待が持てそう。

 

この日は釣り客少な目でアシカの子に上がれたので、水道の低場から本流筋を狙ってみると、朝一番から35cmの口太グレが掛かってくれて竿の調子を見るのには絶好の獲物。

 

ゼロサム真X4 1.25号530は初見の印象どおり、胴に柔らかさと粘りがあって安心して魚の突っ込みに耐えられる。速い本流筋でしかも遠めで食ってきたが、さほど強引なやり取りでもなく難なく寄せてこれた。

 

引き続き、今度は白崎向きに釣り座をとってシモリの向こう側を狙ってみる。

ここで立て続けにアタリがあり、この日の最長寸43cmがヒットしてきた。

先に掛けたグレで竿の調子が掴めていたので、竿の特性を活かしたやりとりで寄せてくる。

ゼロサム真X4 1.25号530は胴にほどよく乗ってくる。胴調子の竿はのされぎみに竿を使うと竿の力を発揮しやすいがゼロサム真X4 1.25号530の良いところは先調子の竿のように立てぎみのやり取りでもしっかり魚を寄せてこれる。

立ててもよし、寝かせてもよしの絶妙な調子で何をしてても仕留められる竿だと感じた。

 

僕自身、竿を買うときはメーカーの謳い文句。

特に褒め言葉にはあまり踊らせられたくないのでいつも控え目に評価しているつもりですが、今回の新製品であるゼロサム真X4 1.25号530については間違いなく「なんだか大きいのが捕れる竿」に仕上がっているように思います。

こんな風に使ったほうがよい…というのが、どんな竿にもありますが、この竿ならどんな釣り人にも使い方にも対応してくれる竿だと思うし、僕の持ってる竿の中では間違いなくエース竿になりそうです。

せき えいいち

 

…ご寄稿ありがとうございました。釣果報告ありがとうございます!

これからもゼロサム真X4での釣行レポートお待ちしております!

これからも良い釣りをしてください。

(開発部 高木)