釣行記【愛媛県菰渕にてX4KEIインプレ!】 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

釣行記【愛媛県菰渕にてX4KEIインプレ!】

2017/02/24 カテゴリ: 磯釣釣行記

兵庫県姫路在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&A丸井和弘氏より、グレ釣行レポートを頂いております。丸井氏の「ゼロサム磯X4 KEI 1.5号530」を使用してのインプレ、感想が今回はもりだくさん。X4との違いや、魚をかけてからの感覚などのコメントも入っております。ロッドの参考になれば…是非ご参照下さい。

 

釣行日:2017/2/19
天 候:曇り
波  :あり
風  :北西~7m
潮  :小潮
釣り場:愛媛県菰渕
対象魚:グレ ~48㎝
利用渡船:影山渡船
ロッド:ゼロサム磯X4 KEI 1.5号530
リール:シマノBBX・HP2500DXG
ライン:(道糸)YGK TUG1.75号:(ハリス)ジョイナー1.75号
ハリ :オーナー遠投ハヤテ6号
ウキ :AURA ゼロセンⅡ 00~000号
配合エサ:マルキュー/遠投ふかせスペシャル、V9徳用、グレジャンボ、イワシパワースペシャル
オキアミ:3キロ2枚/
サシエサ:くわせオキアミSP/M  特選むきえび

釣行記:

先日のフィッシングショーでは、沢山の人にブースに来ていただき、お声もかけていただいて、ありがとうございます。
これからも宇崎日新の応援を宜しくお願いします。

さて、2月も半ばを過ぎ、寒グレも終盤に入ってきたので、良型のグレを狙いにクラブの新メンバーの二人を連れて、愛媛県菰淵に釣行 してきました。 前日から泊まりで入っているメンバーの情報では、喰いは非常に渋くて、良型は釣れたものの、0~5匹の釣果の模様である。
当日は、風波があり、沖磯では三人で上がる磯が無かったため、少し戻ったチギリバエに磯上がりして竿を出すことにしました。
新メンバーの面倒を見ながらの釣りになるので、不安の中で用意をして釣りを始めます。
足元にマキエを打って仕掛けを投入して釣るも、潮は激流でサシエは、ずっと残ってくる。
水温低下もあって、活性が悪く、潮の中では喰ってこないと判断して、引かれ潮を中心にマキエとサシエを合わせて深く釣って行くと、ラインに変化があり、合わせるとゼロサム磯X4 KEIが綺麗な弧を描いて曲がり、上がってきたのは33㎝のグレである。


しかし、後が続かないので仕掛けをウキ000の完全ふかせで、マキエと出来るだけ自然に同調させながら、深く探って行くと、僅かなラインの変化後に竿先にコツンとアタリがあったので、すかさず合わせると、今度は重量感のある魚の引きで、X4 KEIの竿が深く曲がり込んでいく。
細身の竿ながら、竿全体で魚のパワーを受け止めるので、魚も暴れずにやり取りができて、浮かせてきたのが48㎝の良型のグレである。ヽ(^o^)丿


その後も繊細な釣りをしながら47㎝の良型を含め、数も釣れたので満足の一日でした。

今日のような、喰いも渋く、風の中での繊細な釣りを要求されるときには、X4 KEIの細身の竿が風の影響も受けにくく操作性も良いので、喰い渋りのグレを釣るのには適していると思う。 また、活性も高く、シモリ際等で良型が連発するときなどは弾X4を使うなどして、季節やフィールド等の条件によって使い分けると、よりいっそうの釣果が得られて楽しめると思います。
喰わせ重視のゼロサム磯X4 KEI 、取り込み重視のゼロサム磯弾X4で、皆さんも良い釣果で楽しんでください

まるいかずひろ
…ご寄稿ありがとうございました。X4 KEIインプレを是非ご参考下さい。渋い時に本領が発揮します!皆様も良い釣りを!(開発部 髙木)