イタリアの方と九頭竜川へ実釣&撮影 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

イタリアの方と九頭竜川へ実釣&撮影

2015/05/27 カテゴリ: 釣行記

5月21日(木)、22日(金)の2日間、The ITARIANSのアルベルトさんマリカさん

テスターの冨士 弘道さん、

北山テンカラ会の方2名(橋本さん、近藤さん)

と共に九頭竜川上流へテンカラ釣りの実釣&撮影に行って

きました。

5月21日(木)はPM2:30くらいに現地に着き早速釣り場へ直行! 当日は天気も非常に良く炎天下の内は

なかなか魚影も見えず釣れるのかな?と不安になりました。

しかし、待望の一匹目・・・ウグイでした。

その後アマゴ、イワナ数匹の釣果で終了。この日は余りは

良くありませんでしたが、山の上にはまだ少し雪が残り最高のロケーションでした。

その日の夕食は、北山テンカラ会 橋本さん、近藤さんの、お・も・て・な・し 『すきやき』をいただきながら

テンカラのおもしろい話に華が咲きあっというまに9時になっていました。その頃、播磨テンカラ会の山川さん

ウベルトさんが合流、さらに話が盛り上がり一日目終了!(楽しかった)

(寒い)目が覚めた。朝食だ。二日目AM6:00出発。場所は昨日の場所からさらに上流へ(車で約30分

40分)川幅も狭くなり(源流だ)テンカラ釣りは難しい場所でした。冨士 弘道さん橋本さんは早々と川へ・・・

ここではイタリアの方と我々は撮影に徹しました。(苦笑)  約2時間撮影をしました。ここでは、綺麗な岩魚が数匹つれました。

少し下流で釣りをされた近藤さん 山川さん ウベルトさんも3匹6匹釣られていました。

みなさん、ブッシュの中を上手にキャスト毛鈎の動きがすばらしい!!!

昼前には昨日と同じ場所に戻り少し長いテンカラバスを使い実釣しました。アマゴ、イワナ数匹GET。

昼食をとり我々は解散。その後5名はさらに場所を変えられ、夕方に良く釣れたそうです。

今回も、釣れた魚は全てキャッチ&リリース。(釣果写真がなくすみません。)

ヨーロッパをはじめ、アメリカやカナダでイージーフライフィッシングとしてテンカラが脚光を浴びています。

是非渓流へテンカラ釣りに出掛けませんか?是非行きましょう。

最後になりましたが、冨士 弘道さんをはじめ北山テンカラ会の皆様、大変お世話になり有難うございま

した。これからもよろしくお願い致します。

以上、最高の二日間でした。