磯釣釣行記「三宅島、御蔵島遠征の旅 グレ満喫!54cmも!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「三宅島、御蔵島遠征の旅 グレ満喫!54cmも!」

2015/04/02 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、今回も磯!三宅島、御蔵島へ遠征しての釣行レポート。ロッドのお話も多々入れて頂いております!ご参考にもなれば…是非ご参照下さい。


釣行日:平成27年3月27-29日

場所:東京都三宅島アコン崎、御蔵島えびそハナレ

渡船:- TEL:- 対象魚:グレ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:三宅島3845尾長グレ約40枚  40級クチブト 10枚 (3人の釣果)

大久保港 3946尾長グレ23枚(2人の釣果)

御蔵島えびそハナレ 4754尾長グレ4枚 4951イシダイ 3枚(2人の釣果)

(ロッド)ゼロサム磯 弾X4  TYPE 5005 /ゼロサム磯 弾IM V2 2-5005


釣行記:こんにちはテスターの白澤です!今回は、所属クラブの姉妹クラブとして親しくしていた、京都の先輩、会長、仙台の親友にアドバイザーの牧野さんを含めた3名で三宅島へ釣行してきました。京都の先輩はなんとゼロサムV2尾長 Typeの使い手でした。この先輩は男女群島でリールシートがめくれ上がるような尾長グレを何度もヒットさせている猛者にして、チョイスしたのがこのロッドだそうです。「この竿は安いしほんまにええで!」この号数にしては格段に持ち重りがしない、何がヒットするかわからない離島にして安心感があるとのことでした。先輩ありがとう!

さて、初日に釣行したのは、北端にあるアコン崎です。北のアコン、ミナミのニッパナというほど三宅島の地磯では一級のポイントです。

風を背に受ける東側のポイントで、最初はコッパが多かったですが、時合とともにグレのラッシュ!牧野さんを含めた3名で尾長グレとクチブトの40以上を約50枚の釣果です。





翌日は、夢のロクマルを狙って三本岳を目指しましたが西風が強く、船長と相談して御蔵島の東磯なら渡礁可能とのことで、御蔵島を目指しました。私と仙台の釣友が渡礁したのはえびそハナレという小さい根で、聞くと数ヶ月間も渡礁した人がいないとのこと



コマセを1時間ほど撒き続けてようやく反応が出だしました。まず釣友が攻めていた水深の浅井ゴロタ場で47の尾長グレをヒット、そしてイズスミを連発させたあと尾長グレの50をヒット!潮が動かず、活性が低い為、ハリとハリスもダウンサイジングさせてゴロタの隙間にエサをトレースする釣法でヒットさせていました。

私の一発目は51のイシダイ



でしたが、向かい風のポイントに移動して、ハリスを3号まで落としてゴロタの隙間へとトレースします。潮が動かないため風に少しだけラインを膨らまして張りを作るとスーとラインが走る当たり、首を振っているのでイズスミか尾長なら間違いなくハリが飲まれている状態です。サメが居着き、ヒットした魚を数匹やられているのでゼロサムV2弾2号で一気に浮かしに掛かると待望の尾長グレでした。計測すると54で納得の良型サイズでした。



このあと、イシダイを追加した後に、またしても強烈な魚がヒットしましたがゴロタの隙間に一気に走られてラインブレイクとなりました。

御蔵島は訪れるアングラーが少ないため尾長グレのストック量だけでなく、イシダイなどの魚影もすこぶる濃いフィールドですね。



尾長グレに特化した尾長V2シリーズと尾長X4シリーズ、そして号数を基軸にしたX4Typeと弾V2がありますが、、今回は潮が全く動かない、細かいラインの操作性、ハリス3号ということで弾V2 2号を使用しました。ロッドの胴に載せてから無駄に走らせることなく、短時間で浮かすことができるロッドです。尾長グレのバラシの原因として、ヒットした瞬間「予想以上に大きいな」と感じてラインを出しすぎるのが最も多いと思います。このロッドなら自身を持って少々強引にやりとりして下さい。案外、魚が暴れないで簡単に取り込める筈です。


さて、次に訪れたのは、地元ロコアングラーのすすめで三宅島北部にある大久保港へ行ってきました。およそ離島とは全く雰囲気のない場所でしたが、釣れ釣れ、喰い喰いでしかも尾長グレの良型ばかり、信じられない場所でした。このポイントと攻め方については、釣場速報の関東版でご紹介致しますので、是非ご覧になって下さい。

楽しい仲間と楽しい釣行、素晴らしい仲間と海に感謝です。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。またまたの好釣果、54cmを含む快釣最高ですね。たくさんロッドを曲げこんで頂き、こちらも最高に愉しめた事と思います!皆様も良い釣りを!(開発部 T)