磯釣釣行記「長崎県上五島 多目釣り!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「長崎県上五島 多目釣り!」

2014/08/20 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより今回は磯!前回も遠征されておられます五島列島、上五島への釣行記!!…是非ご参照下さい。


場所:長崎県上五島 黒母瀬 マナイタ離れ

渡船:- TEL:- 対象魚:尾長グレ、イサキなど 天候/波/潮:-/-/-

釣果:イサキ28-34cm7枚 アカハタ25-40cm11尾 カサゴ25cm級9尾 フエダイ49cm1尾

タックル:(ロッド)ゼロサム磯 弾X4  TYPE 5005 /ゼロサム磯尾長 TYPE500

(リール)レバーブレーキ3000(ライン)2-2.5号(ハリス)2-2.5号(ハリ)-(ウキ)M/00


釣行記:こんにちはテスターの白澤です!尾長グレ、イサキともに狙うには、終盤に差し掛かっていますが、猛暑のさなかに上五島の黒母瀬で夜イサキにチャレンジしてきました。渡礁した磯は、マナイタ離れという超一級のポイントです。前回の白瀬釣行の帰りに、この磯で離礁を手伝い、あまりの潮流のすばらしさに、友人と次回は絶対乗ってみたいと願っていた磯です。



渡礁して、コマセを投入すると凄い豆アジゴの群れ、コマセで分離しようにもあまりにも数が多すぎて非常に釣り辛い状況が続き、そして夜イサキの時間、今度は赤ジャコがこれまた凄い数で、結局夜明けとなり、上り潮が差し、エサ取りが少しおとなしくなったタイミングでバタバタと7尾をゲットする、遠征釣りとしてはまことに寂しい釣果となってしまいました。離礁寸前に残っていたコマセを大量に海に流すと、底のでチラリと確認できた尾長グレは50は軽く超していました。いつかはリベンジしたい磯です。

 さて、夜イサキ釣りがあまりにも低調だったため、試しに鯛ラバを使って面白い釣りが楽しめました。釣り方は至って簡単、ドン深な場所で鯛ラバを底まで沈めて、着水と同時にゆっくりと巻き上げるだけです。エサもいらないし、鯛ラバを数種類持参するだけで美味しいお土産をゲットすることができます。


半信半疑で着邸させると、すぐにコッコッコッは当たり、それでも巻き続けるとグイーンとロッドを絞ります。面白いように連続ヒットで、アカハタとカサゴが入れ食い、そして巨大な黒アナゴまでヒットします。圧巻だったのは、49のフエダイで、結構な引きが楽しめました。最後にフエフキダイのスーパー級もヒットしましたが、ランディング寸前でハリス切れでバラシてしまいました。こんな釣りができるのも、魚種が豊富で、全国有数の漁場である上五島というフィールドのおかげでしょう。

エサ取りが多すぎて釣りにならない、家族が喜ぶお土産を持ち帰りたい時は、鯛ラバーを試してみたいですね。重さは3040gがちょうど良いと思います。また、狙う場所ですが、足元からハエ根が張り出さない、すとんと切れ込みがある場所が狙い目です。

皆さんも一度試してみて下さい。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。遠征釣行、有数のフィールド!まだまだ通ってみたい所ですね!皆様も良い釣りを!(開発部 T)