磯釣釣行記「千葉県鴨川アシカ島 マダイ好調!競技x4」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「千葉県鴨川アシカ島 マダイ好調!競技x4」

2014/04/24 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、今回は房総、アシカ島での磯のレポート。マダイ狙いを堪能してきましたよ!とのコメント。…是非ご参照下さい。


釣行日:平成26年4月12日

場所:千葉県鴨川 アシカ島

渡船:岩瀬渡船 TEL:090-1458-9162 対象魚:メジナ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:真鯛30-44cm 4枚 黒鯛49cm1枚

タックル:(ロッド)ゼロサム磯 競技X4  5005

(リール)レバーブレーキハイギア(ライン)ハードコアISO CN1.75号(ハリス)HDカーボンMAX1.75号2号(ハリ)-(ウキ)ピースマスター遠投0


釣行記:こんにちはテスターの白澤です!房総半島の磯釣りポイントで最も沖に位置するアシカ島は、メジナ、石鯛、青物などなんでもこいの一級ポイントですが、今年は珍しいターゲットの釣果に湧いています。

そのターゲットはマダイとクロダイです。私は25年前からこの釣り場へ通っていますが、クロダイの釣果はほとんど聞いたことがありませんでした。マダイは石鯛仕掛けヒットした98が私の知る限り最大級です。さて、釣行時前後の釣果ですが、前々日に1枚、前日に2枚、当日は2枚、そして釣行翌日は4枚と連日の釣果です。また、マダイはカゴ釣りやフカセで深いタナを狙うと高確率でヒットしますが、フカセ釣りでしかも連日の釣果となると、やはりあまり聞いたことがないです。この日も私が4枚をゲットしましたが、釣友には、ラインが止められず、完全にマダイに主導権を握られたままどうすることもできないヒットが2発ありました。釣行翌日には、そのターゲットのみに照準を絞って連日の釣行を敢行した釣行では、巨大マダイと思われる魚としばらくのやりとりの末、完敗を喫しています。今年はなぜマダイやクロダイの釣果が多いのでしょうか?蛇足ながら、メインターゲットであるメジナの釣果も例年以上の数、型が出ています。

私なりの見解ですが、昨年の3月から11月まで磯を休ませたことで、今まで居着いていたエサ取りの絶対数が減少し、マダイやクロダイが回遊するタナにエサが届くようになったこと 沖には房総で最も深い海溝があり、乗っ込み時の回遊ルートになっていること、またアシカ島はこれらの魚が好む岩礁に砂地が点在する底質であること などがあげられますが、釣り人にとって嬉しいターゲットの登場であることは間違いありません。

さて、釣行当日の状況ですが、潮は終日トロトロ、右へ行くかと思えば10分で左、そしてすぐに止まったりと掴みどころのない潮でした。しかしヒットするのは、トロトロでも確実に潮が動いている時間です。この日のタックルはゼロサム磯 競技X4にレバーブレーキ2500にラインは1.75号にハリスは1.75号2号を4m、ウキはピースマスター遠投0にガン玉G2落としナマリとして使用しました。ウキ止めを装着している2mまでタナを取ると、ウキごとゆっくりと沈んでいき全てのタナを探ることができるメリットがあります。また、ウキが潮を噛むので、どんなトロトロの潮でもエサが先行しやすく、喰い渋りの魚までもを口を使わせることができます。この仕掛けを操作するコツは、ゆっくりと張りながらスプールからラインを送ることと、風やサラシなどの影響でフケたラインを修正しながらアタリを待つこと、そして仕掛けを投入したときに、着水直前にサミングしてサシエが先行して着水したことを確認してやることです。アシカ島はメジナの魚影が異常なほど濃いので、磯から10m以内では釣らないで、できるだけ沖へ遠投して下さい。コマセは足下に集中して撒いて下さい。嗅覚に優れるクロダイ、マダイは生息するタナで必ず反応しています。コマセには比重の重い、爆寄せグレとチヌーDASHの組み合わせがベストです。またサシエは持ちの良いオキアミスペシャルLなどのパックエサがベストです。

この日は、上記の仕掛けを使用し、投入した仕掛けがゆっくりと運ばれ(この時の仕掛けをなじませるまでの時間は約4分)そしてマダイ特有のスプールから勢いよく飛び出すアタリで30級を2枚、また、流し方を変えて最大44までを2枚とクロダイの49をヒットさせました。



ちなみに釣友が当日、そして翌日にも違うポイントで強烈なバラシもありました。またマダイの取り込み方法ですが、根を巻いて疾走する魚ではないので、大物が掛かったときはラインを出すのが良いと思います。少しづつ時間を掛けながら寄せてくると細いハリスでも取り込めるものです。しかし、沖に根が多く点在する場所でヒットで狙う場合は最低でも3号のハリスをおすすめします。

さて、私がこの日チョイスしたのはゼロサム磯 競技x4です。チヌ竿のようにスリムなブランクスにして、その調子は相反する先調子ですが、魚の引きに応じてどこまでも曲がり込み、曲がり込めば曲がるほどに、細身肉厚のブランクスと2番まで完全武装した4軸カーボンがトルクを発揮され、魚をグイグイと浮かせてしまう驚愕の調子です。スローテーパーで先調子、しかもグレがメインターゲットなんて、こんなロッド今まで見たことありません。このロッドを使用してゲッしました!



磯からフカセ釣りで狙うマダイ、スプールを押さえる指に伝わる激震は最高に興奮する瞬間、そして首都圏から近い場所で、マダイの大物が狙えるポイントはあまりないので是非釣行を検討してみて下さい。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございました。近場でのマダイ狙い堪能ですね。皆様も良い釣りを!!(開発部 T)