エギング「和歌山県古座 地磯エギング快釣!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

エギング「和歌山県古座 地磯エギング快釣!」

2014/01/21 カテゴリ: ARESエギング

エギングが大好き!!夢墨シリーズをご愛用、和歌山県、南紀在住の平野和弘様よりレポートをご寄稿頂きました。夜叉708MLが手放せないアイテムとなりましたよ!との嬉しいコメント…是非ご参照下さい。


釣行日:平成26年1月14日

場所:和歌山県古座町地磯

タックル:(ロッド)アレス ドリームス夢墨夜叉 DRYY708ML

(リール)ステラC3000S(ライン)PE0.6号(リーダー)フロロ2.25号(エギ)墨族4号レッド・レッド


釣行記:新年明けましておめでとうございます。和歌山県南紀在住の平野と申します。

2014年、本年初の陸っぱりエギングに行ってきました!!

厳寒期を迎える時期ですが南紀のアオリイカは赤イカ系の大型アオリイカが接岸するために非常に熱い季節を迎えます。特に潮岬周辺はその大型アオリを求めて沢山のアングラーが集まり、遠くは関東方面から訪れる方もおられます。

釣行当日、満月大潮と絶好のタイミングではありましたが黒潮が離岸しており水温が低下、入るポイントに悩む状況でした。

低水温と離岸した黒潮から予測をすると大型アオリだけを狙っての潮岬ではリスクが高すぎると判断し古座の地磯を目指しました。

古座に到着したのが15時30分、満潮が17時半の夕暮れと重なるので日暮れまでは磯の周辺を丹念に探って情報を収集と決めました。

海草の生え具合などをチェックするためにボトムを丹念に探って夕刻まで過ごしました。

太陽が沈み徐々に潮が引き始めゴールデンタイムへと突入していきますが肝心の潮が流れ出しません。

キャストする場所を変えながら少しでも潮の変化のある場所を探して行きましたが何の変化も見つからないまま刻々と時間だけが過ぎて行きました。

辺りは真っ暗になり月の光が海面を照らし始めた時、急に潮が効き始めてきました。

しかし相変わらずアタリは無く6時半になり後30分やってみてダメなら帰ろうと決め、今一度丹念にキャストを繰り返して行きました。

間もなくタイムリミットと思った矢先、エギがボトムに着く寸前でティップにグーっと重さが乗り始めました。潮が効いてるのか?とほんの少しティップで聞いてみると重さが増し始めたのでアワセを入れました。

ぐっと重くなったが全く引かないので大きな海草が掛かったのかと思った途端に重量感のあるジェット噴射が伝わって来ました。

夜叉がそのジェット噴射を交わしてくれ1120gを取り込むことが出来ました。急いでキープを済ませエギを再投入すると再びボトムに着く寸前に重みが乗ってきます!!今度はアオリイカと確信しアワセをいれると同サイズと思われるジェット噴射が伝わってきました。難なく浮いたアオリイカをギャフアップすると1090gでした。



更なる大物をとキャストを繰り返すものの、このヒットを境に潮が緩み始めたのでストップフィッシングとしました。

赤イカ系と白イカのアオリイカの両方が狙えるこの時期は愛用の夜叉708MLが重宝します。

キビキビとエギを動かしとテンポ良い攻めで狙う赤イカ系、低水温でボトムにべったりのアオリをじっくり狙うのを夜叉なら1本で両方の攻めを器用にこなしてくれるため、私には手放せないアイテムとなりました。

今年こそ記録更新を目指して夜叉と一緒に南紀を走り回りたいと思います。

ひらのかずひろ

…ご寄稿ありがとうございました。キロアップ連発おめでとうございます!!夢墨を良き相棒としてご使用ありがとうございます。今年も良いエギングを!(開発部 T)