ジギング「千葉県犬吠崎沖 ヒラマサにサワラ」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

ジギング「千葉県犬吠崎沖 ヒラマサにサワラ」

2013/12/17 カテゴリ: CURTISジギング釣行記
多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、釣行レポートが届いております。今回は、最近とみに釣行をかさねておられるジギング!…是非ご参照下さい。


釣行日:平成25年12月7日

場所:千葉県犬吠崎沖 船:-

対象魚:青物 天候/波/潮:-/-/-

釣果:ヒラマサ2.83.2kg 2本  ワラサ 2.53.4kg 2本 サワラ 3kg 1本   

タックル:(ロッド)カーティス Silver Back S506MH/キャスティングロッド7.3ft

(リール)-(ライン)PE2号4号(リーダー)ハイブリッド10号12号(ルアー)ジグ:センターバランスタイプの90150g



釣行記:こんにちはテスターの白澤です!青物もいよいよ終盤に突入、これからは南下するサンマやイワシを飽食してたっぷりの脂を蓄えた最も美味しい時期になります。

こんな時、やはりキーになるのはベイトですね。今回は、イワシの群れを追って犬吠崎の南沖にサワラやワラサなどの新しい群れが入ってきたとの報を聞き、波崎からジギングで出船してきました。使用するタックルはもちろんシルバーバックのS506MHです。

潮況は、海は穏やかなナギですが潮が澄み、今までの経験からこんな時は、船の直下をバーチカルで攻めるにはあまり適していないことが多いです。潮が澄むと、船の影を警戒するため、ジグを投げてのペペルジャークが効果あります。

アンダーハンドで30mくらい先までジグを投げ、底取りしてから手前にトーン、トーンとワンピッチで探っていき、7ジャークで再び底取りを繰り返すのがキモです。

ジグは、滑るようにスライドさせるため、比較的軽めの110g前後でセンターバランスのナチュラルなカラーを選択しました。

一発目のヒットはフォールに反応した3kgのサワラでした。



沈船回りの50mラインやゴロタ場、根の際などを流しますが、やはり警戒心が強いのか沈黙が続きます。

そんな折り、左舷で5kg近いヒラマサがヒット、今度はさらに遠くへジグを飛ばして探るとドスン!と重量感、上がってきたのは3.2kgのヒラマサでした。このあと、ヒラマサとワラサを散発でヒットさせてストップフィッシングとなりました。

狙っていたターゲットはもっと大きなヒラマサでしたが、オデコが続出する中でなんとか釣果を上げることができました。

さて、ジギングではいつも使用するシルバーバックs506MHですが、とにかく使用範囲が広いのが良いです。ジグも100g程度の軽いものから180gくらいまで対応し、ジャークの強さによってアクションを変えられる使い勝手の良さがあります。

ロッドホルダーに立てて、隣のアングラーが使用するロッドパワーを判別することが多いですが、このロッドはPE4号パワーなのに3号パワーと間違うほどの細身です。いわゆる曲がることを身上とし、ジャークの多様化への対応、釣り味の良さを追求したロツドです。それでいてバットは大物の引きをドーンと受け止める強さもあり近海ジギングでは最高の調子です。

欲を言えば、MLやHクラスなどの強度のバリエーションがあればいいですね。

とにかく、強さと釣り味の良さ、そしていろんなテクニックに応えてくれる軽さと調子の調和はさすがです。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。今回は地元でのジギングでヒラマサget!シルバーバックを相棒に更なる釣果を楽しみにしております…皆様も良い釣りを!(開発部 T)