磯釣釣行記「千葉県鴨川アシカ島 クーラー満タン!!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「千葉県鴨川アシカ島 クーラー満タン!!」

2013/12/05 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、引き続きいよいよシーズンとなってきた磯のレポート!前回に続き千葉県鴨川アシカ島での釣行記。詳しい状況の説明もいつもながらに参考になります…是非ご参照下さい。


釣行日:平成25年12月1日

場所:千葉県鴨川 アシカ島

渡船:- TEL:- 対象魚:メジナ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:クチブトグレ41cm、40cm、38cmの他 2530cmクラス多数  イサキ、イシダイ、カワハギ、平ソーダカツオなどの外道も多数キャッチ                  

タックル:(ロッド)ゼロサム磯 弾X4  TYPE0 5005  イングラム ブラックエディション 1.25号

(リール)2500番(ライン)ハイブリット1.75-2号(ハリス)フロロ1.5-1.75号(ハリ)-(ウキ)-(エサ)-


釣行記:こんにちはテスターの白澤です!前日はアシカ島でヒラメ狙いのルアーフィッシング(もちろんノーバイトノーフィッシユのグリングリンのオデコでした)、そして翌日はメジナ釣りと片道110kmの道のりを2日間も往復しました。この日はどうしてもお会いしたいMさんからアシカ島釣行のお誘いを受けていたからです。

Mさんとは年始めにこの場所で出会い、息子さんに釣りのアドバイスをさせたいただいたのがきっかけで、わさわざフィッシングショーでNISSINブースまで足を運んで頂き、ファンになっていただいた方です。

Mさんは新しく購入したばかりのイングラムブラックエディション1.25号をひっさげての釣行です。新しいロッドに大物の引きを入魂できればいいですね。

さて、この日はナギで北風のち西風の予報です。西風、そして真潮となれば、低場のサラシが絶対的なポイントになります。11月に渡船が再開してから、既に5回目の渡礁ですが、エサ取りの活性が高く、良型のメジナを釣るには、エサ取りが消えてしまうほどの契機がほしいところです。急激な水温の低下、悪い潮の差し込みなど、このエサ取りが消えることで、房総随一といわれる水深の利点を生かして目いっぱい攻略できるのです。時にはマダイ、そして50cmクラスのスーパークオリティサイズまでもがロッドを絞り込んできます。

北風が吹いてるうちは南西向きに、そして風が変わるころには北東側の低場を攻略しました。低場へ変わったころに海の様子が変わってる、投入した仕掛けが、それまでのだらしなさとはうって変わって、ラインがパラパラと出ていきます。待望の真潮が差してきました。Mさんと並んで、沖の潮目へと直接仕掛けを投入し、手前で襲ってくる大きいサラシの度にラインを持ち上げ、そしてゆっくりと仕掛けを送り込むとバチバチバチと強烈な走り、取り込んだのは30cm級のグレ。



そしてこの後が圧巻!!でした。房総では良型とも言えるイサキ、そしてイシダイに平ソーダカツオ、そしてメジナと連続でロッドを絞り込んでいきます。



今度は合わせるとかなりの重量感、取り込んだのは38cmの良型メジナでした。Mさんにもアドバイスし、縦に伸びる潮目に投入してサラシでラインを取られるのを避けて少しづつ仕掛けを入れていくようにアドバイスすると、イングラムブラックエディションが強烈な曲がり、グイグイと浮かせて取り込んだのは40cmのメジナでした。

息子のT君もゼロサム弾X4タイプで潮目を攻めて、良型メジナをヒットさせています。

私は更に沖に伸びる潮を攻めていると弾X4タイプ0の穂先が僅かに反応を捉え、ラインを張るとバチバチとラインが走りました!!合わせるとずっしりとした重量感、水温が高いこの時期はメジナの引きが最も強く、磯際で鋭い突っ込みを見せますが、このサイズですら弾X4は余裕すら感じさせます。4軸カーボンでネジレを抑えてパワーロスを逃がさない粘強調子の威力をあますとこなく体感できる至福の一瞬です。



終わってみれば、外道も盛りだくさんでクーラー満タンの釣果となりました。

房総の魚は真潮が差すと元気が出るといわれますが、なにか契機をと願っていた変わり目は、真潮というキーワードになりました。この潮が差したことで良型メジナの活性が一気に高まり、最盛期のシーズンインを迎えた、そんな状況になったと思われるような釣果となりました。

さて、今回の釣行で嬉しくも良型メジナの引きをロッドに入魂したMさんは「すごい粘りがあって魚を浮かせるパワーがある」とおっしゃってました。私も隣で見ていましたが、バットに使用された4軸カーボンの威力が発揮されているような、相撲の取り口でいうところのガブリ寄りのようなスピード感ある反発力です。

また、最初はX4かと見間違うような4軸カーボンとブラックを基調としたデザイン、そしてIMガイドも装備され、シンプルなデザインの中に精悍さがある飽きのこないデザインでした。フラッグシップに次ぐ充実した材料と装備、そしてコストパフォーマンスは、NISSNのロッドを是非使ってほしい、そして使えばきっとファンになる、そんな宇崎日新さんの願いを形にしたロッドだと思いました。

本格的に突入した寒メジナの好シーズン、皆様も最高の釣果、そして至福の一瞬が訪れることをお祈りします。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。クーラー満タン!良い響きですね最盛期のシーズンイン!願わくは当社ロッドで!皆様も良い釣りをお愉しみ下さい(開発部 T)