「貝塚人工島でタチウオ狙い」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

「貝塚人工島でタチウオ狙い」

2013/11/05 カテゴリ: ARES波止釣/その他釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、前回に引き続き大阪に帰省された折の釣行レポートが届いております。今回はタチウオ!ANIMA SBを使用されての釣行レポート…是非ご参照下さい。


釣行日:平成25年10月14日

場所:大阪貝塚人工島 渡船:-

対象魚:タチウオ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:3本サイズのタチウオ 3本      

タックル:(ロッド)アレス ANIMA SB ANSB-906ML

(リール)レアニウム4000(ライン)PE1号(リーダー)フロロ4号に先糸フロロ8号を15cm(ルアー)ダート系ハードルアー20g


釣行記:こんにちはテスターの白澤です!大阪湾で最も人気のあるターゲットといえば、おそらくタチウオだと思います。釣り具店はタチウオ狙いのアングラーがいっぱい、そして特設コーナーも作られてまさに盛況、毎年この時期に一度は帰省しますが、いつも長柄の熱気に関心させられます。良く行くフィッシングマックスの泉大津店で情報を仕入れると、泉大津の汐見埠頭はやや小型、岸和田一文字より南が良いとのことでした。そして今年は少し遅れ気味だそうです。

昨年も行った貝塚の人工島に夕ごはんの刺身をゲットしに、短時間の釣行でしたが行ってきました。

ロッドは、ダート系のルアーもキビキビとアクションさせることができ、間違って掛かるかもしれないメジロでさえランディングに持ち込める粘り腰を持ったANIMA SB906MLを使用しました。人口島のテトラではアオリイカを狙うアングラーや良型のカワハギをゲットするアングラー、そして家族連れでアジをサビキで狙うアングラーで凄い賑わいです。

明るいうちはジグでサゴシとツバスを狙いましたが、ノーヒット、暗くなるころからタチウオ狙いに切り替えました。底へと着底させて、ワンピッチでヒュンヒュンとジャークを入れて、ダート系ルアーを斜め横に飛ばします。このロッドを使うと、ルアーが良くアンションするのが手に伝わります。また、少し長めのレングスを使用したので、まわりのアングラーよりも飛距離を稼げるので、1回余分に底取りできるアドバンテージがあります。

ジャークを続けていると、ドスン!と初のバイトで上がってきたのは指3本サイズのタチウオでした。19時30分まで粘って、結局同型を3本の釣果でした。

毎年かなりのバイトで時合いは大フィーバーとなるのですが、今年はやはり遅れ気味??まわりのアングラーもあまり釣れていないようでした。

さて、使用したロッドのANIMA SB906MLはワインド釣法で1/4ozから1ozオーバーのジグヘッドまでキビキビとした、まるで逃げまどうベイトのようなアクションを与える絶妙なティップに加え、一気にフッキングさせ、有無を言わさずランディングに持ち込めるバットの張りは実に使いやすく、ワンランク腕前が上がったように感じ、いつも手放せない相棒です。

さて、今年のベイエリアでのタチウオですが、少し遅れ気味な分、これから上向くと思われます。ホームページをご覧の皆さん、是非ベイエリアで美味しく手軽なターゲットのタチウオを狙ってみてください。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。昨日は青物!今日はタチウオ!本当に精力的です!タチウオもシーズンです。皆様も良い釣りを!(開発部 T)