2013東北みちのく鮎紀行 vol.4 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

2013東北みちのく鮎紀行 vol.4

2013/09/16 カテゴリ: 淡水釣情報釣行記

鮎釣りが大好き、山形県にお住まいで東北地方を中心に精力的に活動、そして釣行されており、当社をご応援、深くアドバイス頂いております高橋宣之様より、鮎釣り釣行レポート「東北みちのく鮎紀行vol.4」を頂いております。…是非ご参照下さい。


今回は【山形県 鳥海山麓の月光川(がっこう川)】!!

釣行日:平成25年9月37日 1214日

場所:山形県飽海郡遊佐町 月光川

情報:月光川養漁協 日券/年券 2000円/7500円

タックル:(ロッド)TOP GIGA 早瀬9008/SILVER GIGA SP支流8109

(仕掛)オーナーリアルクラフトRC460.0.15、プロ完全仕掛け(ハリ)オーナー超軽量レジ7号、キメラ7号


釣行記:こんにちは橋宣之です。8月が過ぎても天候不順が続き、大釣りできる河川探しの日々です。

五十川は面白い釣りが出来ましたがアブの急襲で目を刺され、お岩さん状態で医者に行きました。やっと見られるような顔に戻ったそんな時、友人から「月光川は水量が不安定ながら釣れてますよ」との嬉しい連絡が入り、急遽出掛けてきました。月光川の放流量は10kgと山形県内一少ない河川で殆ど天然遡上頼み、その割に日券は2,000円と高くあまり知り合いにはお勧めしてなかった河川です。

しかししかし、いざ現場に着いてみるビックリ!鮎が川一面ウジャウジャいます。場所は映画「送り人」

で主人公が鳥海山をバックにチェロを弾いていた風光明媚な公園で、ゴミ一つ落ちていない綺麗な所です。映画で使われた椅子がそのまま残っていました。



それもその筈、朝地元の方が散歩に来る時、ゴミ袋を手に持ってどんな小さなゴミでも拾っていました。又、河原は全面芝生のグランドゴルフ場になっていてトイレは水洗、毎日、毎日、掃除の方が綺麗にして行きます。それ故、釣り人もゴミ持ち帰りを実行してくれています。地元の方も友好的で老若男女を問わず会えばにっこり笑って挨拶してくれます。また、もう一つ最高なのが芝生にオトリ缶専用の生簀プールがあり、鳥海山の伏流水が湧き出ています。


かなり冷たい水ですがミネラルが豊富なせいか、34日付けて置いても鮎が元気。急な出水でも流される心配をする事が無く安心です。出来れば全部の河川に有ると良いのにな!!

 急いで昼食を済ませ、午後1時から入川4時半上がりで57尾、型も1622cm程で、シビレの連続でした。知り合いも朝から入って束釣りし、聞けば7日まで居るとか、

私も7日まで付き合うことにしました。近くには日向川、荒瀬川、高瀬川がありどちらも車で1030分の距離、温泉も近くにあり、町のスーパー、コンビニまで10分、

途中、雨の日も有り、休息日を含めて5日トータルで350尾超過、14リッターのクーラー2つに満杯です。

月光川は、川幅も広くなく、場所によってトップギガ早の900とシルバーギガSP支流810を使い分けしました。



シルバーギガSP支流810は仕舞寸法が107cmと短いが9本継ぎのせいか張りがあり、感度も良く、前アタリもケラレも感じられ20cmクラスも楽々抜けました!

この河川は、オトリは売って無く八幡町で購入。遊漁券はコンビニで発売してます。


たかはしのぶゆき

…ご寄稿ありがとうございます。釣果良しの河川巡り!これからも地元の方ならではの、東北の良河川の情報をお待ちしておりますね。皆様も良い鮎釣りを!(開発部 T)


2013東北みちのく鮎紀行の他記事は↓こちらをクリック。ご参考下さい

●2013東北みちのく鮎紀行 vol.1

●2013東北みちのく鮎紀行 vol.2

●2013東北みちのく鮎紀行 vol.3