鮎釣行「富山県小矢部川/笹川 北陸遠征釣行」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

鮎釣行「富山県小矢部川/笹川 北陸遠征釣行」

2013/07/30 カテゴリ: 淡水釣行記

鮎釣、磯釣りが大好き、千葉県にお住まいで精力的に釣行、当社をご応援、深くアドバイス頂いております牧野克幸様より、今回は鮎釣り!富山県への遠征釣行レポートを頂いております。新製品TOP GIGAを使用してのコメントをいただいております。ロッドの参考にもなれば…是非ご参照下さい。


釣行日:平成25年7月1415日

場所:富山県小矢部川/笹川 対象魚:鮎

釣果:10-2138尾

タックル:(ロッド)TOP GIGA 早瀬9008/急瀬9008

(水中糸)ハイブリットメタル0.05-0.07号(鼻環回り)マルトはなかん糸0.8号 マルトエンゼルリング5.5mmプールジック移動式 逆バリ:マルトエンゼルグースHGW2号(ハリ)マルト6.5号 舞狐6.5号 四本錨


釣行記:こんにちわ、牧野です!!梅雨が明けて毎日暑いですね。

初遠征は、新潟方面を考えていたのですが、あいにくの出水で釣り不能とのこと、富山県に行って来ました。

先乗りの釣友が小矢部川に行っているので、情報確認すると水は高く、濁りも有るが何とか出来ますよとのことで向かいました。

準備をしてスタートです、瀬脇の石裏に囮を入れると何と一発で20をゲットです、幸先よいスタートと成りました、ロッドはもちろんトップギガ急瀬です今期の一押しロッド、軽さ、パワー、感度の三拍子のそろい踏み、今年はこいつで勝負です。



次を狙いに攻めていきますが、掛りません、高水濁りで鮎の付き場が変わっています、あっちこっちと囮を入れていきますがビリとも来ません、上流に目を向ければ、空が真っ暗今にも泣き出しそうになり、そしたら国土交通省の河川管理車が来て放水のサイレンと増水の警告放送、20分後には泥濁り、70の増水一時間で強制終了。

小矢部川は濁るのも早いが引くのも早いです、時間は10時なので昼まで待機です

支流に向かった仲間に連絡確認すると、昼からなら出来そうとの事で、ゆっくりと向かいました。

13時に到着、水は高いが濁りは大した事もないので、まずやってみましょうとの事で、ヘチより囮を泳がせます、一発目から根掛り、外しに水の中に入ると水温は割と高く、行けそうな感じ。

流れの有る瀬を中心に攻めました、いきなりの強中り、ズコドカドカドカと一気にロッドをひったくって行きます、目いっぱいに上流側にロッドを絞り込んで、掛り鮎の動きを止めてから浮かせます、浮いたら一気に抜き上げタモ受けドスンと重量感21の太めのベッピンさんをゲットです。

夕方までにそんなのを18尾取り込みまして、ストップフィッシング。

宿に向かい今宵の宴!!です。


翌日目を覚ますと、またも小矢部川は大増水とコーヒー牛乳色、即あきらめて帰路に付きます、帰りながらの他河川見学、もし出来るところがあればと少しの期待、富山と新潟の県境の笹川に到着、水は清らか、釣り人少々、昼からスタートしました。


掛ります、ポンポンと掛りますが極小サイズ、そんなポイントをあきらめて、河口ギリギリまで下りました、鮎は沢山おります、結構な型もいましたので、何年ぶりの見釣りです、狙いを定め囮を近づけると縄張り争い、何度も追いかけっこして、掛ります、銀色の光が一気に飛んでいきます、二匹がグルグルと回転して掛ります、すべて目で確認できる釣り、それが見釣りです。

何年ぶりかの見釣りをしてなんか感動、鮎釣りの原点を見た気がしました。

波打ち際、竿下一本は海です、トップギガ早瀬9mこのロッドがベストマッチ20尾程を釣り本日終了。

日本海小河川結構楽しいですよ!


まきの かつゆき

…ご寄稿ありがとうございます。遠征での釣行楽しそうですねまだまだ鮎シーズン!!皆様も良い釣りを!(開発部 T)