エギング「千葉県外房のエギング&横浜Fショー」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

エギング「千葉県外房のエギング&横浜Fショー」

2013/04/08 カテゴリ: ARESエギング釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、今回はエギング での釣行レポートを頂いております。…是非ご参照下さい。


釣行日:平成25年3月31日

釣行場所:千葉県外房興津 渡船:-

対象魚:アオリイカ 天候/波/潮:-/-/-

タックル:(ロッド)DREAMS DEEK DRD-806ML

(リール)2506番(ライン)xワイヤー 0.8号

(ハリ)アオリーQエース、ディープ、RS3.5号


釣行記:こんにちはテスターの白澤です。アオリイカもいよいよ親イカのとびきりサイズが狙える時期になってきました。エギンガーの増加とは反比例して、ここ2年くらいは型の良いアオリイカがめっきり少なくなったと思うのは私の錯覚でしょうか?房総半島の一部では、禁漁期間を設けて保護してるエリアもあります。

春でも小さいアオリイカが乗ることもあるので、小さいサイズはできるだけ大切にリリースする気持ちを持ちたいものです。

さて、今回は外房エリアで友人とエギングで釣行してきました。外房の勝浦から小湊までの間は、総じて低い磯が多く、これから大潮から中潮にかけて潮位70cm以下になると広大な磯が姿を現すフィールドが多く点在します。今回は3kgサイズの実績もある興津の地磯でエギングを楽しみました。

潮の下げにかかる午前中は、全くのノーバイト、アオリイカの気配もなく、おまけに冬の間に伸びたホンダワラが繁殖して釣りにくい状況でした。あえてアキュラシーを優先してディープサイズのエギを選択し、深場まで超遠投して狙います。ロッドを立てながら、エギをステイ、「乗りの間」を作ります、というよりこの時期の親イカは派手なアクションより、静かなアクションで誘う方が、私は連れた実績が高いです。こんな多彩なアクションにも応えてくれるアレスのドリームスシリーズは私のお気に入りです。

午後の上げ潮になって、やっとやっとの初バイト!!コツンのあと、ラインを引っ張っていく当たりで、合わせると結構な重量感で上がってきたのは800gサイズの良型サイズのアオリイカでした。このあと、1パイを追加してストップフィッシングとしました。

この日は厳しい状況でしたが、これから本番を迎えるので、皆さんもぜひ外房の春イカを狙って釣行して下さい。


さて、3月22日24日に開催された国際フィッシングショー横浜へ、コンシェルジュとして宇崎日新ブースで2日間お手伝いをしてきました。

人気は、磯ロッドのX4シリーズやV2、イングラムシリーズ、そして至高のエギングロッドとして人気を博す夢墨シリーズなどアレスのルアーロッドのラインナップでした。

来場者の皆さんのお話しを聴いて、ロッドの原産国を気にされている方、非常に多いなという気がしました。最近では、品質管理の体制も整って外国に製造をシフトされるメーカーさんが多いのですが、外国製の安かろう悪かろうというイメージをお持ちになるユーザーさんが多いのにびっくりしました。先日、テレビで「世界最高峰の品質を誇る日本製品は?」の問いに対して各国の人が「釣具」と答えていたのが思い出されました。やはり日本製品ならではの信頼性というものは、釣りの技術や対象魚の豊富さがある日本で長い歴史の中で熟成されたものであると感銘を受けました。国民的レジャーである釣りを楽しんでもらおうと65年間もMADE IN JAPAN、JAPAN QUALITYの精神を矜持として持つづけている宇崎日新の確かさ、一度使って頂けるときっとご満足頂けるはずです。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。春烏賊もこれから本番ですね!願わくは宇崎日新のロッドで、皆様が良い釣りが出来ますよう願っております!(開発部 T)