ジギング「外房勝浦沖 ブリ狙い」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

ジギング「外房勝浦沖 ブリ狙い」

2012/12/20 カテゴリ: CURTISジギング釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、釣行レポートが届いております。今回はジギング!カーティスシリーズのSilver Backでの釣行レポート。ロッドの参考にもなれば…是非ご参照下さい。


釣行日:平成24年12月16日

場所:外房 勝浦沖 渡船:-

対象魚:グレ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:ブリ 5.7kg 1本 ワラサ 2.43kg 4本    

タックル:(ロッド)カーティス Silver Back S506MH/キャスティングロッド7.4ftパワー

(リール)ハイギアスピニングリール40004500(ライン)PE2.5号4号(リーダー)フロロ10号22号(ルアー)100g170gまでのセンターバランスジグ /ダイビングペンシル6075g/シンキングペンシル80100g/大型バイブレーション80g


釣行記:今年の外房は春のヒラマサは絶好調でしたが、晩秋のトップゲームは不調のまま推移しました。しかしここのところ、サンマが大量に回遊してきて、もの凄い鳥山にベイトの跳ね出しもあり、好転の兆しを見せています。

私も久しぶりに、トップゲーム&ジギングでヒラマサを狙いに行ってきました。

水深のある場所ではジギング、浅くて根の多い場所ではトップゲームの誘い出しで狙います。ちなみにジギングで使用するタックルですが、Silver Backがお気に入りです。近海で楽しむための性能が凝縮していて、ハイピッチでのアクションを長時間続けても疲れにくい軽さ、そして細身肉厚にXテープを穂先まで巻いたブランクスは適合範囲内のジグに好アクションを与えるばかりか、フッキング貫通力、青物の強烈な締め込みに対して、強烈な粘りを見せてくれます。さらに、大物が掛かったときのパラボリックなやりとりが実に楽しいロッドです。近海のジギングを楽しむなら、シルバーバック、かなりお勧めのロッドですよ!!

最初のポイントでは、2.53kgのワラサを2本ゲットしました。

このあと、鳥山を追いかけたりしてプラッキングゲームも楽しみ、念願のTENオーバーヒラマサは出ませんでしたが、6kg近いサイズのブリまでをゲットし、5本のワラサをゲットすることができました。

さて、関東ジギングの聖地になりつつある外房の大原から勝浦にかけてですが、なんといっても10kgが狙って釣れる確率も高いことから、若いアングラーにも激アツのフィールドとなっています。今シーズンのワラサは型がブリに近いサイズも多いので、高確率で大物とのファイトが期待できそうです。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。青物getおめでとうございます。皆様も良い釣りを!(開発部 T)