磯釣釣行記「宇和島 大会でのグレ釣り!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「宇和島 大会でのグレ釣り!」

2012/12/20 カテゴリ: 磯釣釣行記

兵庫県姫路在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社アドバイザー丸井和弘氏より、宇和島で兵庫県釣連盟の秋季大会が開催されており、当大会でのグレ釣り釣行レポートとなっております。弾v2 での釣行レポート。ロッドのご参考にもなれば…是非ご参照下さい。


釣行日:平成24年12月16日

場所:愛媛県宇和島市日振島 渡船:はま渡船 TEL:-

対象魚:グレ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:グレ

タックル:(ロッド)ゼロサム磯 弾IM V2 1.5号530 1.25号500

(リール)BBX-HF3000(ライン)よつあみTUG磯1.7号1.5号(ハリス)よつあみGP21 1.7号1.5号

(ハリ)土肥富 伊勢尼67号(エサ)マルキューTR、V9スペシャル、グレジャンボ、むきえび


釣行記:12月16日(日)に兵庫県釣連盟の秋季大会で、愛媛県日振島へグレ釣りに釣行してきました。

当日は低気圧の影響で昨日のウネリが残っていて風もあるが、沖磯には出られそう。

5時半に宇和島港を出船して抽選場に向かい、私は日振9番に後輩と二人で渡礁しました。

9番に渡礁したのは初めてであるが、沖向き先端が良く、内向きは釣れないとの情報は把握していたが、沖向き先端は波が被っていたので8番向きの船着きで二人並んで釣ることにした。

タックルはゼロサム弾IMV2 1.5530にライン1.7号通しで始めるとした。

マキエを際に数杯打ってエサ取りの様子を見ながら、磯際を探ってみるがグレの気配は無く40分が過ぎる。

北風が吹いて仕掛けが馴染みにくくなってきたので、ウキを00に交換して、ハリスにガン玉5号を3段打ちにして釣りを再開した。

仕掛けを張り気味にして、ウキを沈めながら5ヒロくらい探って行ったところで穂先にガッツン!!とアタリがあり、取り込んだのは32のグレ。 あら小さい~!同じように釣ると再び竿先にアタリが来たが、33の尾長グレ。これまた小さい! そうこうしているうちにエサ取りも動き出したので少し前を釣ることにした。

しかし、9時頃から北西の風が急に強まり、次第に突風も混じって立っているのも大変な状況になってきたので、少しでも軽くて操作性の良いゼロサム弾IMV2 1.2500に交換して、ラインも1.5号通しに換えて、仕掛けを少しでも馴染みやすくして釣ることにした。潮もあまり動いていないので仕掛けが表層の風波に押し戻されてマキエとズレて行く。 

更に風が強くてマキエを打つと、辺り一面に撒き散らかって、魚の養殖場にエサを撒いてる状態になり、釣れる気がしない。 突風を背に、座って釣りをしながら頑張るも35までが釣れるだけである。

納竿時間まで1時間となった頃、少し風も弱まる時があり、潮も沖向きに少し流れ出したので、表層の風波に負けないように仕掛けを潮にしっかり馴染ませて、マキエとサシエを合わせながら、

釣り続けて数投後に鋭いアタリが穂先に来た!!

今までに無い重量感!! 鋭い魚の突っ込みも弾IMV2のバットがしかっり受け止めてから、ゆっくりと反発力で浮かせてくるので魚が暴れなく、1.5号のハリスでも安心してやり取りができる。

ゆっくりやり取りして浮かせたのは46.3の太ったグレ! (^^) 



その後、潮も無くなり14時に納竿とした。 好条件で一日、沖を攻めて釣りをしてみたかったが仕方がい。帰港して検寸の結果1差で1位になれなかったが、悪条件の中でも良型グレを釣ることができたので良しとします。


何年経ってもグレ釣りは難しい! だからこそ面白いんだけどネ! みなさんも安全で良い釣りをして下さい。 


アドバイザーまるいかずひろ

…ご寄稿ありがとうございました。シーズンですね。皆様も弾V2で!?の更なる好釣果を祈願しております。良い釣りを!(開発部 T)