泉南から友ケ島周辺でジギング | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

泉南から友ケ島周辺でジギング

2012/10/12 カテゴリ: CURTISジギング釣行記

白澤テスターより、9月に関西へ帰省された折にタチウオ釣行と共に行かれている、ジギング釣行でのレポートが届いております。是非ご参考下さい。


釣行日:平成24年9月16日

場所:泉南から友ケ島周辺 釣果:カンパチ1kg 1本、他にカサゴ                  

タックル:(ロッド)Silver Back S506MH

(リール)ソルティガ4000(ライン)ハードコアX4 2号(リーダー)48lbをFGノットで結節(ルアー)90150gのジグ


釣行記:泉南地区のライトジギング船で青物を狙いに行ってきました。タチウオは良く釣れていますが、今回の本命はメジロ。

さて、まずは、水深30mくらいの場所に、人工の漁礁が点在する船長お気に入りのエリアでスタート。大きいブリやクエまでも居着いてるそう!ハイピッチジャークで探っていると、いきなりゴンッ!合わせを入れる間もなく、リーダーからブツリ、どうやら型の良いサワラが回遊してるようです。このままバイトもなく、友ケ島周辺の漁礁に移動、やはりハイピッチのジャークで探ってるとゴンッ!

今度は思いっきり合わせを入れ、取り込んだのは1kgクラスのカンパチでした。このあと、鯛ラバでカサゴなどをゲットしましたが、大きい青物からのバイトはなくストップフィッシングとしました。

最近流行の近海ジギングですが、専門の乗合船が増加したこと、魚探やソナーを駆使して正確にピンスポット上に操船できるシステムが整ったことから、アングラーの数が上昇してるようです。特に、女性のアングラーを多く見かけるようになりました。

今回使用したロッドは、最近の近海ジギングのテクニックにマッチしたシルバーバックS506MH、びっくりする程の軽量感で疲れ知らず、100g程度のジグのシャクリ心地もよくリズミカルな操作ができてお気に入りです。まるでキス竿のように細いブランクスながら、どこにこんなパワーがあるのかと思えるくらいスパルタンで筋肉質なロッド。ティップまでXテープを巻き込み、ボートの際で右に左に疾走するターゲットに追従しやすい感じ。また、ジグのシャクリも軽く持ち上げるだけでジグを軽快にダートさせることができ、イメージもつかみ易い高感度も持っています。

これから、秋の深まりとともに、ターゲットの型が良くなってくると思いますが、このロッドなら近海の大物は難なく取り込めるでしょう。それに価格もリーズナブルです(笑)


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。秋も深まってきましたが、まだまだ釣りシーズン!!皆様も良い釣りを!(開発部 T)