磯釣釣行記「鱗V2インプレ 兵庫県家島でチヌ快釣!!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「鱗V2インプレ 兵庫県家島でチヌ快釣!!」

2012/10/09 カテゴリ: 磯釣釣行記

兵庫県姫路市在住でトーナメントなどで幅広く活動。アドバイザー丸井和弘氏より乗っ込みチヌの時期のレポートとなりますがゼロサム鱗V2を使用しての家島でのチヌ釣り釣行のレポートとなっております。ゼロサム鱗V2のロッドインプレが入っておりますのでロッドの参考になれば!!…是非ご参照下さい。


釣行日:平成24年5月20日

場所:兵庫県家島諸島 西島 渡船:すみえ渡船 TEL:-

対象魚:チヌ 天候/波/潮:曇/穏やか/-

釣果:チヌ3546

タックル:(ロッド)ゼロサム 鱗IM V2 1-530

(リール)シマノBBX HP3000(ライン)よつあみTUG磯1.5号(ハリス)よつあみGP21 1.2号(ハリ)土肥富マルトチヌ2号ウキ)-(エサ)配合エサ:マルキュー/チヌパワームギ2袋・ダッシュ1袋・チヌの道1袋 サシエサ:スーパハードチヌ


釣行記:去る5月20日に毎年恒例である、日本釣振興会主催の兵庫県民釣り大会に参加してきました。この大会は、みんなでワキアイアイと釣りを楽しみながらチヌ、真鯛、グレ、他魚の部等の1匹の長寸を競うものであります。私はチヌを対象魚としたので、前日にチヌのエサを作り当日に備えます。

当日は午前2時集合! 私達、兵庫県釣連盟をはじめ、各釣り団体のたくさんの釣り人で盛り上がっています。 そして、開会式を終えた後、私は家島諸島西島に向かう船に乗り込み4時に出船しました。30分程走ってから順番に磯渡ししていきます。そして最後に、私とグラブのメンバーの3人で西島のテッパン奥に渡礁しました。

この西島一帯はチヌの魚影は濃いので期待を胸に、ニューロッドのゼロサム鱗IMV2を持って釣り始める事としました。

まず手前に撒き餌を入れるが、エサ取りは少なそう。20メートル先に仕掛けを投入して全誘導の軽い仕掛けで3ヒロからタナを探って行くもサシエが残って帰ってくる。チヌは寄っていないが、エサ取りやフグもいないので、ポイントに撒き餌をドンドン撒いてチヌを寄せることにしました。そのままタナを探りながら同様に1時間程釣り続けると、突然仕掛けのラインが走り穂先にアタリ!

合わせるとゴン!ゴン!とチヌ特有の強い引きだ!!鱗V2鱗が綺麗に孤を描き、元気なチヌの引きを強靭なゴムのように、竿全体で吸収してくれる感覚がします。やり取りして、引き寄せて上がってきたのはポッチャリチヌの46である。 まずまずのサイズ。 

次は50オーバーの期待を持って釣り続けると穂先に軽いアタリの後、強く穂先を抑え込んだので合わせて、取り込んだのは32の真鯛である。お土産ゲット!

その後も頑張るも50オーバーは出ずに、3544のチヌを4匹追加して12時納竿とした。

 


会場に帰って検寸の結果、私は4位入賞で。各団体の方々との交流も深めながら楽しく過ごせた大会の一日でした。


今回使用した鱗V2の感想ですが、私自信、以前はイングラムチヌを使用し、イングラムチヌの完成度も、かなり高いと思い使用していたのですが、今回鱗V2を使ってみて、竿がまったくブレないのには感動ものでした。45の乗っ込みで重量のあるチヌも強靭なバネというより、強靭なゴムのように力強いチヌの引きをしなやかな弧を描いた竿がすべて吸収し、粘り腰のパワーで楽に素早く取り込む事が出来、またやり取りの最中でも全く竿がぶれないので、このサイズの元気なチヌの引きでも安心して、やり取りを楽しめながら取り込むことができた鱗V2ポテンシャルの高さに驚かされました。あまりに簡単に取り込め過ぎたので、チヌの引きを楽しみたいのなら0.6や0.8号のほうが良いかもしれませんね(笑)私は競技会などで使いたいので1号がベストです。


アドバイザーまるいかずひろ

…ご寄稿ありがとうございました。ゼロサム鱗V2のロッドの参考となれば!鱗V2ポテンシャルを更に引き出しての好釣果を期待しております。皆様も良い釣りを!(開発部 T)