磯釣釣行記「東伊豆でメジナ釣を堪能」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「東伊豆でメジナ釣を堪能」

2012/02/29 カテゴリ: 磯釣釣行記

今回はメジナ。多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、釣行レポートが届いております。是非ご参考下さい。


釣行日:平成24年2月11日

場所:東伊豆赤沢の平根

釣果:口太グレ2741cm 7尾 同行のメンバーが46cm

タックル:(ロッド)ゼロサム磯 弾IM V2 1.25号500

(リール)BBX2500(ライン)ハードコア磯2号(ハリス)パワーカーボン1.75号2.25号(ウキ)タイドマスターM/00


釣行記:クラブのメンバーなど6名で東伊豆へと釣行しました。今回のメンバーは全員がゼロサム使い!!でさしずめ『ゼロサム軍団の東伊豆初上陸!』でした(笑)

西風が吹く日が多く、東伊豆のポイント開拓も含めて、今回訪れたフィールドは伊豆高原の大室山からすぐ南にある赤沢港。こじんまりした小さなグループで釣行するにはもってこいの場所で、港から至近にある平根へ渡船で渡りました。このフィールドは平根に8名、古根に3名、中根に3名くらいの定員。すぐ後ろには国道136号線から見下ろす海岸があります。さて、今回渡礁した平根は足場は平らで抜群、水深も程良くあり、潮通しも満潮からの下り潮で割と切れの良い流れがありました。

足場の良い平根の磯


 この平根で沖向かいに5名、1名がゴロタが見える浅場からスタートです。開始早々に、ゴロタ場のメンバーに強烈なロッドの締め込み、何度かの締め込みを交わして上がってきたのは、型が小さいといわれる東伊豆では、まさにトロフィーサイズとでもいえるクチブトメジナ46cm!!でした。



私は船着きの沖向かいから、弾V2の1.25号500を使用して、穂先でラインテンションをとりながら、オキアミと同じ沈下速度の浮力設定したウキをゆっくりと潮に乗せ、沖に伸びるハエ根の底の際まで仕掛けを入れる作戦で狙いました。

この作戦がドンピシャで、まずは30cmジャストサイズが連発!そして36cmがヒットしました。潮が止まってから、しばらくは沈黙が続きましたが、今度は底潮がゆっくりとはけているように感じたので、さらに深く、そしてゆっくりと沖まで仕掛けを入れると、ラインに僅かな変化が出たのでゆっくり張るとゆっくりとラインが出ていきます。こんなセンシティブかつクレバーな攻略法では、新しく採用したティップは絶妙な感度。強烈なアワセを入れると今までと違う重量感、ためているだけでイージーに上がってきたのは41cmのクチブトメジナでした。

絶妙な沈下速度で仕掛けを入れ込むには、まさに最高の感度を持ったドンピシャのロッドです。弾V2がますます気に入りました。

この日はクラブ員達と、楽しい釣行となり、私は放流サイズも入れて11枚のメジナをキャッチしました。


それにしても東伊豆の磯も素晴らしいポテンシャルを感じることができました。今回攻めたポイントの攻略法などはハローフィッシングさんの東海版でご紹介しますので、また是非ご覧になって下さい。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。東伊豆の磯も良いですね…皆様も良い釣りを!(開発部 T)