驚愕!三宅島とロッドのポテンシャルを再確認! | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

驚愕!三宅島とロッドのポテンシャルを再確認!

2011/12/26 カテゴリ: 磯釣釣情報釣行記

巨魚のメッカ三宅島にて驚愕の獲物が地元釣師により捕獲!との嬉しい報告が「民宿夕景」当社アドバイザー沖山勝彦氏より飛び込んできました。是非ご参照下さい。


釣行日:平成23年12月23日

釣行場所:三宅島 地磯にて タックル:(竿)ゼロサム磯 尾長タイプ500 (ハリス)7号


釣情報:伊豆七島の離島で尾長メジナのメッカ三本岳への渡船基地として有名な三宅島。

季節風が強まり、渡船率が下がるこの時期、地磯でも尾長メジナの50cm級をはじめ他地域の離島なみの釣果が得ることができる夢の島である。

今回は三宅島在住の尾長タイプユーザーによる驚愕の釣果を紹介したい。

今回の獲物…106cm、10.9 オオカミ(シマアジ)


使用されているロッド、ゼロサム磯尾長タイプ1は離島における厳しい釣り環境に対応するために必要となるスペックを備えるため三宅島においてテストを繰り返し完成を迎えた竿である。今回詳細についての説明は省くが、離島の沖磯における大物狙い、地磯における中型狙いの両方に対応しつつ、強い風、速い潮など刻々と変わっていく自然条件のなかで釣り人が使いやすいということをコンセプトにしている。おかげさまでこの竿は当宿を訪れる東京都内在住のお客様や三宅島の地元釣り師の多くに愛用されている。

この魚はここ最近好調の三宅島東部の地磯で夕方に仕留められた超大物!尾長メジナのシーズン開始の12月、数年に一度このようなダイナミックな釣果に出くわすことがある。私自身も数年前に8を超えるシマアジを仕留めたことがあるが10.9kgの獲物はそうそう出ないし生半可な事では獲れない。

今回捕獲に成功した釣り人本人のコメントによると、

「必死にスプールを押さえながらも100mほど沖に走られ、そこから徐々に寄せて何度か根に潜られながらも、とにかく竿の力で引っ張った、竿がのされることなく、7号ハリスを信じて引き寄せられたことが勝因」

とのこと。尾長メジナのみならず5以上の不意の大物が掛かった際でも、力一杯勝負することができない竿では離島の釣りは成立しないということを再認識したそうです。

「夕景」HP、記事へのリンク…http://www.yu-kei.com/2011/12/post_704.html


おきやまかつひこ

…情報ありがとうございます。心に残る圧巻の1本ですね!尾長タイプのポテンシャルの高さを誇れる1本でこのような獲物が捕獲出来た事を大変嬉しく思います。さらなる夢の釣果をこれからもお待ちしておりますね!(開発部 T)

「民宿夕景」のホームページには羨ましいばかりの釣果と民宿、渡船の紹介、釣況などなど…三宅島の情報が豊富に掲載!下記が、HPアドレスとなっておりますので、是非ご参考下さい。

民宿「夕景」HPはこちら