磯釣釣行記「日振島 クラブAFGカップ。V2でグレ快釣!!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

磯釣釣行記「日振島 クラブAFGカップ。V2でグレ快釣!!」

2011/12/21 カテゴリ: 磯釣釣行記

高知県土佐市在住、磯釣りが大好きで四国西南部がホームグラウンド。グレ/チヌ/イシダイをメインターゲットにトーナメントや離島遠征など四季に応じた磯釣りを積極的に楽しんでおられ、若手の育成や釣り場ポイントの開拓にも力を入れて幅広く活動されておられます、当社アドバイザー楠瀬 章広氏より釣行でのレポートが届いております…是非ご参照下さい。


釣行日:平成23年12月18日

釣行場所:愛媛県日振島13番南 渡船:浜崎渡船

対象魚:グレ

タックル:(竿)ゼロサム磯 弾IM V2 1.75号530

(リール)ダイワトーナメントZ 2500LBD(ライン)東レスーパーストロングNEO1.75号(ハリス)東レハイパーガイアXX1.75号(ハリ)オーナー速手グレ6~7号(ウキ)ハイパーレスキュー0号


釣行記:はじめまして、アドバイザーの楠瀬です。今回はクラブAFGの大会に参加させて戴き、愛媛県日振島へ釣行してきました。


このAFGは宇崎日新のテスターでもあった故青田佐努司氏が、磯釣りのしきいを低くし、もっと磯釣りの愉しさを知ってもらうきっかけとなればと…考え、立ち上げられたクラブであり、私も大変お世話になった方でもあります。当日は今年一番の寒気で外気温は0度と寒い釣行となりました。

さて、大会の参加者は今回50名。でクジを引くと19番、渡船では最後から2番目でした。残り物には福があるかもと午前6時にグレの宝庫である日振島へと出船。前日からの強風が残る中、午前7時過ぎに日振13番南に2人で渡礁しました。私は南向きに釣り座を構えるも、風が強い!おまけに上り潮の激流で仕方なく西向きの底物場で開始しました。

このポイントは正面から風が吹くところですが、本流に引かれる潮がありました。なので今回は足下にマキエサを入れ、仕掛けをサラシに乗せ前に出す作戦をとります。

ウキ下は2.5ヒロに設定し数投目にゆっくりとウキが入る…さらに送り込み竿先で聞き合わせを入れると…重量感たっぷりの引きがロッドに乗りました!!粘強設計のロッド、弾V2が、矯めていると強靱な粘りで魚を浮かせてきます。グリップも滑りにくく、魚の突っ込みにもグリップ力はバツグン。48cmをゲットです。弾V2はバランスと操作性が非常に良く、素早く魚を浮かせるパワーを実感出来るロッドです。

次も同じポイントで40cmオーバーを数匹追加。しかし、やがてエサ取りも増えて同じポイントでは釣果が持続しません。そこで風の弱まる間隔をみて、さらに遠投する事にします…すると1投目からアタリがでます!!ここから45cmを頭に連発ヒット!やはり沖にもマキエサは効いています。今度は3540cmまでと型が落ちてきました。グレの活性が上がってきたのでしょう、同サイズが入れ食い状態です。しかし活かしバッカンが満タン状態で30cm級はリリースです。

やがて納竿時間となり午後1時に納竿。これだけ釣れれば十分です。

今の日振島は好調で上位入賞者は50cmオーバーを釣り上げていました。大会の結果は、上位入賞は出来ませんでしたが楽しい一日となりました。

アドバイザーくすのせあきひろ

…ご寄稿ありがとうございました。日振島好調のようですね!本格的なシーズンです。皆様も良い釣りを!(開発部 T)