カワハギ釣行「千葉県でボートでカワハギ!」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

カワハギ釣行「千葉県でボートでカワハギ!」

2011/12/01 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

今回はカワハギ!!多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられます白澤テスターより、釣行レポートが届いております。是非ご参考下さい。


釣行日:平成23年11月12日

場所:千葉県 岩井海岸

対象魚:カワハギ

釣果:カワハギ20cm級7枚

タックル:(ロッド)レオパルドカワハギM180  

(ライン)スーパースムース1号(ハリス)HDカーボン極上船ハリス3.5号(仕掛け)専用集魚板、キラビカ中オモリ、専用フック5号


釣行記:最盛期突入の感があるカワハギとアオリイカのリレーで岩井から勝山にかけてをボートランガンしてきました。

まず早朝は、エギングで水深15mラインから開始、ときおり小さなバイトがありますが、アオリイカの個体が小さいのか、ヒットしない状態が続きました。まずは友人がコロッケサイズでバイトを拾い、私は底をネチネチと攻めて良型の甲イカをキャッチ。しばらくして、トンカツサイズのアオリをキャッチしましたが、とにかくシイラが多いです。エギに何度もバイトしてくるほどでした。水温が22℃もありましたので、もう少し水温が低下したら爆釣のチャンス大です。

潮止まりを迎え、今度はカワハギ狙いへ切り替えです。いつものポイントへ、さすがは関東一の人気魚種で、カワハギ狙いの乗合船が凄いですね。水深12mくらいの比較的浅いポイントですが、数が出るので楽しみです。仕掛けをセットして、エサを着底させると、さっそくアタリ、釣れてきたのはワッペンサイズのカワハギでした。

この日はワッペンサイズ5尾に20cm近いのが1尾くらいと、良型サイズの確率が低く、またベラなどのエサ取りが多かったように思います。ややタナを上げて釣るのが正解だったと思います。

エサを打ち込む回数を重ねるごとに、アタリは反比例して「小さな」から「かすかな」へと変化していきます。それでも、レオパルトカワハギはどんな釣法にも応えてくれ、かすかな魚信でさえ、アングラーに伝達してくれます。

今回は20cm級が7枚と、厳しい釣果となりましたが、ナギの海で楽しい釣りを堪能させて頂きました。豊穣な房総の海に感謝です。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。皆様も良い釣りを!(開発部 T)