タチウオ釣行「大阪府岸和田一文字」 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

タチウオ釣行「大阪府岸和田一文字」

2011/11/07 カテゴリ: ARES波止釣/その他釣行記

今度はタチウオ!!現在は千葉方面で精力的に活動中ですが、白澤テスターのもともとの地元は関西。今回は関西に帰省されてタチウオ釣行に行かれた、釣行レポートが届いております。是非ご参考下さい。


釣行日:平成23年10月31日

場所:大阪府岸和田一文字

釣果:タチウオ 10本

タックル:(ロッド)アレス ANIMA SB ANSB-906ML

(リール)シーゲートライト3500(ライン)Xワイヤ2.5号 リーダー パワーカーボン3-4号(ルアー)ワインド:ZZヘッド1/2 oz、マナティ、EZダート  メタルジグ:ソルティーベイト2030g


釣行記:5年ぶりに岸和田一文字へ渡りタチウオを狙いで釣行しました!!

それにしても平日なのにすごい人でびっくりしました。関東では、堤防からタチウオが狙える場所は皆無ですから羨ましいかぎりです。私がチヌの落とし込みで昔通っていた時は手前の赤灯台くらいしかありませんでしたが、沖一文字は潮通しが抜群ですね!一段低い場所から潮目を除くと、50cmくらいのグレが見えました。また、南方系のソウシハギが水面まで現れ、これも温暖化の影響でしょうか、それにしても昔よりも水質が改善されたのは間違いないですね。

さて、今回はサゴシやメジロなどの青物も狙えるということで早朝便の真っ暗な中に沖一文字へ渡りました。ロッドは愛してやまないアレスのANIMA の906MLです。このロッドはシーバス用に設計されていますが、バット部分が4軸カーボンでしっかりと作り込まれており、パワーもありますので、ワインドや軽量のジグキャストにもぴったりです。もし70cmオーバーのメジロが掛かったとしても十分に取り込めますし、ジグのアクションもティップで思うままに調整できるのでタチウオにもピッタリです。

さて、まずはジグヘッドにダート系のワームを装着して投入、時折ジャークを加えると早々とバイト!しかし、アレ?軽い?リーダーからプッツリ、次はダート用のジグヘッドにワームを装着、バイトはあるものの全くフッキングしません。おまけにリーダープッツンで3つも仕掛けをフイにしてしまいました。ワームも一投づつにボロボロにされ、魚影の濃さはハンパないです。しかしここまで10バイト以上でノーフィッシュとテンション下げ下げです(泣)えい、最後の手段にセレクトしたのは横引き系のメタルジグです。超遠投して、ハイピッチでジャークすると、バックフォール時にゴツゴツコツンと早々とバイト、一気にフッキングすると嬉しい生命感で上がってきたのは、2本半くらいのレギュラーサイズのタチウオをこの日初ゲット!この後メタルジグを使って10連チャンでキャッチしました。日が昇ると、全くバイトがなくなりストップフィッシングとしましたが、楽しい帰省でのひとときとなりました。

年末までタチウオが狙えるそうですが、やっぱりリーダーはワイヤーを使いたいですね。また、根掛かりの心配がないので、リアにトレブルフックを付けている方が効率よくフッキングできます。そして水面近くまで追ってきているので、ピックアップまで気を抜かないようにしたいもんです。

ANIMAはシーバスだけでなく、ワインドにも軽量ジグのキャストにも使えるので、釣行には必ず一本は持っておきたいロッドになってますよ。


テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございました。大阪帰省での釣り、楽しかったようですね。タチウオはまだまだいけそうです!皆様も良い釣りを!!(開発部 T)