夏磯!!鹿児島県鷹島 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

夏磯!!鹿児島県鷹島

2011/07/29 カテゴリ: 磯釣釣行記

白澤テスターより、鹿児島県 鷹島にて行ってきました!!との釣行レポートが届いております。是非ご参照下さい。


釣行日:平成23年7月12日

釣行場所:鹿児島県 鷹島5番

タックル:(竿)ゼロサム磯 尾長タイプ1 500

(リール)4000番(ライン)ハードコア磯5号(ハリス)パワーカーボン5号6号(ウキ)アルティマロックナイトL/0G2



釣行記:夏磯ですね!九州で夏といえば、人気の釣りがシブダイ釣りやフエフキダイ(通称タマン)釣りです。今回は、これらのターゲットをメインに、下甑島から更に南西約25kmに浮かぶ絶海の孤島、鷹島へとアドバイザーの浦崎さんと狙いに行ってきました。

使用するロッドは、ゼロサム尾長タイプ1で、こういった離島の夜釣りでは、どんなモンスターが出現するのか?どこまでのモンスターまで耐えられるか?楽しみが倍増します。

渡礁したのは、船長お勧め、通称5番のカドで、まずはコマセにイワシのブツをパラパラと投入、サシエはキビナゴを使用します。浦崎アドバイザーは早々と黒点のシブダイを数投目にゲッチュー!!私はロックナイトの0を潮に載せながら、ゆっくりと沈めて底近くまで探る作戦…

数投目に完全に沈めて底近くまで入れたラインが張り、わずかにテンションをかけると、一気にロッドが引ったくられ、強烈な引きを凌いで取り込んだのは2.4kgのフエフキダイでした。その後、小型のフエフキや高級魚のメイチダイなどと遊び、再び強烈なアタリで取り込んだのは先ほどよりも僅かに大きいサイズで2.6kgのフエフキダイで

した。アタリは鮮烈、引きは沖へ沖へとパワフル、まさに薩摩隼人のような一本気なターゲットです。しかし尾長タイプ1ではこの程度のターゲットは露払い程度、もっと大きな魚、そしてもっと馬力のある獲物よ来い!!と、ますます欲が出ますね。



今回、フエフキダイを初めて本格的に狙いましたが、コツはエサの付け方(目玉を抜いて、腹から背中にまっすぐハリ先を抜く)と、コツンとアタリがあってから、わずかにテンションを掛けるタイミングがキモとなります。


グレだけでなく、夏の夜の楽しみはズバリ、「何が来るかわからない」からこそ絶対に尾長タイプ1です


テスター しらさわ まさき

…ご寄稿ありがとうございました。尾長タイプ1は「何が来るかわからない」ドキドキを強力にサポートします!!皆様も良い釣りを(開発部 T)