東伊豆沖磯釣行記 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

東伊豆沖磯釣行記

2011/07/01 カテゴリ: 磯釣釣行記

東京都在住でTeam BMTとして幅広くご活動されておられ、磯釣り大好き!池角昭智様より東伊豆でのチーム例会での模様をご投稿頂きましたので掲載させて頂きます。是非ご参照下さい。


釣行日:平成23年6月18日/19日の2日間

釣行場所:東伊豆

タックル:(竿)ゼロサム磯 競技タイプ500


釣行記:この時期の天候は安定しないし雨、風、ウネリでなかなか釣行出来ない季節です。そんな中、6月18日(土)と19日(日)の2日間でチームの例会を23名で開催しました。

今回のメンバーは来週に控えたシマノジャパンカップセミファイナリスト4名と例会のみ参加する方や台湾の方まで幅広い磯釣り大好きメンバーで構成されています。

18日は東伊豆(須崎)沖磯一帯を貸し切っての例会です。ルールは25cm以上5尾の総重量で競います。事前の予想ではかなりの小サバが回遊していて交わしながらの釣りになる予想でコマセワークが重要です。私が乗った磯は田ノ浦という磯で3名で上礁しました。

やはり開始から小サバの嵐で交わしても交わしきれないほどの数です。5尾のキーパーは容易ではありません。AM8時頃に沈み根周りを探っていくと今までにない強いアタリが・・・・・ハリス1.5号ではハエ根が不安でしたそこはロッドがお手伝い。ゼロサム競技タイプで強烈な引きと不意な突っ込みにもラインを送り出すことなく、ロッドの胴で竿を立たせ、魚を浮かせます。まずはなんとか44.5の口太を獲ることが出来ました。


初日は1位の釣果で終了することが出来、宿では表彰式と釣り話に盛り上がりました。

19日は南伊豆(石廊崎)沖磯一帯での釣りです。私は地磯に近い浜島へ上がりました。水深はあるのですが潮の流れが安定してないのかメジナの姿が見えません。8時半を過ぎたころに待望のアタリがきました!ドッシリとした重量感がロッドに伝わってきます。今日もハリスは1.5号です。ここもハエ根がキツイ釣り座ですがロッドを信じてのやり取り。

姿を見せたのはマダイ。51.51.6Kgの綺麗なピンク色!

結局、2日目はメジナ0尾で終わりましたが竿の性能を感じ取れた釣りでした。


今回の例会は何とか天候にも恵まれ怪我なく終えることが出来ました。

来週はシマノジャパンカップセミファイナル出場者が4名もいるのでTeam BMTから何名の方がファイナルに行けるのかが楽しみです。(翌週に行われた結果、クラブの柳田氏が見事ファイナルのキップを手にされております)

Team BMT いけすみあきとも

…ご寄稿ありがとうございます。ファイナル出場おめでとうございます。競技タイプを駆使してのさらなるご活躍を楽しみにしております。池角様がご活動されているBMT SPORTSクラブやTeam BMTの活動が下記のブログやHPに掲載されていますので。こちらのページも是非ご参考下さい皆様も良い釣りを!(開発部 T)


BMT SPORTS FISHING

BMT SPORTSクラブ