良型アオリイカ爆釣モード! | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

良型アオリイカ爆釣モード!

2010/05/08 カテゴリ: ARESエギング釣行記

白澤テスターより、アオリイカ好調、2.3kgゲットとの釣行レポートが届いております。是非ご参考下さい。

釣行日:平成22年4月29日

タックル:(竿)アレス ドリームスDEEK DRD-806ML

(ライン)スムース0.8号 リーダー パワーカーボンエギング2号(エギ)アオリーQ RS3.5号 フラッシュダンサー3.75号


釣行記:いよいよ春の親イカシーズンですね。私の住んでる千葉県房総半島は、アオリイカの魚影が濃く、この時期は運がよければ2kgクラス、オデコはほとんど皆無というくらいです。

今回は、その房総半島にあってボート釣りのメッカといわれる館山湾へ釣行してきました。館山湾でも、浜田から波佐間にかけては、洲崎の岬が西へ大きく張り出しているため、南西風が強くても十分釣りが楽しめるエリアで、南が吹き出すこのシーズンにとっておきのフィールドです。中でも波佐間の沖は、複雑な根もが点在していて、潮流も速く、デカイカが狙えるスペシャルポイントです。

使用したロッドは、ティップがソフトで、パンチバイトも感知でき、微妙なノリを誘えるドリームスDEEKです。期待を込めて第1投、そして第2投、あれっ?弟子の飯沼君が早くもヒット!サクッとキロオーバーのアオリイカをゲッチュー。

根の際で移動させないジャークを繰り返していると、いきなりドスン!ジィーとドラグを鳴らしながら上がってきたのは、本日最大の2.3kgの男の子アオリでした。

結局、釣れるわ乗るわで3時のストップフィッシングまで二人で16パイ、合計重量が12kgと重量感だっぷりの釣果となりました。

今年は、抜群に型が良く、3キロオーバーも夢じゃないと思わせるほどです。

さて、今回の釣行で有効だった誘いですが、潮流が早いので、底取りをした後、大きくシャクリを入れ、ラインテンションをかけたままゆっくりとフォールさせ、底付近で細かなバイブレーションのようにロッドティップだけの微妙ななジャークをかけてゆっくりと聞いてみるのがヒットパターンでした。

そんな微妙な小技にも応えてくれる、DEEKは手放せないロッドです。

くわしいレポートはつりそく関東版にて掲載しています。

テスター しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございました。春のアオリイカシーズンに入って来ました、今年はどんな状況になるのか!?これからの釣果も楽しみですね