のべ竿でメバル釣り | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

のべ竿でメバル釣り

2020/01/17 カテゴリ: 釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

 

12月も終盤のある日、朝方の冷え込みはきついが、お日様が昇るとまだまだ暖かいい日が続き、チヌ釣りがいいかメバル釣りにするか悩む日が多くなってくる。

だがこの時期のメバルは一番美味しいので、煮付けサイズを狙いにメバル釣りに出かける事にした。

12月某日、天気予報は小雨模様のマークがついているが、風は北風2mと弱い。欲を言えば竿を出している時だけでもなんとか雨が降らない事を願って、午前4時豊浜新堤に向け車を走らせた。

だが、河和港を越えた辺りからポツリポツリとイヤな粒が窓ガラスに当たってきましたがこのくらいなら強行です。

 

小雨の降る中、午前4時40分頃到着。駐車場にはすでに数十台の車。このところアジが良く釣れている話は聞いていたのでほとんどの釣り人はアジ狙いのようだ。

本日はメバル狙い、まだメバル釣りの人気がないのか長竿は私のみなので、ポイントが空いていたのはラッキーであった。

早速タックル準備に入ろう。竿は、NISSIN ロングレンジメバル輝11m。

その竿先にケミホタルを取り付けオモリはナス型1号の3本針胴付き仕掛けとした。

モエビを3本針に尾羽をカットして第2関節から針先を出してセット完了。

まずは沖目に向かって投入。仕掛けが沈むにつれケミホタルも海中へと沈んで行くが淡いブルーがハッキリ見えている。

すなわち海水がスケスケと言う事だ。

はたして本命メバルは釣れるだろうかと思いながら10分、20分と時間だけが進むが未だ一向にアタリがでない。

仕掛けを上げてエサを確認するがモエビはいたって元気そのものだ。

仕方なくポイントも右に移動し違う根を探ったり、上下に誘いを入れたり、仕掛けを一定の高さをキープし待ちの釣りにしてみても一向にアタリが出る気配もないまま、とうとう1時間が経過してしまった。

まだ早いのかと気持ちが滅入っていた時だ、竿先にプチッ!と言った小さな動きが11m穂先から伝わって来た。

そのままの高さをキープしていた時、鮮明なアタリが出た。

そうそうこのアタリに竿先は海中に突き刺さった。

かなりのパワーで竿が弧を描いた。メバルにしては大きなアタリだ。

引き込みに合わせて弱るのを待っていると、徐々に浮いてきたが、重い。

メバルなのかまだ暗いのでわからないが、ラインを手にしてゆっくり上げてくるとなんとドデカメバル。

23㎝のハラパンのメバルが堤防に上がった。

P1110037

よく引いたはずだと感心してしまった。

すぐにモエビを付けて投入。

するとすぐにアタリが、今度は21㎝がヒット。

この時点で時合い真っただ中と思い手返し重視で投入とした。

豊浜の場合食い気のある時に釣らないと明るくなった瞬間にジアイが終了となるケースが多いので、まだ暗いうちに数を伸ばそう。

そしてアタリがピタリと止まった時はすでに東の空が明るくなってきたのでやはりこれまでかと思いながらも最後の1投と決めて投入。

最後の1尾と願い誘いをかけると竿先がいきなり走り出し強い引きに変わった。

メバルではないような引き込みだ慎重にゆっくりと浮かせると何やら長細い姿が、仕掛けが切れない事を願いながらラインを手繰り寄せるとなんと良型アジが3匹も針掛り引くはずだ。

P1110043

再度投入したが、残念その後1度のアタリも出ないまま納竿とした。

良型メバルが釣れ出したことは確かだ。

これから先希望を持ち豊浜新堤に足を運ぶことと思います。また次回は釣れるだろうを夢みて豊浜新堤を後にした。