間賀島西港へ落とし込みのチヌ狙い! | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

間賀島西港へ落とし込みのチヌ狙い!

2019/09/23 カテゴリ: 釣行記

 身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、今回は間賀島西港への釣行レポートが届いております。

是非ご参照下さい。

 

毎日、毎日、猛暑が続きとうとうカラス貝まで死滅する事態になって来ている.

ここまでくると落とし込みのエサはフジツボに変わりつつあるようだが、まだまだ探せば多少だが使えるカラス貝はあるはず。

途中の港に立ち寄り何とか探して好調の日間賀島西港へ釣行だ。

 

9月某日休みを利用して今回は日間賀島西港へ落とし込みのチヌ狙いで釣行したが、イガイを探して各港に寄っていたので1番船に乗り遅れ2番船となってしまった。

この日の潮周りからして1番船に乗らなければ朝一のジアイを逃してしまう事になる。まっ!エサが無ければ釣れないので仕方ないか。

ただ、本日は季節風が強いので西港では竿が出せない状態。こんな事もあろうかと今回は新井浜の方へまっしぐらだ。

ここの港にも台船が3台あるのでこの台船狙いで何とかチヌが釣れるといいなぁ~と皮算用して2番船に乗り込んだ。

西港到着したが、さすがにこの強風、釣り人はいない。

足早に新井浜の方へと歩き進む。

10分後現地に到着した途端驚きましたね、漁船がすべて港に係船していました。

そうなのです、この風で今日は漁がお休みとの事。

台船回りには、係船されている漁船のロープが数本はってあり竿が出せても仮にチヌが掛かった場合どうやって取り込むかです。

こんな状態で果たしてクロダイが釣れるのでしょうか?

ここまで来て釣れないから帰りましょうではつまらないので、何とか竿出しを決定。

朝の時合いはすでに終了しているのか半信半疑でロープとロープの間に振り込んでみます。

目印2mがゆっくり沈んで行くとき、1m程沈んだ目印が止まりました、アタリです。

釣り人の性でアワセを入れるといきなりのパワー炸裂です。

これは落としたところが悪かったようだ、ロープをくぐり船首にましっぐらあっという間にラインブレイク。1.5号がいとも簡単に切れてしまいました。仕掛けを作り直して何とか取り込みが出来そうな所をと思うのだが、そんなところはアタリすらありません、ここならどうだと落とし込むと、コツンと底アタリ! 少々引きを楽しんだものの最後はプチッ!で終了。

なんとかしなければボーズで帰還となります。

陽も上がりもう時合いも無くなりそうなので、最後の手段としてハリス1.5号をそのままリールに巻きハリス直結にて落とし込んでみた。

刻々とジアイは遠くなりだしたのか、アタリは出ない。

最後に休ませていた台船に落としてみると竿先がおじぎをした小さなアタリをキャッチ。

アワセを入れるとしっかり針掛りを確認。

グイグイとパワーは強い。

だが、穂先までラインが巻けるので何とかなるを信じてのやり取りを開始。

ロープで竿先が当り折れるのを回避するにはラインを出す。

出せばラインブレイク、その瀬戸際ギリギリのところで耐える事数十秒、姿が見えてきました、

これならとれる!久しぶりに必死になってしまいました。

そして浮かせればこちらのものです、タモを伸ばしてフィニッシュ!

43㎝が何とか上げる事が出来ました。

IMGP1893

今回使用した竿は、NISSINプロスペッククロダイ4.5m 道糸 サンライン落とし込み黒鯛マークウイン2.5号 自作目印20㎝ピッチ2.5m

ハリス サンラインVハード1.5号 ハリ 土肥富マルトチヌ5号

IMGP1897

なかむら てるお

 

…ご寄稿ありがとうございました。

チヌの釣行レポートありがとうございます。

また、釣果情報おまちしております。

(営業部 宇崎)