西伊豆の沖磯&地磯で良型グレ連発! | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

西伊豆の沖磯&地磯で良型グレ連発!

2019/04/04 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられますT&Aの白澤様より、,ZEROSUM 磯 競技 X4,ZEROSUM 磯 真 X4

を使用してのインプレが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2019/3/30

天 候:-

波  :-

潮  :小潮

釣り場:西伊豆 仁科

渡船:仁科 恵漁丸 様 

対象魚:

グレ46㎝1尾、40㎝~41㎝2尾、34㎝~38㎝4尾、マダイ41㎝1尾

     外道にサンノジ、アイゴ

使用ロッド:ZEROSUM 磯 競技 X4 500

     ZEROSUM 磯 真 X4 1.5-500

使用リール:トーナメント競技

使用ライン:(道糸)1.75号~2.25号

:(ハリス)フロロ1.75号~2号

ウキ :遠投タイプM/0~00

釣行記

こんにちは!T&Aの白澤です。

今年の西伊豆は好調をキープしたまま、乗っ込みシーズンへと季節を変えました。

渡船店では46㎝以上のグレを釣り上げると無料渡船券がもらえますが、今シーズンは19枚の釣果で50㎝以上のグレも3枚釣り上げられ、仁科の磯は良型ラッシユでした。

今回は最近メキメキと腕を上げている息子と二人で仁科の磯を楽しんできました。

渡礁したのはヤゴベイという仁科地区の一級磯で、どちらかというと上り潮で好釣果が望める磯です。渡礁直後は上り潮が差し、エサ取りも寄ってきていないため、上り潮に潜り込ませた仕掛けで、息子が愛用するZEROSUM 磯 競技 X4がきれいな弧を描きます。

画像1

上がってきたのは40㎝ジャストのグレでした。

潮が緩みエサ取りが激しくなるまで、外道交じりで良型グレが散発ヒットし、引きを堪能しました。潮が止まると、エサ取りが激しくなり、タフな釣りを強いられますが、一瞬の潮の変化を読み取り、潮目へと入れた息子のロッドが再び強烈な弧を描き、取り込んだのは41㎝で、この日最大のメジナでした。

画像2

房総半島なら文句なしの好釣果なのですが、

画像3

こは良型グレがそろう名高い西伊豆の磯です。さらに良型を目指して夕方のワンチャンスは地元ロコアングラーTさんの案内で、一押しの地磯でダブルヘッダー開始です。

私は日没までアオリイカをエギングで狙いました。超遠投したエギを、移動距離をできるだけ短く、スラックジャークでネチネチと海藻帯の周辺を探ると愛竿のアレスに強烈なバイト!取り込んだのは960gの良型でした。

この後、もう一杯追加して磯際に潜む大グレ狙いスタートです。地元のロコアングラーのTさんはこのポイントで得体のしれないデカバンに何度も煮え湯を飲まされているだけでなく、超大型コショウダイや石鯛の釣果の他に磯際から喰いあげてくる50㎝クラスの巨グレを何度も目撃した磯際で、仕掛けをへチにベタベタでじっくりと攻めています。

息子も同じポイントを攻め、私も仕掛けのセッティングに取り掛かろうとした瞬間、息子が使用していたZEROSUM 磯 真 X41.5-50が強烈な弧を描きました。獲物は周辺に点在している沈み根の間へと強烈に突っ込もうと抵抗しますが、ロッドのバットがそれを許しません。ラインを1㎝たりとも出さず、ZEROSUM 磯 真 X4をためていると漆黒の闇に浮かび上がってきたのはこの日一番の大物となる46㎝のクチブトグレでした。

画像5

港から歩いてたった5分の地磯でこれだけの大物が潜んでいる西伊豆の磯、恐ろしです。

帰宅は夜遅くになりましたが、今日の主役は息子とZEROSUM 磯 真 X4ZEROSUM 磯 競技 X4でした。

今日の反省を振り返り、釣った獲物で親子で一杯、楽しい釣り談義で夜は更けていきました。

西伊豆では、渡船でチャレンジする名礁だけでなく、たくさんの地磯もあります。これから、腹パンのデカバンが狙えるチャンスですので、皆さんも是非挑戦してください。

 

しらさわ まさき

…ご寄稿ありがとうございました。

まさかの地磯で46センチのグレとはお見事です。

また、次の釣果も期待しておりますね。

(営業部 高木)