釣り情報 | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

牟岐津島での磯釣り 第三弾

2019/01/21 カテゴリ: 磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&A三原正樹氏より、

ゼロサム磯真X4を使用し、牟岐津島での磯釣り

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2019/1/19

天 候:晴れ

波  :無し

風  :北西

潮  :大潮

釣り場:牟岐津島

渡船:馬場渡船

対象魚:グレ

使用ロッド:ゼロサム磯真X4-1.25-500

使用ライン:(ハリス)クレハシーガーGMFX 1.0〜1.5号

使用ハリ :鬼掛け浅層グレ3〜5号オレンジ・浅層速掛グレ

使用配合エサ:マルキューV9徳用・2袋 V11・2袋

サシエサ:マルキューくわせオキアミSP-M スーパーハードM

釣行記

今年3回目釣行で牟岐津島に行って来ました!

今日の船クジは16人中3番で大バエ東に釣友と2人で上がる事ができました。

今回もタックルは粘り、捻れに強く、操作性に優れ、持ち重り無く風が強い日でも1日快適に釣りを楽しめるゼロサム磯真X4-1.25-500をチョイスしました!

ハリスは強くてしなやかなシーガーグランドマックス1.5号ハリは食い込みが良くハリ掛かりもバツグンの鬼掛け速掛けグレ5号オレンジを使用、ウキ0ガン玉G5を1個打ちスルスルで様子見です!

2

潮は右から左へゆっくりと流れています!

マキエを手前に打ちサシエを合わせ第1投、無反応ですがサシエがとられています!

それからもサシエはとられますがウキにまったく反応無く苦戦?

作戦変更、ウキをSサイズ0、ハリス1.2号2ヒロ半、ナマリ無し、ハリ4号、で再挑戦!

するとすぐウキが海中へゆっくりと引き込まれ軽く合わせるとギューンとグレらしき感触?

左右に走りますが余り暴れず海面に35cmオーバーのグレが浮いてきました。1

釣り開始から3時間程でやっと1匹ゲット!

それから納竿迄にどうにか35〜43cmグレ5匹とまずまずで1日楽しく釣り仲間と過ごせました。

今が旬のグレさん、牟岐のグレは最高に美味しいく絶品!

釣りは楽しいな〜

 

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

いよいよグレのシーズン突入ですね。

これからのレポートを楽しみにしております。

(開発部 高木)

愛媛県由良半島での磯釣り

2019/01/21 カテゴリ: 磯釣釣行記

高知県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの楠瀬章弘氏より、

愛媛県由良半島でZEROSUM 磯 真 X4を使った磯釣りレポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2019/1/16

天 候:晴れ

波  :2m

潮  :小潮

釣り場:愛媛県由良半島 小猿島のハナ

対象魚:口太グレ40~50cm(6匹)

利用渡船:みなと屋渡船

使用ロッド:ZEROSUM 磯 真 X4 1.5号 500

使用リール:シマノBBXハイパーフォース3000DXXG

使用ライン:(道糸)バリバス バーマックス磯VLS2号

      :(ハリス)バリバス バーマックス磯ゼロハリス2号

使用ハリ:オーナー速手グレ7号

サシエサ:オキアミ生・オキアミボイル

釣行記

最近好釣果が上がっている由良半島へ釣行してきました。

20190116_144749

当日は、前日の雨上がりで爆風状態、狙いの磯には上がれず船長の薦めで小猿島のハナに上がりましたが、ここも左右からの風が強い。

ロッドはZEROSUM 磯 真 X4 1.5号 500で狙います。

このロッドは強風でも操作性が良く仕掛けのコントロールが楽です。

数投目、ラインが走るアタリ、重量感のある引きでロッドは曲がり込むのにゆっくりと魚を浮かせてくれ45cm。

風は弱まることなく吹きつけ、一瞬の風が弱まるタイミングを狙って仕掛けを投入する状況でポツポツと40アップを4匹ゲットし、体力温存のためお弁当タイム。

お弁当も食べてるうちに美味しそうなおかずが飛ばされる状況。

納竿まであと3時間、相変わらずの強風で竿先は水中に入れアタリをとる状況で、数投目に今までより強い引き、風と魚の引く方向が逆でもZEROSUM 磯 真 X4は捻れることなく魚を浮かせ

50cmの丸々とした口太グレをゲット。

結果、全てが40アップで40~50cmまでを6匹釣ることが出来ました。20190116_143241

この条件下でもZEROSUM 磯 真 X4は操作性が良く曲がるのに魚を浮かせ非常に楽でした。

皆さん次回の釣行にご期待下さい。

 

くすのせ あきひろ

…ご寄稿ありがとうございます。

悪条件の中でも40~50cmまでを6匹とは見事でしたね。

また、良い釣果を期待しております。

(開発部 高木)

西伊豆の名礁で良型寒グレを堪能

2019/01/15 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられますT&Aの白澤様より、ZEROSUM 磯 弾 CI,ZEROSUM 磯 競技 X4,ZEROSUM 磯 真 X4

を使用してのインプレが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2019/1/12~13

天 候:-

波  :-

潮  :小潮

釣り場:西伊豆 仁科 ヤゴベイ、白島

渡船:恵漁丸様 

対象魚:グレ 36㎝~40㎝ 9尾

    チヌ 43㎝、マダイ41㎝

使用ロッド:ZEROSUM 磯 弾 CIM 1.25-500

     ZEROSUM 磯 競技 X4 500

     ZEROSUM 磯 真 X4 1.5-500

使用リール:レバータイプ2500 スーパーハイギア

使用ライン:(道糸)1.75号~2号

:(ハリス)フロロ1.75号~2号

ウキ :M/0~00

 

釣行記

こんにちはT&Aの白澤です。

今年の初釣りは、最高の景色と温泉に料理がもてなしてくれる西伊豆に決まり!釣友と息子の4人でホームにしている西伊豆の仁科へ釣行してきました。今年の西伊豆は水温が低下せず、年が明けても18℃をキープするものの、良型が混じり始めており、期待十分の釣行です。

初日に渡礁したのは一級磯のヤゴベイ画像①

で、足元からタップリと水深があり、じっくりと深いタナまで探れる好ポイントです。

船長に聞くとこの日の水温は16.4℃まで下がり、エサ取りの心配もなく、じっくりと攻められそうです。

しかし期待していた上り潮は全く動かず、わずかに当ててくる潮に苦戦、どれほど深くまで仕掛けを送り込んでも根掛かりしないため、20~30㍍先に仕掛けを投入し、深いタナへ送り込んでからドン深の足元に居着く良型を狙う作戦で攻めると、これが当たり40㎝前後のグレにマダイまで連発しました。

圧巻だったのは息子がZEROSUM 磯 競技 X4でヒットさせた50㎝近いサンノジ、肉厚細身のリフティングパワーでグイグイと締め上げてあっという間に取り込み完了、曲がりの美しさに惚れ惚れとしました。

画像②

私はCIMガイドをまとって新しくリニューアルされたZEROSUM 磯 弾 CIMを使用しましたが、ガイドの軽さで深いタナへ送り込んだ仕掛けが魚信センサーのような感度はタックルバランスの全てにセンシティブさを要求される寒グレには、改めてその効果を認識しました。

それから、ZEROSUM 磯 玉の柄 X4は下げただけでスルスルと伸びて、曲がらない、最高の材料を使った玉の柄はどの魚も一発でフィニッシュが決まり、使って見ると違いがわかります。

画像③

この日は37㎝から40㎝までのグレを5枚キープして初日は終了しました。画像④

翌日は、ヤゴベイのさらに沖にあるシロ島へ渡礁しました。

この磯は深場もあり、シモリの張り出しも多く、潮切れも抜群でいろんな攻め方ができるので大好きな磯です。

画像⑤

前日の打って変わってエサ取りが多く、なんと水温が18℃まで上がっていました。

ゆっくりと流れる上り潮を攻略するためヤゴベイ向かいから丁寧に潮になじませると、深いタナでまず42㎝のチヌがヒット!

画像⑥

30㎝の尾長が時折、ロッドを引ったくっていきますが今回の狙いは大型のクチブトです。コマセワークでタナへ入ってから同調するように流すと、息子に良型のクチブトがヒットしました。

画像⑦

画像⑧

惜しくも40㎝はありませんでしたが2日間ともにベタナギの好天に恵まれた釣行となりました。

さて、このあとの状況の展望ですが、水温が確実に下がってくるはずなので、エサ取りが減り良型のグレが釣れる確率が高くなります。

1月中旬現在は、水深の浅いポイントでは小型が多いですが下がりきる2月頃からは水深の浅い犬島やタカハナ、カキハラなどでも良型のグレが出ると思います。

また、3月中旬以降の産卵時期のグレは著しく喰いが繊細になりますが、良型を妙味のある釣りで楽しめます。

今年もアングラーの皆様には安全で良い釣りができるようご祈念申し上げます。

 

しらさわ まさき

…ご寄稿ありがとうございました。

新年早速の釣行レポートをお送り頂きましてありがとうございます。

また、早速新商品のゼロサム弾CIMを使ってのインプレありがとうございます。

これからのシーズンにどんどん曲げて良い型を上げてくださいね。

次の釣果も期待しております。

(開発部 高木)

 

牟岐津島での磯釣り 第二弾

2019/01/09 カテゴリ: 磯釣

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&A三原正樹氏より、

ゼロサム磯真X4を使用し、牟岐津島での磯釣り

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2019/1/6

天 候:晴れ

波  :あり

風  :北風強い

潮  :大潮

釣り場:牟岐津島

渡船:馬場渡船

対象魚:グレ

使用ロッド:ゼロサム磯真X4-1.25-50

使用ライン:(ハリス)クレハシーガーGMFX 1.2〜1.5号

使用ハリ :鬼掛け浅層グレ3〜5号オレンジ・浅層速掛グレ

使用配合エサ:マルキューV9徳用・2袋 V11・2袋

サシエサ:マルキューくわせオキアミSP-M スーパーハードM

釣行記

新年明けましておめでとうございます!12/30 先週のリベンジ釣行で牟岐津島に行って来ましたが、2018の締めくくり釣行はグレ2匹貧果納竿となりモヤモヤのまま、年が変わり初釣りも牟岐津島へ、毎年恒例たかはしチャンプ釣り大会に参加してきました!参加人数は61人、今日は船の中で12人中11番クジでも運良く大バエ磯に上がることができました!

2

 

この磯は最近調子が上向いてるので期待大?しかし、左前から北寄りの風が強く手強い予感が?その為、今回のタックルは粘り、捻れに強く、操作性に優れ、持ち重り無く風が強い日でも1日快適に釣りを楽しめるゼロサム磯真X4-1.25-50をチョイスしスタート!ハリスは強くてしなやかなシーガーグランドマックス1.5号ハリは食い込みが良くハリ掛かりもバツグンの鬼掛け速掛けグレ5号オレンジを使用、ウキ0ガン玉G5を1個打ちスルスル!潮は右へマキエを手前に打ちサシエを合わせ新年第1投目、なんとウキが海中へ消え真X4が胴から曲り綺麗な円の様なっています!ゆっくりと魚が暴れず左右に泳ぎ海面に40cmオーバーのグレが浮いてきました。幸先バツグン新年第1投目43cmゲット!気分良く2匹目を狙い釣っていると1時間程で3匹のグレをゲットしましたが、その後は風が勢いを増してエサトリにも邪魔をされ苦戦タイムに突入です?風が強くなり仕掛けの馴染みが悪くなったのでポイントを変え仕切り直し、ここで仕掛けをチェンジ!ウキ00、ハリスにナマリG5を1個打ち、ウキを沈め再チャレンジ?その結果納竿迄に4匹追加する事ができました。

無題

 

新年初釣りは33〜43cmグレ7匹とまずまずで1日楽しく釣り仲間と過ごせました。今年も釣りに行くぞ〜!釣りは楽しいな〜

 

…ご寄稿ありがとうございました。

また良い釣果レポートを楽しみにしております。

(開発部 竹村)

 

牟岐津島での磯釣り

2018/12/27 カテゴリ: 磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

ZEROSUM 磯 競技 CIMを使用し、牟岐津島での磯釣り

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/12/23

天 候:曇り/晴れ

波  :少しあり

風  :南東

潮  :小潮

釣り場:牟岐津島

渡船:馬場渡船

対象魚:グレ

使用ロッド:ZEROSUM 磯 競技 CIM 500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーGMFX 1.2〜1.5号

使用ハリ :鬼掛け浅層グレ3〜5号オレンジ・浅層速掛グレ

使用配合エサ:マルキューV9徳用・2袋 V11・2袋

サシエサ:マルキューくわせオキアミSP-M スーパーハードM

釣行記

12/23 今年最後の釣行か?まだまだ本調子で無い牟岐津島に行って来ました。

今日は船長オススメ磯でシラゲ!

4

磯の回りは浅くシモリだらけで取り込みが大変です。

前回と同じタックルで操作性に優れ持ち重り無く、また魚を怒らせずシモリに入られず魚を浮かすZEROSUM 磯 競技 CIM 500をチョイスしスタート!

ハリスは強くてしなやかなシーガーグランドマックス1.5号。

ハリは食い込みが良くハリ掛かりもバツグンの鬼掛け速掛けグレ6号オレンジを使用。

ウキ0ガン玉G5を1個打ちスルスル!

マキエを手前に打ちサシエを合わせ釣りますが反応無し!

時間が過ぎるだけでお魚さんは姿を現してくれません!

辛抱堪らずハリスを1.2号に細くしハリも4号に小さくして仕切り直しです!

すると今まで動いてなかった潮が左へ動いた瞬間ウキが海中へ消し込み竿に重量感?

ゼロサム競技が胴から曲りますがコンコンと竿を叩いています!

まさかと思いながら慎重にやり取りし上がってきたの予想通りチヌさんで45cmゲット!

2

前日から水温が3℃下った影響でチヌさんが食ってきたのでしょう。

嫌な予感は大当りで次にヒットしたのもチヌ51cmさん

3

でグレは25cmが1匹で終了納竿としました!

1

水温が安定するまで苦戦牟岐大島、津島?

このままでは今年納竿とはならずリベンジは12/30日に!

釣りは楽しいな〜

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

年末に厳しい釣果でしたね。

リベンジ、爆釣レポートを楽しみにしております。

(開発部 高木)

愛媛県中泊で51㎝の口太グレ

2018/12/24 カテゴリ: 磯釣釣行記

高知県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの楠瀬章弘氏より、

愛媛県中泊でゼロサム磯 弾X4 タイプ0を使った磯釣りレポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/12/18

天 候:晴れ

波  :2m

潮  :小潮

釣り場:愛媛県中泊イキツキ

対象魚:口太グレ51cm(1匹)、イサキ43cm(1匹)

利用渡船:ひので渡船

使用ロッド:ZEROSUM 磯 弾 X4タイプ0 500

使用リール:シマノBBXハイパーフォース3000DXXG

使用ライン:(道糸)バリバス バーマックス磯VLS2.5号

      :(ハリス)バリバス バーマックス磯ゼロハリス2号

使用ハリ:オーナー速手グレ7号

サシエサ:オキアミ生・オキアミボイル

釣行記

そろそろシーズンインであろうと中泊に尾長狙いでクラブ員の木村君と釣行してきました。20181218_142133

四国西南部では、あちこちで大型尾長の声が聞こえて来るようになってきたので楽しみです。

ところが当日の朝は、予想外の強風で狙いの大型ポイントは諦め、船長の薦めで、風裏となるイキツキに上がることにしました。

ここは秋から冬にかけ青物が良く釣れるポイントとして有名です。

潮は下げ潮でまずまず、しかし左からの風の舞い込みが強い、さて、タックルは数釣りを想定し、40cm前後をターゲットとしていますが良型にも対応できるZEROSUM 磯 弾 X4タイプ0としました。

足下からマキエサを入れ暫く様子を見ますがエサ取りすら出てこない状況が続き時間だけが過ぎ、やがて潮が緩むとエサ取りが見え始めました。

魚は正直なもんです。

沖の潮目を狙い流していると一気にウキが消しみ、綺麗な曲がり込みで余裕に魚を寄せ、まずはイサキをゲット出来ました。

今日はイサキ狙いよと話しながら同じポイントを集中的に狙います。

数投後、今度は重量感タップリの引き、ロッド全体に重みを感じながら魚は海面に、デカイ!タモ入れ成功で口太グレ51cmをゲット出来ました。

20181218_144207

しかし後が続かず納竿となりました。ZEROSUM 磯 弾 X4タイプ0は、40cmをターゲットとしていますが、何のその不意の大物にも余裕を持って魚を浮かせてくれます。

20181218_144010

強風の中でも操作性がよく強靱な粘りがあり最高峰のロッドです。

皆さん次回の釣行記にご期待下さい。

 

楠瀬 章広

…ご寄稿ありがとうございます。

51㎝の口太グレは見事です。

また、良い釣果を期待しております。

(開発部 高木)

愛媛県矢が浜でのグレ釣り

2018/12/18 カテゴリ: 磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

ZEROSUM 磯 競技 CIMを使用し、クラブの納竿大会に参加され、

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/12/16

天 候:曇り/雨

波  :少しあり

潮  :小潮

釣り場:愛媛県矢が浜

渡船:浜渡船

対象魚:グレ

使用ロッド:ZEROSUM 磯 競技 CIM 500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーGMFX 1.2〜1.5号

使用ハリ :鬼掛け浅層グレ3〜5号オレンジ・浅層速掛グレ

使用配合エサ:マルキューV9徳用・2袋 V11・2袋

サシエサ:マルキューくわせオキアミSP-M スーパーハードM

釣行記

12/16 いつも仲良く交流させてもらっている某クラブの納竿大会に参加させてもらい愛媛県矢が浜に行って来ました。

1

クジ引きの結果本床横磯に上がる事になり、竿は新製品で操作性抜群で持ち重り無く、また魚を怒らせず優しく胴から全体で受け止め魚を浮かすZEROSUM 磯 競技 CIM-500をチョイスしスタート!

ハリスは強くてしなやかなシーガーグランドマックス1.5号ハリは食い込みが良くハリ掛かりもバツグンの鬼掛け速掛けグレ6号オレンジを使用。

ウキ0ガン玉G5を一個打ちスルスル第1投、潮は右へゆっくり流れマキエサとサシエサを合わせ流すとすぐウキが海中へ消し込み竿に重量感が伝わってゼロサム競技が胴から曲ります!

竿を立て溜めていると磯際をグレが暴れずスッーと海面へ30cmオーバーゲット!

それからもコンスタントに22〜40cmのグレを約30匹程釣れましたが、昼ぐらいに風が強くなり潮も右へ速く流れ万事休すとなり納竿としました!

2

釣りは楽しいな〜

 

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

 

30匹とは爆釣となりましたね。

年明けも良い釣果を楽しみにしております。

(開発部 高木)

国頭郡本部町での磯釣り

2018/12/05 カテゴリ: 磯釣釣行記

沖縄県在住で幅広く活動されております。当社T&Aの米城誠氏より、

ZEROSUM 磯 真 X4、を使用しての磯釣レポートが届いております!

是非ご参照下さい。

 
釣行日:2018/11/25
天気  :晴れ
波  :1.5m
潮  :中潮
釣場 :国頭郡本部町
対象釣:ふかせ釣り
使用リール:シマノBB-Xテクニウム3000番
使用ウキ :阿波 三原浮き00~5B 
使用ライン:サンラインテクニシャン3号
使用ハリス:シーガーグランドMAX2号
使用ハリ:鬼掛け短軸のませグレ7号
配合えさ:マルキュー暴寄グレ一袋+V9一袋+オキアミL3キロ一袋
サシエ :マルキューV9
 
今回は本部町にあるBGセンター離れにある一文字に釣りクラブのメンバー5人で釣行しました。
本部町にある浜崎漁港からの渡船でam7:00に出船し15分程で一文字に到着しました。日も昇っているので急いでゼロサム真X4を準備します、撒き餌を打ってみると全く魚が見えない状況です。このポイントは水深10mはあるので思いきって底を狙おうと5Bのウキでスタートしましたが餌取りすらいないのかオキアミの頭も付いた状態で戻って来る時間が暫くは続きました。!cid_167761d9424fba521f03
満潮が過ぎ潮が動き出したので数少ないチャンスに集中します、右~左へ流れる潮に乗せて防波堤の際を攻めると待望のアタリがあり中々の引きです!水深もあり根ズレもほぼ無いポイントなので竿の曲がりを楽しみながらやり取りしますがゼロサム真X4には敵わずあっさり35㎝のイラブチャー(ブダイ)はタモに収まりました。
その後も期待し仕掛けを送りますがウキが沈んでくれません。昼過ぎに25㎝程のイラブチャーを追加しますが状況は変わらず試行錯誤するも迎えのpm16:00になり納竿となりました。
!cid_167761da219464f46f14
 
今回も厳しい釣りでしたが釣友とワイワイしながら釣行出来たので楽しく過ごす事が出来ました、釣れなくても海には感謝ですね‼
 
!cid_167761db4f290f96bf25
 
 

…ご寄稿ありがとうございました。

厳しい中、本命を引きずりだしたのは

お見事です。

釣友とワイワイしているだけでも釣りは楽しいものですね!

 

また、リベンジレポート楽しみにしております!

皆様も良い釣りを!

(開発部 竹村)

 
 

師崎港にてチヌ釣り

2018/12/04 カテゴリ: 波止釣/その他

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、今回は師崎港に釣行。

是非ご参照下さい。

釣行日:平成30年11月

場所:師崎港

渡船:- TEL:-

対象魚:チヌ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:チヌ3枚

タックル:(ロッド)ZEROSUM 磯 弾 CIM 1号500

釣行記

朝の冷え込みがきつい11月も終盤。私にとっては11月最後の休みだけにここ一発クロダイ良型の姿をと思い篠島釣行を考えていたのですが、なんと天気予報では北西の風6~7mと強く吹くとの予報。とりあえず午前6時定期船乗り場に来たのはいいのですが、釣り人も単発。やはり風の影響が効いているのでしょう。
切符を買えば行かなくてはならないのですが、沖を見ると白波が・・・仕方がない!諦める事にして外に出ちゃいました。師崎港と言えばいつものポイントで竿を出そうと直行しました。
遠目で1人フカセ釣りの先釣者がいたのですがやや左寄りに釣り座を構えていたのでその右側に釣り座を決め、コマセ作りに精を出そう。
台船が無くなってから約2ヶ月を過ぎようとしている。さすがにチヌはそこには居ないだろうと想像してはいるが、ひょっとしてと考えてしまうが果たしてどうなるのだろうか?それより北西の風7mはきつい。チヌが釣れる所はみな風には弱い所ばかりが多く悲しいものです。
何を考えても自然には勝てないのでここ師崎港で頑張るしかない様だ。コマセが出来上がったところで、ZEROSUM 磯 弾 CIM 1号500のお出ましとなりました。
さてタナ合わせも終わったところで、付けエサを付けダンゴを15回程ニギニギ。20m沖をポイントとして投入です。
お隣さんのフカセ釣り師はアタリは出てるものの、アジ、フグに悩まされているようだ。ダンゴ釣りもフグにだけは何ともならないが、
心の奥底から声が・・・隣でフカセをしてもらっているので、フグ君はそちらに移動してもらえてるようで、ダンゴに反応してこないのでシメシメ!と心の悪魔が笑っていた。
さて本題に戻ろう。ウキトップの先が目印3ヶ分が見えているだけで調整してあるのでダンゴが割れるにつれゆっくりとそのトップが海面から顔を出す予定だ。予定通り1分後ゆっくりトップが出て来た。そして調整した赤色のトップが出たら底トントンという事になっているのだ。この方法をしばらく続け様子を見ながら、ハワセを入れるか、底を切るかを調整すればよい。
するとどうだ!ダンゴが切れた途端アタリが出たのだ。驚きもあった為と竿を竿受けに置いていたのもあり反応がワンテンポもツーテンポも遅れてしまい空振りに終わってしまった。あ~~!やっちまった!当然エサは完全に喰われていた。何のアタリだったのだろうか?、今度こそはとすぐにダンゴを握り投入。
1~2分後、トップが赤い所に来た時だ、またしてもスーッと消えて行くウキ。今度は、竿を持っていたのでそのまま大きくアワセを入れるとしっかり針掛りだ。パワフルな引き込みが竿を伝わってくるが、ドラグを鳴らすような獲物ではない。だが引きを楽しみながら浮かせに入ると、なんと本命のチヌ君がしっかり針をくわえていた。23㎝小型ながらさすがに秋チヌだけあってパワーがある。結構楽しめれましたね。
釣れないと思っていただけに嬉しい姿を見れたので気分も最高になり手返しもスムーズに動きます。
さぁ~~!もう一枚来なさい。で投入。されど自然は気まぐれです。二匹目がこれまた来ません。とうとう4時間が過ぎてしまいました。
スミイチで終了の気配の中なんとアタリが出たのです。不意打ちのアタリなのでスカを引いたと思ったのですがなんとしっかり針掛りしています。なんとか同サイズのチンタクラスがあがりました。型はもちろん小さいですがチヌに間違いありません。
そしてまたしても無反応・・・・あっ!もうコマセがありません後2投程で終了してしまいます。大切な1投を投入しました。さぁ~!アタリよ出なさいと願った瞬間、そのアタリが出ました。ウキがスーッと沈んだ時この時を待っていたかのように大アワセを入れるとガツンと響く強い引き込みに変わったのでした。
ボラの引き込みか、もしくはチヌか?ゆっくり引きを楽しみながら浮かせると、やりましたチヌです。それも良型??
2枚が小さかったのでそれより大きいと良型に見えてしまったようです。情けなやぁ~!上がったチヌ金は28㎝これも毛の生えたチンタ君でしたね。
さぁ~最後の1投です。もう一尾来いと願い投入。プチ!ドボ~~ン!アチャァ~~スプールレバーが上げていなかったぁ~~!呆然
ハイハイ!これにて終了です。さっさと遊ばせてもらった堤防を海水で綺麗に流して納竿としました。
IMG_1134IMG_1140

なかむら てるお

…ご寄稿ありがとうございました。

暴風の中でも釣果を上げるのはお見事です。

また、リベンジ釣果情報おまちしております。

(開発部 竹村)

徳島市津田一文字チヌ釣り

2018/11/26 カテゴリ: 波止釣/その他釣情報釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

徳島市津田一文字での

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/11/16

天 候:晴れ/曇

波  :無し

潮  ::小潮

釣り場:徳島市津田一文字

渡船:サンライズ渡船

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

11/16 天気が良いので釣友と3人で津田一文字に行って来ました!

先週と同じコーナー付近で釣開始!

3

今日は風も無く西面でスタート!

今回の仕掛け竿:ZEROSUM 鱗 X4-1-53.阿波三原ウキ1号ハリスグランドMX1.2号2ヒロ半.ハリ鬼掛軽攻めチヌ1〜3号からスタート!

タナ5ヒロ遊動仕掛けで狙っていきます。1

西面での釣りは左右潮が速く上下潮が違ったりその上、北西風が吹くとライン操作が非常に難しくマキエサに合わせるのが大変!

その為、仕掛けを工夫しなければ釣れません!

ウキ1号にオモリ0.5号道糸に、ハリス2ヒロ半にオモリBをハリから1ヒロに1個打ち、その上1ヒロにも1個打ち宙吊り帆っ掛け釣法で狙います。

この日、潮はあまり流れずチャンスですが何投してもサシエサが付いたまま返ってきます!

水温低下の為、約1時間西面で釣りましたが当たりが無く辛抱堪らず東面に浮気.

まずマキエとサシエを20〜30m沖で丁寧に合わせ釣っているとすぐに初ヒット!

チヌ25cmゲット!

2

コンスタントに当たりは続きますが23〜27cmのサイズばかりで大物が釣れません。

風も変わり又々浮気心が起こりラスト1時間西面でチャレンジ!

30分程でまさかのドラマが?ウキが海面に消え合わせるとグイグイ右へ走り大物の予感?

ハリス1号なので無理はできず道糸がどんどん出ていきます。

結局痛恨のラインブレイク!

諦めず残り少ない時間頑張っているとすぐに当たりがあり慎重にやり取りし上がってきたのは本日最長37cmゲットで納竿となりました。

本日の釣果チヌ23〜37cm15匹!

小型が多かったですが楽しい1日が過ごせました。釣りは楽しいな〜

 

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

チヌ23〜37cm15匹とは見事狙いが的中しましたね!

これからも良い釣果期待しております。

(開発部 高木)

名護市屋我地の磯釣り

2018/11/22 カテゴリ: 磯釣釣行記

沖縄県在住で幅広く活動されております。当社T&Aの米城誠氏より、

ZEROSUM 磯 真 X4、を使用して沖縄県名護市の磯釣レポートが届いております!

感想ももりだくさん。…是非ご参照下さい。

 

釣行日:2018/11/18

 

天気  :晴れ

 

波  :2m

 

潮  :若潮

 

釣場 :名護市屋我地

 

対象釣:ふかせ釣り

 

使用ロッド:ZEROSUM 磯 真 X41.5号530

 

使用リール:シマノBB-Xテクニウム3000番

 

使用ウキ :阿波 三原浮き00~B

 

使用ライン:サンラインテクニシャン3号

 

使用ハリス:シーガーグランドMAX2.5号

 

使用ハリ:鬼掛け短軸のませグレ7号

 

配合えさ:マルキュー暴寄グレ一袋+V9一袋+オキアミL3キロ一袋

 

サシエ :マルキューV9L

 

釣行記

今回も名護市屋我地の磯へZEROSUM 磯 真 X4を使用し釣りに行って来ました。

1

AM6時半に出船し10分程で磯に到着、すでに明るくなつていたので急いで仕掛けを準備し7時過ぎに釣り開始!

483

風は向かい風で爆風潮は左から右へゆっくり流れてる!

このポイントは逆の潮流が釣果は良いのですが上げ潮に期待して一投目投入、しかし餌とりのハララー(ヤマクチイワシ)の大群が撒き餌に群がってきました。

何処へ撒き餌を打ってもハララーがいる状況で餌が持たないのでBのウキを使い早めに落とす作戦ですが、向かい風が強いためかなり苦戦しました。

風が弱まるタイミングで良い所に仕掛けが入っていくと同時にウキが沈み合わせると30㎝位のアーガイ(ヒブダイ)が難なく上がってきました。

その後も爆風と餌とりとのやり取りが暫く続きましたが2度目のアタリがあり中々の手応え!

かなり引きは強いが35㎝程のトカジャー(ニザダイ)はZEROSUM 磯 真 X4には敵わず数秒でタモに収まりました。

6

暫くはアタリも遠のき相変わらず風、餌とりの嵐!

干潮から時間もかなりたったころ右から左へ潮か流れ始め良い感じですが風が収まる気配はなし!

ウキを00にチェンジしガンダマで調整しゆっくり沈めながら流す釣りに変更。

風に押されるラインに気を取られてると、この日1番の強い引きのアタリ!

糸フケもあったせいでタイミングが取れず根ズレで切られてしまいました。

その後ヒブダイを1枚追加しましたが、うねりが強く潮を被る様になったので納竿となりました。

7

又リベンジします。

 

よねしろ まこと

…ご寄稿ありがとうございました。

エサ取りが多い中、本命を引きずりだしたのは

お見事です。

また、リベンジレポート楽しみにしております!

皆様も良い釣りを!

(開発部 髙木)

釣研徳島支部チヌ予選で3位

2018/11/12 カテゴリ: 大会報告磯釣釣情報釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

ZEROSUM 鱗 X4を使用し、釣研徳島支部チヌ予選の

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/11/10

天 候:晴れ/曇り

波  :少しあり

潮  :大潮

釣り場:徳島市津田一文字

渡船:サンライズ渡船

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

11/10 釣研徳島支部チヌ予選で津田一文字に行って来ました!

恒例のクジ引きはなんと1番で通称コーナーにポイントを決め釣り開始。

1

今回の仕掛け竿:ZEROSUM 鱗 X4 1号500.

阿波三原ウキG5.ハリスグランドMX1.2号2ヒロ半.ハリ鬼掛軽攻めチヌ1〜3号からスタート!

北西の風が強く西面は諦め東面でのスタート!

満潮が近い為テトラ際から攻めていく作戦です。

マキエとサシエを丁寧に合わせ釣っていると20〜30分で初ヒット!

チヌ25cmゲット、今日の計量ルールはサイズ無しの5匹重量なので後4匹を目指し頑張ります。

2

しかし、当たりは続きますが23〜27cmのサイズばかりで大物が釣れません。

その後、潮が引いてきたので沖の深場遠投狙いに変更しウキ5B・タナ5ヒロで仕切り直しです。

それから納竿迄ボツボツ釣れ沖狙いが的中したのか少し型の良いチヌが釣れ。

 

3結果チヌ23〜48cmを12匹大会成績3位となり楽しい1日が過ごせました。

4

釣りは楽しいな〜

 

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

 

見事、釣研徳島支部チヌ予選3位入賞

おめでとうございます。

12匹の釣果もお見事ですね!

これからも良い釣果期待しております。

(開発部 高木)

徳島県阿南市福村磯でチヌ釣り

2018/11/08 カテゴリ: 磯釣釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

ZEROSUM 鱗 X4を使用した

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/11/3

天 候:晴れ/曇り

波  :少しあり

潮  :長潮

釣り場:徳島県阿南市福村

渡船:林渡船

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

11/3 前回、モナリザ釣親睦会の大会で福村磯に行きましたが、悪天候の為早仕舞いとなりましたのでリベンジ釣行で福村に釣友と2人で行って来ました!

上げて貰った磯は先週の優勝磯ツナカケ!

2

早速リベンジ開始?

今回の仕掛け竿:ZEROSUM 鱗 X4 1号500.阿波三原ウキG5.ハリスグランドMX1号2ヒロ半.ハリ鬼掛軽攻めチヌ1〜3号からスタート!

北西の風がまだ吹いているので少し釣り辛い状況ですが手前から攻めていきます。

1投2投とマキエと合わせて釣りますが反応無し、通常のパターンは30分程でマキエサが効いてくると食ってきますのでまだまだ余裕です。

しかし、アレって思いながら2時間程釣っていてもアイゴは釣れますがチヌの気配がありません。

そしてマキエにボラ、アイゴが水面で乱舞しています。

釣友はアイゴ狙いに変更し入れ食い状態!3無題

アイゴも食べて美味しい魚で引きもパワーがあり磯釣りでは徳島の人気魚ですが、毒があるので皆さん注意しましょう。

さてチヌが釣れないので磯変わりを選択し次に上がったのは土佐バエ、この磯も1級で少し期待を持って仕切り直しです。

このポイントも風に向かっての釣りになり苦戦しそうでタナは5ヒロ・ウキ1号・ハリス1号・ハリ1号にチェンジ!

タナを深くしワンランク仕掛けをシンプルにした事が成功したのかチヌ30〜43cmを4匹追加し午後3時納竿となりました。

1

釣りは楽しいな〜

 

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

 

磯変わりが成功しましたね。

後半に4匹のチヌを追加させるのはさすがです!

これからも良い釣果期待しております。

(開発部 高木)

常滑港にてチヌ釣り

2018/11/08 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、今回は常滑港に釣行。

是非ご参照下さい。

釣行日:平成30年10月

場所:常滑港

渡船:- TEL:-

対象魚:チヌ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:チヌ1枚

タックル:(ロッド)ZEROSUM 磯 弾 CIM 1号500

釣行記

普通ならば『秋も深まり数釣りシーズンに入り』と、心ときめくはずの紀州釣りなのだが、今年の南知多はどうよ?
ほとんど釣果に巡り合えない日々を送っているんです。
今回の休みも何処にしようかと悩む日々が続くなんてこと今まであっただろうか?

今回もあそこなら釣れるなとハッキリ言えるところが無いのが現状ですね。

はたして今年はチヌの数釣りは出来るのでしょうか?

10月25日の天気予報も北西の風5~6mと出ている為今回の釣行は常滑港に決定した。

午前7時過ぎ、釣り人としては遅い出発と思われがちだが、今までの釣れている時間帯は下げ潮に多い事から、ゆっくり現場に到着とした。

約30分程で駐車場に到着したが、ずらりと並ぶ車にまずは驚きだ。

平日でもこれほどの車があるという事はもしやチヌが釣れているのかもと想像しながら、赤灯台の堤防に向かうが、フカセ釣りやダンゴ釣りのクロダイ釣り師の姿が見当たらないのだ。

あれぇ~!あの車の数は??と思いながら防風林を抜けるとマリーナ側にずらりと並ぶ釣り人。

のべ竿にてサビキ釣りのお客様が多く小アジなどが釣れていたのだ。

ではチヌ狙いの釣り人は?と堤防を見渡すと先端近くで1人フカセ釣り師が竿を出していたので、挨拶がてら情報収集でお話を聞くとなんと未だアタリは無い様だ。
それと最近チヌの顔を見た事が無いなぁ~と、寂しい話しをしてくれた。

今年の常滑港はタコもダメでチヌもパッとしないまま終わってしまうようだ。

さてお隣で竿を出そうと思った時、イヤな北西の風が急に吹き出して来たのだ。

天気予報通りだとまだ強くなりだすはずと思い、急遽ここを諦め、風裏の防風林に向かった。
DSCN3299
コマセ作りからスタートしてタックル準備に取り掛かろう。

竿はZEROSUM 磯 弾 CIM1号5.0mを使用した。

準備も済ませ次はタナ取りだが今は、下げ潮に入っている為3ヒロからスタート。

6投目でタナが取れたのでここからダンゴ釣りのスタートだが、ウキ止めの位置はこまめに調整しなければならない。

さて、コマセを打ち続ける事1時間、潮の動きが速くなりだし、上層の潮の速さで道糸が大きく右へ流されてしまうので、自ら左に移動し道糸を大きく潮上に誘導。四苦八苦しながら、底トントンを狙っているが、一向にアタリが出ないまま、ダンゴを打ち返す事なんと3時間が過ぎてしまった。

こんなにチヌからの反応がないとポイント選択が間違っていたのかと遅ればせながら反省するしかないかな?

午後1時前。ど干潮の時間帯をすでに回っても一向に反応が出ない。

付けエサのオキアミもそのままの姿で帰ってくる始末だ。

このまま終わってしまうのかと思っていた時、上層を泳ぐボラの群れの姿が見え始めウキの周りに集まりだした。

そんな事があってか、ボラの反応が多くなりだしアタリも半端なく多くなったが、ダンゴが切れるとウキも静かになってしまう。

そんな状態が4~50分程続いただろうか、と次の瞬間ウキが海中に入ったのだ、まさか?チヌからのアタリ?と思った時には反射的にアワセを入れていた。生命反応はあるものの強い引き込みは無い。

上がって来たのは17㎝程のアジ君だった。

リリース後気を取り直してダンゴを投入。同じボラアタリの後、2~3分した時またしてもウキがスパーッと海中に消えた大きなアタリ。

今度こそはと思ったが、これもアジ君。リリースしまくり続けた数は17匹、これも残しとけばよかったとなぁ~とまたまた後で反省だ。

そして潮が動き出した午後1時過ぎ、今までの常滑港情報ではこの時点での釣果が多い。気合を入れてダンゴを握り投入とした。ゆっくり左側へ動き出したウキを見つめていると、スッと目印2つほどが、沈んだのを確認した。オッ!と思った時には竿尻を手に取って次のアタリへの準備だ。

すると先程と同じようなトップの入り方がした時ここで大きくアワセを入れてみた。

すると、竿先は頭上でピタリと停止。生命反応も確かに伝わってくる。グイグイと引き込むパワーはチヌっぽい。だが、ボラの可能性もあるので、しばらくは引きを楽しもう。

チヌであってくれ~と頭の中で願いながら30秒後、うっすら見えた姿は黒くて小さい。

ボラではない事がここでわかった時点でチヌだと確信してのやり取りも熱が入る事は言うまでも無い。

手前に誘導し浮かせた獲物は、銀鱗眩しい待望のチヌであった。差し出したタモ網に無事納まったのは30㎝と小さいが、釣れていない時こそこの
1尾は良型にも匹敵すると情けないが自分にだけ言い聞かせている。

CIMG0512
気が付いた時には顔見知りの釣り人が後ろに立っていて『やったね!』と祝福を受けてしまった。

CIMG0510
これで気分もよくなり動きもスムーズ。まだ時間とコマセがあるので2枚目を狙う事にしたのだが。自然はそう簡単に思い通りにはしてくれない。

下げ潮もすごく効いて来る時間帯このままでは仕掛けが流されるだけで釣りになっていない状況だ。

これで終わってしまうのかと不安の中ダンゴを打ち返した。

だが、一向に流れは落ち着かない様子だ、これが最後の1投。

ダンゴが底に到着後ウキがゆっくり浮いて来た瞬間、そのウキがズボッと海中に消し込まれる大きなアタリが出た。これはまさにボラのアタリ。スルーするつもりが、そのウキが浮いてこないのだ。
しばらくしているとなんとラインが走り出し竿先までツンツンとアタリが出ていた。

これはまずい、完全に針を吸い込んしまったようだ。と同時に完璧に針掛りしているボラ君。

上げたくないので、ボラを走らせハリス切れを狙ったが残念。

こう言う時に限って、あららぁ~~!高切れだぁ~。パラシュートでウキは何とか無事であったが、仕掛けがすべて飛んでしまったので、この時点で、納竿とした。

最後に、遊ばせてもらった堤防に海水を掛けて、落ちているコマセを綺麗に流してこれで終了だ。

当然だがゴミも持ち帰る事。

車までの15分の帰り道の足取りは重かった~。でも次回も挑戦だ~~。

 

なかむら てるお

…ご寄稿ありがとうございました。

厳しい中での1枚のチヌは嬉しい限りですね。

また、リベンジ釣果情報おまちしております。

(開発部 高木)

モナリザ釣親睦会のチヌ釣り大会で4位入賞

2018/10/31 カテゴリ: 大会報告釣情報釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

モナリザ釣親睦会の大会に参加され、その中での

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/10/28

天 候:晴れ/曇り

波  :大波/ウネリ

潮  :中潮

釣り場:徳島県阿南市福村

渡船:林渡船

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

10/28 恒例のモナリザ釣親睦会の大会で福村に行って来ました。

参加選手は19人でクジ引きをし磯上がりします。

しかし、海は台風の影響と北西の風で最悪のコンディション。

私のクジは7番で淡島の桟橋に友人と2人で上がる事ができ、早速今回の仕掛けをチョイス!

竿:ZEROSUM 鱗 X4 1号500.阿波三原ウキG5.ハリスグランドMX1号2ヒロ半.ハリ鬼掛軽攻めチヌ1〜3号からスタート!

海は台風の影響で磯周辺はウネリがあり濁りでチヌを釣るには好条件ですが北西風により前からの風に悩まされながらの釣行です。

撒き餌を正面からの風に負けない様に遠投で20〜30m沖に5杯程円状に撒き、その真ん中に投入し攻めていると30分程するとウキに反応!

合わせてやるとコンコンと引きます!

チヌさんの引きとはおかしいと思っているとアイゴで残念!

次の当たりを期待し釣っていると又々ヒット、今度は本命と期待しながらゆっくりとやりとりし海面に上がって来たのは少し小さいが30cmチヌゲット!

2匹目を目指して釣っていると段々と風が強く吹いてきます。

それと同時に波も高くなって非常に釣り辛い中、チヌ30〜40cmを4匹、アイゴ1匹をゲットした時点で電話が何人からもあり波が高くなり、もう危険と言う事なので残念ながら安全第一を考慮して午前10時に納竿としました。

港に帰り皆んなの安全を確認した後計量し優勝はこの短時間でチヌ10匹程釣った市原君!

12

今日は選手皆んなに釣果があり全員がもっと釣りたかったと言っていましたが、皆さんも悪天候には早目に勇気を持って撤収し次の釣行で楽しんでください。

 

ちなみに私は4位でした!釣りは楽しいな〜

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

モナリザ釣親睦会の大会悪天候の中お疲れ様でした。

しかも、4位入賞さすがです。

これからも良い釣果期待しております。

(開発部 高木)

三重県南伊勢町 阿曽浦で初秋のグレ釣り。

2018/10/22 カテゴリ: 磯釣釣行記

三重県を中心に磯釣を中心に精力的に釣りに行っておられますT&Aの堀口様より、ZEROSUM 磯 真 X4ZEROSUM 弾CIM 玉の柄を使って

のインプレが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/10/14

天 候:曇りのち晴れ

波  :ややウネリあり

潮  :中潮

釣り場::三重県 南伊勢町 阿曽浦

渡船:とせん丸渡船様 

対象魚:グレ 最大40.5㎝~25cm26尾

使用ロッド:ZEROSUM 磯 真 X4 1.5-530

使用タモの柄:ZEROSUM 弾CIM 玉の柄600

使用リール:レバータイプ2500LBD

使用ライン:(道糸)PE 0.6号

:(ハリス)フロロ1.5号~1.75号

ウキ :円錐ウキM/0~G2

釣行記

こんにちはT&Aの堀口です。

細身かつ軽量設計で、今シーズン発売された「ZEROSUM 弾CIM 玉の柄600」をロッドケースに忍ばせ、初秋の磯に釣行しました。勿論、目標は40cmオーバーのグレをターゲットに三重県南伊勢町の阿曽浦の磯に上がりました。当日は、前線影響で出船直前まで雨がポツポツとあたっていました。しかし、磯に上がると、これまで曇っていた空も、徐々に雲が割れ、青空が見え隠れする状態になり、仕掛けの準備に取り掛かりました。

この日使用したロッドは、「ZEROSUM 磯 真 X4」。このロッドは、ハイエンドクラスで使用させる高弾性カーボンと宇崎日新独自の高密度極薄4軸カーボンを揺ぎ無い技術で#2~BATまで融合することに成功した非常に粘り強く、操作性に優れたロッドです。初秋の磯と言えば、水温が高くグレの活性も高いので、良型の引きに効率よく対応出来る様に、1.5号の5.3Mを使用しました。足下にマキエサを撒き様子を見てみるとコッパグレの群れ。これは、釣にならないと判断し、サラシの切れ目から20m程先のシモリ根付近を探る作戦で攻めてみました。タナは2ヒロから全遊動仕掛けで徐々に深いタナを探っていきます。すると、25cm~30cmクラスのグレが連発。タナは、2ヒロ半~3ヒロ前後がヒットポイントでした。

IMG_9996

時間が経つにつれ、サイズがどんどんアップしてきました。これは、40cmオーバーに期待と思っていると、ウキが沈む瞬間、竿が海中に舞い込む程の大きなアタリが伝わりました。「これは大きい!」と、すぐさま竿の角度を立て直し大きく曲がったZEROSUM 磯 真 X4で、良型グレをいなしながらやり取りを繰り返しました。しかし、この竿の素晴らしい性能である、魚が掛ってからは粘り、曲がり込むのに起こしてくるという、釣人の感覚を凌駕する粘りと曲がりこむほどにパワーを発揮してくれました。

 

そして、待ってましたとここで、ZEROSUM 弾CIM 玉の柄600の登場です。タモの柄を握った瞬間、ロッドと勘違いするほど、細身かつ軽量設計でグレの浮いたポイント目掛けて一直線に正確にタモ入れスタンバイ状態に伸びてくれました。

軽量で細身ながらにして波に押されても、タモが押し曲げられることの無いパワーにビックリ!!でした。また、ランディングから、取り込みまでに空気抵抗が感じられずスムーズに仕舞えることができ本当に素晴らしいタモの柄を実感しました。CIMG0270

このロッドとタモの柄が今シーズンのグレ釣りを楽しくさせてくれることは間違いなしです。私のフィールドとなる紀東の磯では、今後、水温が低下すると深いタナで50cmオーバーが釣れるようになりますが、このロッドとタモの柄が強い味方になってくれることでしょう。皆様も是非、使ってみください。きっとグレ釣りが楽しくなると思いますよ。

IMG_0024

 

ほりぐち ふみとし

…ご寄稿ありがとうございました。

ゼロサム真X4と新商品のゼロサム弾CIM玉の柄を使ってのインプレありがとうございます。

これからのシーズンにどんどん曲げて良い型を上げてくださいね。

次の釣果も期待しております。

(開発部 高木)

淡路沖でノマセ釣り

2018/10/16 カテゴリ: 船釣釣行記

スタッフ釣行レポートになります
釣行日:2018/10/14
天 候:晴れ 
波  :なし
潮  :中潮
釣り場:淡路沖
対象魚:メジロ60~65㎝ 5尾、ハマチ40~45㎝ 7尾
利用船: 丸松様乗合船
 使用ロッド:LIONESS 落し込み[ライオネス おとしこみ]MH245(プロト)
 使用リール:レオブリッツ300J
使用ライン:(道糸)PE3号
     :(リーダー)クレハグランドMAX・FX10号
使用仕掛 :ノマセ仕掛け ハリス8号/6号 錘50号統一

釣行記

最近、ノマセでメジロ、ハマチが好調と聞き、

丸松乗合船へ行ってきました。

5時半にいざ出船。

1

まず、エサとなるアジ釣りへ岩屋漁港に向かいます。

最近は安定しているとの事ですが、このアジ釣りでノマセの釣果も比例します。

小さなアジだとアピールも弱く、すぐに死んでしまいますので12㎝以上は欲しいところです。

ポイントへ到着し、船長から「底へ落して釣ってやー」とのこと。

水深は5mほどで底へ落すと、すぐにアタリがあります。

上がってくるのは頃合いの12、13㎝のアジで一投目から釣れてホッとします。

ここからは、陽が昇るにつれて4連、5連とたまに18㎝ほどのアジも混じりながら30分程で50匹ほど釣れたところで

船長から「そろそろノマセ行こかー」とアナウンスでエサは十分に確保出来ました。

aji

まず、ノマセのポイントは海峡から東側の水深25m。

まだ、周りでも船も集まっておらず、プレッシャーが少なく、朝一でのモーニングチャンスで期待が高まります。

第一投。

仕掛けはハリス8号からスタート。

25mから20mへ棚が上がってきます。

底から2mほど上げて待っているとゴツゴツとアジが暴れるアタリ、その後にズドンと入ったところで合わせを入れると

空振り。

少し合わせが早かったみたいです。

隣の方が竿が曲がり、上がってきたのは40㎝のハマチでした。

気を取り直して、次の流しへ。

底を取り、底から2mほど上げたところで待っていると、隣の方が曲がりますが、あまり抵抗がないようで

青物ではなさそうです。

上がってきたのはオニオコゼの30㎝と珍しい魚が釣れました。

その後はだれもアタリが無い様子。

ポイントも海峡筋へ行くも全くアタリがなく時間が過ぎて8時を回り朝のモーニングタイムは終了。

このポイントで釣れなかったのでこのまま終了かと不安になります。

場所は大きく変更して江井ヶ島沖の通称「カンタマ」へ。

時間は9時ちょうど。

このポイントは水深が18mから10mまでゆっくりとかけ上がるポイントで底は荒くないですが、

潮が速いので底取りには注意が必要です。

着底すると同時にアジが暴れだすと、ドンドンっと竿が突っ込まれます。

久しぶりのアタリで、ゆっくりと合わすと走りだし、結構引きます。

上がってくると引きよりもサイズは小さく40㎝のハマチでボーズはまのがれ一安心。

IMG-7118

ここから、ひと流しで誰かはアタル感じです。

上がってくるのはハマチばかりだったのでハリスを6号に変更。

すると、さっきよりもアタリが多くなり釣れだします。

ズドンと40㎝

 

さらに、ズドン40㎝

 

また、ズドン40㎝

 

と釣れたところで次にきたのはハマチとは違う大きなアタリ!

ドラグからも糸が出され、上がってきたのは60㎝のメジロ!

ようやく、メジロが釣れました。

IMG-7108

このあとも

ズドンと40㎝

 

さらに、ズドンと40㎝

 

とハマチが釣れます。

周りでもハマチが釣れます。

 

時間は10時40分で

メジロが1匹、ハマチが5匹。

 

釣っては〆て、釣っては〆てと忙しくなります。

この釣果でも、上出来の釣果で満足していましたが、

まだ釣れそうな気配。

エサのアジはなるべく大きめのアジを選択し、底へ落し、1m程上げたところで待っていると

竿がコンコンとアジが暴れ、少し竿先へ送り込むイメージで待っていると、ドンドーンと竿が海へ突き刺さります。

完全に突き刺さったところで合わせを入れると、リールから糸が出されます。

最初の突っ込みを耐えると、周りとおまつりをしない様に出来るだけ早く巻きます。

上がってくるとメジロの60㎝。

そこからしばらくアタリが無くなり、時間は11時20分。

そこから、まさかのメジロラッシュに突入!

ズドン!と65㎝

さらに、ズドン!と同じく60㎝

さらに、さらにズドンとまさかのメジロ3連発と出来過ぎです。

IMG-7120

ここで、船長からそろそろ帰ろかーとアナウンス。

釣果はメジロが5本とハマチが7本と合わせて12本でした。

 

IMG-7122

上出来の釣果で大満足となりました。

シーズンは12月末まで楽しめますので

皆様もぜひ、挑戦してみてくださいね

(髙木)

鬼掛け徳島支部主催オープン大会

2018/10/16 カテゴリ: 大会報告磯釣釣情報釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

鬼掛け徳島支部主催オープン大会に参加され、その中での

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/10/8

天 候:晴れ/曇り

波  :少しあり

潮  :中潮

釣り場:徳島県阿南市福村

渡船:林渡船

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

10/8 初めての試みで第1回鬼掛け徳島支部主催オープン大会に行って来ました。

参加人数は44人でクジを引き順番に磯上がりします。

まずは1番船・2番船と選手を見送ってからテスター7人で淡島の北側に磯上りしました。

1

私は湯浅さんと2人でツナカケに上り早速今回の仕掛けをチョイス?

竿:ZEROSUM 鱗 X4 1号500.阿波三原ウキG5.ハリスグランドMX1号2ヒロ半.ハリ鬼掛軽攻めチヌ1〜3号からスタート!

海は台風の影響で磯周辺は濁りでチヌを釣るには好条件。

セオリー通り手前から攻めているとなんと3投目に当たりがあり、

合わせてやるとグイグイ右へ走り大物の予感?

慎重にやり取りするも痛恨のラインブレイク!

ガックリしながら次の当たりを期待し釣っていると又々ヒット、少し小さいが30cmチヌゲット!

 

それからも好条件が幸いし次から次ヒットし25〜43cmを10匹以上ゲットし午後1時納竿としました。

釣りは楽しいな〜

2

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

第1回鬼掛け徳島支部主催オープン大会お疲れ様でした。

10匹以上のチヌが釣れて大満足ですねー。

これからも良い釣果期待しております。

(開発部 高木)

徳島市津田一文字チヌ釣り

2018/09/25 カテゴリ: 波止釣/その他釣情報釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

徳島市津田一文字でケーブルテレビで取材があり、その中での

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/9/19

天 候:曇り/晴れ

波  :無し

潮  :長潮

釣り場:徳島市津田一文字

渡船:サンライズ

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

9/19 ケーブルテレビの取材で津田一文字に行って来ました。

この番組も森井陽君をメインに7年目突入と言う事でゲストとして呼んで頂く事になり、その番組名はロックフィシングトクシマフカセロード!

以前1回出演させて貰い今回で2回目です。

随分前ですがテレビ取材はいつもプレッシャーを感じて釣ったのを思い出します。

まずは1匹をと午前7時30分ポイントに到着!

2

最近まで好釣果の西側で森井君と並び釣る事にしました。今回の仕掛けは竿:ZEROSUM 鱗 X4-1-53.阿波三原ウキ1号.ハリスグランドMX1号2ヒロ半.

ハリ鬼掛け軽攻めチヌ3号.タナ4ヒロ半でスタート!

潮は左に速く流れ苦戦する予感?

案の定3時間ヒット無しが続き前日迄の好調は何処へやら?

4時間程すると潮が緩みだすとやっと初ヒット!

コンコンとチヌさんゲット!30cm小さいけど嬉しい1匹です。

1

続いて連チャンかと思うも釣れません?結局午後3時迄頑張りましたが23〜30cmを4匹の貧果に終わりました。

森井君も40オーバーを頭に何匹かゲットしどうにか取材成功となりました!

いつもの事ですが取材の釣行はキビシイのを改めて思い知らされましたが、1日森井君とワイワイ言いながら楽しく釣りが出来ました。

釣りは楽しいな〜

3
みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

 

今回はケーブルテレビの取材ということでお疲れ様でした。

今まで絶好調だったところがまさかの苦戦でしたが、その中でも見事釣るのはさすがですね。

放送楽しみにしていますね。

(開発部 高木)

 

ZEROSUM 磯 弾 CIM 1.25号5㍍で房総半島の尾長グレ釣り

2018/09/25 カテゴリ: 磯釣釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられますT&Aの白澤様より、ZEROSUM 磯 弾 CIMをでのインプレが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/9/24

天 候:-

波  :-

潮  :大潮

釣り場:南房総 鴨川 アシカ島

渡船:岩瀬渡船様 

対象魚:グレ 最大36㎝、42㎝ 2尾

     30㎝までのクチブトグレは喰い

     他にイサキ、サンバソウ、カワハギ

使用ロッド:ZEROSUM 磯 弾 CIM 1.25 500

使用リール:レバータイプ2500 ハイギア

使用ライン:(道糸)1.75号

:(ハリス)フロロ1.5号~1.75号

ウキ :遠投タイプM/0~00

 

釣行記

こんにちはT&Aの白澤です。

高強度で知られるカーボン繊維T1100Gで武装され、超軽量のガイドCIMを使用したゼロサム弾CIMシリーズ、ゼロサム弾シリーズはデビューから調子の良さ、曲がりながらも魚をグイグイと寄せる反発力を系譜としてきましたが、素材を一新してどれほどの進化を遂げているか、試すのは尾長グレが適任者とばかり、1.25号をセットして尾長グレを狙えるアシカ島へ渡礁しました。

コマセをまくと、25㎝クラスのグレが水面までコマセを喰いにダッシュする凄まじい光景です。

画像1

この距離とタナでは入れ食いですが、今日の狙いは納得サイズの尾長グレです。まずは太海方向に流れる逆潮に乗せて、沈めながら深いタナを探りますが小型イサキばかりが喰ってきます。

コマセを足元、5m、10m、20mと距離を打ち分けていると、潮目が形成される20m先で良型のグレが一気に浮上してくるのが確認できました。

2ヒロ固定にして25m先に投入、浮上した地点にコマセを投入、ラインをピンピンに張るとビューとラインが走り取り込んだのは36㎝の尾長グレでした。

画像2

この日最大の42㎝の尾長グレは際で強烈な抵抗を見せましたが、魚の引き込みに対してWHIRL設計の効いた節が見事な曲がりでブレがなく、グレの磯際での抵抗を最小限に食い止めてくれます。また、より軽量化となったCIMガイドは持ち重りだけでなく、竿がシャキっとして、当たりから合わせのタイミングまでスピーディーになっています。

グレをグイグイと締め上げる弾本来の調子はT1100Gの素材が見事に系譜を受け継ぎ、さらに革新的なロッドへと進化を遂げていることを体現できました。

今年の寒グレシーズンが実に楽しみです。

さて、今回の釣行では水温26℃の活性ということを忘れて、大型を求めて深いタナばかり攻め、尾長グレを狙う基本の大切さに改めて反省させられましたね。

これから秋磯が開幕、全ての魚の活性が上がる秋磯では、想定外の大物がヒットすることがあります。ゼロサムシリーズやX4シリーズは実績が示す通り、そんな想定外の大物がヒットしても安心できますね。

 

しらさわ まさき

…ご寄稿ありがとうございました。

 

早速新商品のゼロサム弾CIMを使ってのインプレありがとうございます。

これからのシーズンにどんどん曲げて良い型を上げてくださいね。

次の釣果も期待しております。

(開発部 高木)

 

 

 

ハッピー釣具主催の大会でチヌ釣り

2018/09/21 カテゴリ: 大会報告波止釣/その他釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

徳島県阿南市中林からハッピー釣具主催の大会にZEROSUM 鱗 X4を使用した

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/9/16

天 候:曇り/晴れ

波  :無し

潮  :中潮

釣り場:徳島県阿南市中林

渡船:-

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 鱗 X4 1号500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

9/16 ハッピー釣具主催の大会に参加して来ました。

総勢49人でくじ引きは15番でまずまず!

港を出たすぐ前のテトラに上がる事になりました。

2

このテトラは去年2位になったポイントの近くで期待大?

仕掛けは竿:ZEROSUM 鱗 X4 1号500.阿波三原ウキ4B.ハリスグランドMX1.2号2ヒロ、ハリ鬼掛け軽攻めチヌ3号.タナ4ヒロ半でスタート!

潮は沖から手前に当たってきています!

苦戦するかなと思いながら30分程たった頃に初ヒット?

ぐんぐんと手前に走りテトラに逃げ込もうとします。

ZEROSUM 鱗 X4のパワーを使いチヌを浮かせると40〜オーバーゲット!

1

 

後7匹を目指し色々と工夫しながら納竿午後2時迄頑張りましたが合計6匹でリミット8匹には届かず残念でした。

3

今日は台風の影響かウネリがあり少し大変な1日となった様でしたが皆さん安全に釣果もバツグンで終了となりました。

ちなみに私の順位は8位でした。

釣りは楽しいな〜

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

大会レポートお送り頂きましてありがとうございます。

8位入賞おめでとうございます。

また、来年は上位入賞目指して頑張ってくださいね。

(開発部 高木)

 

徳島県吉野川でチヌ釣り

2018/09/19 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

徳島県在住でトーナメントなどで幅広く活動。当社T&Aの三原正樹氏より、

徳島県吉野川からチヌ狙いでZEROSUM 磯 競技 CIMを使用した

レポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/9/14

天 候:曇り/晴れ

波  :無し

潮  :中潮

釣り場:徳島県吉野川

渡船:-

対象魚:チヌ

使用ロッド:ZEROSUM 磯 競技 CIM 500

使用ライン:(道糸)クレハリアルサスペンド1.5号

:(ハリス)クレハシーガーグランドMAXFX1〜1.2号

使用ハリ :鬼掛軽攻めチヌ1〜3号

使用配合エサ:チヌパワー麦SP・チヌパワー遠投G・チヌパワーV10白チヌ

サシエサ:くわせオキアミSP・スーパーハードL

釣行記

9/14 またまた、前回と同様吉野川に午前10時30分から行って来ました。

仕掛けは竿:新製品宇崎日新ZEROSUM 磯 競技 CIM.阿波三原ウキG3.ハリスグランドMX1.2号2ヒロ、ハリ鬼掛け軽攻め3号をチョイスし釣開始!

マキエサを撒くと右へ速く流れ苦戦しそうな感じです?

ここ吉野川も前々回の今切川も共通してる事は流れが速いと食いが悪く小型チヌ・キビレがよく食って来ます!

案の定初ヒットは小チヌ、小キビレと続き嫌な予感?

潮止まりに期待しながら午後2時ぐらいにやっと右に流れていたのが緩んできたと思いきやウキに反応軽く合わせてみるとズッシリと重量感ありでラインが左右に走ります。

慌てずゆっくりとZEROSUM 磯 競技 CIMの反発力でやり取りし47cm〜ゲット

1

今がチャンスと集中し潮止まり1時間半程で47〜50cmを3匹ゲットし雨が降り出して来たので午後3時納竿としました。

今日の釣果は3人で43〜52cmチヌを8匹・小チヌ、小キビレ多数!

3

まだまだ吉野川のポテンシャルの高さに遊ばしてもらえるでしょう。

釣りは楽しいな〜

みはらまさき

…ご寄稿ありがとうございました。

今回は小型チヌをうまくかわして3人で8枚はお見事ですねー!

まだまだ、大型チヌねらえますね。

次回の投稿をお待ちしております。

(開発部 高木)

知多半島の新々堤でフカセのチヌ釣り

2018/09/13 カテゴリ: 波止釣/その他釣行記

身近な波止釣りを目一杯楽しまれる名人。当社T&Aの中村輝夫氏より、今回は知多半島の新々堤堤防に釣行。

是非ご参照下さい。

釣行日:平成30年9月

場所:知多半島の新々堤堤防

渡船:- TEL:-

対象魚:チヌ 天候/波/潮:-/-/-

釣果:チヌ2枚

タックル:(ロッド)INGRAM チヌ IM1.25-530

釣行記

9月に入り朝晩の冷え込みはあるものの、日中はまだまだ真夏なので、熱中症にだけは注意したいですね。

9月某日ここの所集中して釣行しているのが、
知多半島の先端師崎漁港のおとなりの新々堤に向かおう。

平日でも釣り人が入っているので再度ここでチャレンジ出来ればと願うだけだ。

なぜかと言えば車を止めるのがこれが中々至難の技。

(漁師町なので作業に問題の無い所でしか止めれません。数台分)

まずは車が止めれるかを確認して止めれた場合のみ釣行する事にしています。

当日は運良く何とか止める事が出来たので釣行してみました。

現地到着後、先釣者に状況を確認するとまったく反応が無いとの回答だが、チヌが釣れている実績場。

何とか1枚でも釣れればいいなと、その方の左隣に入らさせてもらった。

CIMG0308

まずは紀州釣りには絶対必要なダンゴ作りからだ。

20分掛けて調合完了。

次にタックル準備に入ろう。

竿はもちろんINGRAM チヌ IM1.25号5.3mを使用。

さてすべてが準備出来たところで、まずはタナ合わせ。

勝手知ったるなんとやらで3投で完了。

付けエサを針に刺してダンゴの割れ時間を調べる為最初は15回握りからスタート。

1分強でウキトップが浮いて来た。

これで大体の見当が出来たので、2投目から少し減らすことにした。

すると「きたぁ~」との声が、右隣の釣り人の竿が大きく曲がっているので、タモ入れアシストのお手伝いをしに行くと残念アイゴ君。

私の方にはチヌが来てもらいたいとウキに集中していると、そのウキが海中に入っていくアタリに反応。

これが中々の強い引き込みでINGRAM チヌ IMが奇麗な弧を描いていた。

チヌで上がって来~~い!と願ったがあちゃぁ~アイゴ君でした。

気を取り直して投入。

再度アタリ。これまたアイゴ君。

次も、次もアイゴ君。

新々堤はアイゴ君の群れに囲まれているように多い。

十数匹アイゴ君と遊んだ後、またしても明快なアタリ、ついつい合わせてしまうのが釣り人の性なのだろうか?

あぁ~!またやっちまったと思いながらドラグも緩めず強引にリールを巻いてポイントから離した。

数十秒後海面近くに見えたのは、な・な・なんと銀鱗本チヌの姿が浮いた。

慌ててドラグからラインを出し対応。(もう遅いけどね)

差し出したタモ網に納まったのは良型40㎝。

やっぱりいましたね。

これで今回もボーズ無しです。

まだダンゴが少し残っているので集中しましょう。

潮の流れが激しい時はしばらく休息ダンゴの節約とした。

30分後動きが緩くなった頃スタート。

しばらくして、再度アイゴ君の猛攻に合いダンゴも後3投ぐらいしかないそして投入。

同じような前アタリだ、しかし次のアタリが違った。

浮いて来たトップは、もぞもぞした後ゆっくり、1目盛りづつ沈んで行く、このアタリはチヌアタリに間違いないと確信。

トップが消えた瞬間、大きくアワセを入れました。

強い抵抗感重量感が竿を曲げてからグイグイと力強いパワーで竿を曲げたのです。

引き込みからしてもチヌです。ここは引きを十分楽しんでゆっくり慎重なやり取りで楽しみました。

そして上がったのは43㎝と良型。

ダンゴも切れましたので納竿としました。

CIMG0243

ダンゴ切れで終了とは後ろ髪を引かれる思いですが・・・ま!今回もボーズは免れ一安心で帰路に着きました。

CIMG0236

これだけは守ろう・・・遊ばせてもらった釣り座は、海水を掛けて綺麗にしてから帰りましょう。
                                                 

なかむら てるお

…ご寄稿ありがとうございました。

エサ取りの猛攻の中で2枚のチヌはお見事です。

また、釣果情報おまちしております。

(開発部 高木)

2018バトルカップタマン王座決定戦レポート

2018/09/13 カテゴリ: 大会報告磯釣釣行記

沖縄県在住で幅広く活動されております。当社T&Aの米城誠氏より、

2018バトルカップタマン王座決定戦レポートが届いております。

INGRAM タマンM 500、を使用し、6位入賞!

感想ももりだくさん。…是非ご参照下さい。

釣行日:2018/8/31~9/2

天 候:晴れ

波  :なぎ

潮  :中潮~小潮

釣り場:沖縄県南城市知念

対象魚:タマン(ハマフエフキダイ)

使用ロッド:INGRAM タマンM 500

使用ライン:道糸 PE5号

使用ハリス:ナイロン30号

使用鈎:がまかつ タマン針 22号

使用錘:40号

使用餌:ムネアカクチビ切身(現地調達)

 

釣行記

年に一度8月末から開催させる2018バトルカップタマン王座決定戦にエントリーしました。

今年は沖縄本島及び宮古島、石垣島より332名のエントリーがあり、例年離島勢が上位に入賞する中、

私は沖縄本島北部にポイントを絞り例年参加しているが、今回は以前から調査をしていた沖縄本島南部にポイントを定め、釣行しました。

初日8/31にPM18:00にポイントに入り、まだ日が高いため仕掛けのセッティングを行い時合を待ちます。

状況で満潮がPM22:00のため20:00前後から仕掛けを投入。

しばらくは小さなアタリはでるが竿は曲がらず、待つ時間が続きましたが、21:30頃にようやくセンサーに反応があり、上がってきたのは30cmほどのムネアカクチビ。

それまではタコの切り身を使用していましたが、このムネアカクチビを5cmほどの切り身にして再投入。

待つこと2時間、、、午前0時ごろに待望のタマンセンサーが鳴り響き、竿がグンッ!!と曲がり込みました、、、が

このポイントは根が荒く瞬殺で道糸から切られてしまいました。

(あの曲がりはGTだったのでは、、、)

 

気を取り直し仕掛けを再度作り、同じポイントへ再投入。

やや時間が過ぎたころ、またまたタマンセンサーが、けたたましく鳴り響きました!!!

鳴り響くと同時に竿が大きくつの字に曲がり込み、即座に竿を取り、リールを巻き上げましたが、根に潜られてしまいました。

竿を立てしっかりと糸を張る状況をキープすると、魚は竿の反発力により、根から出てきました。

離れた瞬間に一気にゴリ巻き!!!

タマンはあまり暴れたり首を振ったりしない魚ですが、このタマンは大きく首を振り必死な抵抗をみせます。

大きく暴れるタマンを竿の反発力を最大限利用し、やり取りを行うことでようやく観念したかのように浮かび上がってきました。

釣友にタモ入れを手伝ってもらい、ようやくキャッチ!

!cid_image002_jpg@01D44A29

上がってきたのは63cm 3.69kgのタマン!

!cid_image001_jpg@01D44A29

この大会は重量の争いなのですが、例年優勝サイズは5kgクラスとなるのでまだまだサイズアップを狙い再投入を行いましたが、朝までアタリがないまま夜明けを迎えました。

 

そこで初日が終わり2日目の夜の時合に備え一旦納竿。

 

2日目の夜、実績のある糸満市の海岸にポイントを定めPM19:00頃より釣行を開始。

満潮がPM22:20頃なので2時間前より仕掛けを投入し来たるべきアタリを待ちます。

このポイントは満潮前後15分がアタリが多くあるゴールデンタイムとなり、アタリを待ちましたが残念ながらアタリのアの字もなく納竿となってしまいました。

最終日、検量時間の11時となり検量場所に向かいます。

例年なら10位前後だろうと思い検量しましたが全体の釣果が思わしくない様子、、、入賞への望みが出てきました。

検量を終え優勝サイズは4.12kgとなりましたが、1位から10位までが1kg差もない接戦となり私は3.69kgで6位入賞する事ができました。

!cid_image004_jpg@01D44A29

!cid_image003_jpg@01D44A29

入賞しましたが口惜しさの残る大会となり、来年は1位を目指す気持ちが募る僅差の大会となり、まだまだ未知のポイントを探求しながら来年は優勝目指して頑張ろうと気持ちを強く持った大会でした。

タマンは深いなぁ、、、。

 

よねしろ まこと
…ご寄稿ありがとうございました。

63㎝のタマンは見事でしたね!!

来年は優勝を目指して頑張ってください!

皆様も良い釣りを!

(開発部 髙木)