お箸様のレポート | (株)宇崎日新(NISSIN)| 磯・船・渓流などの釣り竿の製造販売

お箸様のレポート

お箸様のレポート

もうすっかり3月になりましたが、暖かくなったり寒くなったりで春なのか冬なのか分からないこの頃。
まだまだ軽い針が手放せません。

早朝から雨の中の浅場前打ちです。
暗くて糸は見えません。寒いと軽い針でないと食ってくれません。
軽くて・柔らかい、ゼロサム稲穂00号540の出番はまだまだ続きます。
餌はシャコ。

満潮からの下げと朝マズメが重なって好条件に思えますが、冷たい雨です。浅場に行くかどうか悩みましたが試してみました。

開始直後はまだ暗いからか、普段当たる場所で当たらず・・・。どうしたものか、と。
ふと足元を見ると流れがぶつかり合っている場所がありました。
さっきまで思いっきり傍に人間が居た場所でしかも激浅ですが、食べ物の出待ちをしている個体が居れば嬉しいなと仕掛けを入れます。

当たりも分からず竿を上げると重い。根掛かりかと思うぐらい、しかしその次にゆっくり動き始めたので魚と確信し更に竿を引っ張ります。
障害物に向かわないように竿を左右に・・・振っても誘導されてくれませんでした。頑固な性格のようです。
誘導は諦めて綱引きの力勝負!
ワゴンセールの時間が経って劣化したハリス(1.2号)だったので、糸は少しずつ出しながら・・・。
しばらく引いたり引かれたりが続いてようやくバテたかな?とリールをどんどん巻いて・・・巻いても浮かないとても重い。
今度は左右に動きまわり初めてまたヒヤヒヤ。
ようやくタモでキャッチしてもまだ動き足りないようでジタバタ。人間の方はヘトヘト・・・。

私にとっての初めての年無しになりました。
ハリスが万全なら、もっと力任せに引っ張り合い出来たのですが・・・疲労度が上がれど満足度も上がってこれも一興。

これに気を良くした私はその後思いっきり力任せにやり取りをして、ハリスをプッツンさせてしまいました(笑)

ゼロサム稲穂は自分にとって厳しい仕掛け選択の場面で、頼れるすっかりお気に入りの竿です。

釣行日2020年3月8日
名前お箸
場所高知県中部
魚種チヌ
サイズ51㎝

使用ロッド

お箸様のレポート

ZEROSUM 稲穂 CIM