ホーム釣り情報 > 釣行記「千葉県外房 鴨川アシカ島」
釣り情報
釣行記「千葉県外房 鴨川アシカ島」
2017/02/14(Thu)  カテゴリ: 磯釣 釣情報 釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられますT&Aの白澤様より、千葉県外房 鴨川アシカ島グレレポートが届いております。…是非ご参照下さい。

釣行日:2017/2/12

天 候:晴れ

波  :北西の風から北風が強く ナギ

潮  :大潮

釣り場:鴨川 アシカ島

対象魚:グレ41㎝~46㎝ 4枚  30㎝以下は多数

利用渡船:岩瀬渡船 090-1451-9162

使用ロッド:ゼロサム弾X4 type0-50

使用リール:シマノBBX・MG3000DHG

使用ライン:(道糸)1.75号~2号

:(ハリス)1.75号~2号

使用ハリ :グレバリ5~6

釣行記:

こんにちはT&Aの白澤です。フィッシングショーでは、ブースに来て下さったアングラーの方と楽しい会話をさせて頂きました。また、「最近の日新の竿は良くなったネ!」とか「X4は良い竿だね、愛用してますよ!」などの嬉しいお言葉をたくさん頂き感謝しています。

釣りの道具で優れたものは、「良く釣れる道具」が最良だと常々考えています。

やっと巡り会えたレコード級の魚、アングラーの意思となり確実に取り込める、そんなロッドが最高です。釣りの道具も考えられない程の進化を遂げ、虚飾だけのごまかしは通用しない程アングラーの道具を見る目も研ぎ澄まされていると思います。そんなアングラーにもフィッシングショーで自信を持ってお勧めできるのがすごく嬉しかったです。

一期一会、会話させて頂いた方の釣運長久をお祈り致します。

 

さて、フィッシングショーで釣りをお休みしたことでムスムズ、あ~釣りしたいと、早速地元のホームグランドである鴨川のアシカ島へ、釣友のTさんを誘ってグレ釣りへ行ってきました。Tさんは、最近は日新ロッドにはまった、日新フリークの一人で今回は競技X-4

が彼の右腕となります。

私はゼロサム弾X4 type0-50を使用して、2週間ぶりの釣り開始です。釣り座は、向かい風が強くて釣りづらいポイントですが、ゆっくりと潮は前へと払い出して、雰囲気ムンムンの状況です。

まずは、30㎝前後のコッパグレは、次々とヒットしますがこの日は沖までこのサイズがコマセを拾いに出ていくようです。

風の抵抗を少しでも軽減させて潮筋にきっちりと仕掛けをなじませるため、ラインを1.5号まで細くして探り、ラインを張るとツーンとラインが張ります。合わせるとかなりの手応えで上がってきたのは43㎝のクチブトグレでした。

釣友のTさんは、ハナレの際を丹念に探り、競技X-4が究極の弧を描きます。際のシモリへと突っ込むグレに全く主導権を渡さず、あっけなく取り込んだのは46㎝の良型のクチブトグレでした。

「良く曲がりますが、ためているだけで魚が勝手に浮いてきました」とロッドの感想までコメントしてくれました。このあとも、40㎝級のクチブトメジナを複数枚、イシダイなどの外道までヒットして2週間ぶりの釣りを楽しみました。(笑)

競技X-4もType-0もハリスの適用範囲も広く、良く曲がってしっかりと浮かせるロッドですが、使用しているハリスの号数から脳裏をよぎらない曲がりの安心感というものがあります。一瞬でも、「あっ!ハリス細い」と思えば、やりとりに余裕がなくなりますが、X-4はハリスの細さを感じさせないような雰囲気があります。

立春を過ぎてそろそろ春の陽気になります。これからは、抱卵でグレが極端に喰い渋る時期となり、更に釣りの妙味も向上します。ワンランク細いハリスで、エリア最大サイズを手に入れるチャンスです。皆さんも、春グレを楽しんで下さい。

T&A しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。今シーズンは週末は天気が悪い日が続きですが、良い釣りができましたね!

これからもバンバン釣ってください!

(開発部 高木)

このページの先頭へ