ホーム釣り情報 > 釣行記「壱岐、小呂島周辺での青物、根魚! 」
釣り情報
釣行記「壱岐、小呂島周辺での青物、根魚! 」
2016/11/25(Thu)  カテゴリ: CURTIS 船釣 釣行記

多彩な釣り物を狙い精力的に釣りに行っておられますT&Aの白澤様より、壱岐、小呂島での遠征ジギングレポートが届いております。…是非ご参照下さい。。

釣行日:2016/11/12~13

天 候:晴れ

波  :少しあり

潮  :大潮

釣り場:壱岐、小呂島周辺

対象魚:キジハタ30~45㎝ 62尾
   クエ38~58㎝ 3尾
   アカハタ、オオモンハタ、カンモンハタ、アオハタ 12尾
   アカヤガラ 150㎝級3尾、メイチダイ、フエフキダイなど外道もたくさん

使用ロッド:Silver BackS 603M S603MH
        LEOPARD SLOW JIGGING LE-SJ63、LE-SJ66

使用ライン:(道糸)PE2~4号

       :(リーダー)フロロ25~60lb
ルアー :120~160gジグ
釣行記
こんにちはT&Aの白澤です。
かねてより計画していた、「玄界灘を楽しみ尽くすツアー」昨年まで関東に在住していた友人のOさんが九州へ転勤で戻ることになり実現しました。
東京から友人3名、九州の友人ら総勢6名での遠征釣行です。
ボートはなんとOさんの友人が所有する46フィートで、壱岐まで航程約80㎞です。
仲間うちの釣りでは、どんな釣りでもOKというのが魅力です。魚が釣れない可能性も想定してOさんは、前日にノマセ用の豆アジを100尾以上も確保してくれていました。
最初のポイントは、壱岐の北西に点在する根まわりのポイントで、魚探は高低差5mを示
し、注意しないとあっという間に根掛かりするポイントで、ヒラマサなどの実績も高く、著名なルアー船も数隻見えます。
この日メインとで使用したLEOPARD SLOW JIGGINGはまるでセンサーを取り付けたかのような感度で、根の状態まで手にとるようにわかり、根掛かりをさせない特性も合わせ持つロッドで、ロストしたルアーも少なくて済みます。

このポイントではキジハタの活性が高く、スローピッチでもノマセでもビシバシ当たってきました。

ざっと40尾くらいをキャッチしたあと、ノマセで狙っていた友人のMさんのロッドがひときわ絞り込まれています。上がってきたのはなんと3㎏を越すクエ(九州ではアラ)でした。

巻き上げる途中で見たこともないような大きさのアカヤガラや巨カサゴなどが次々とヒットするも、青物の反応はサッパリ、ポイントを北東の浅場周辺に移動すると、イワシのナブラが発生しています。
このポイントは5mから一気に30mまで落ちる急峻なポイントで、キャスティングで探ります。シンキングペンシルで探ると、数投目にヒットしたのはなんと45㎝を超える立派なグレに全員で大笑い、今度は20㎏を越すヒラマサが、投入と同時にドカン!巻いてきて再びドカン!船ベリでもドカンドカン!とバイトしてきましたが、惜しくもヒットならずでしたが壱岐のポテンシャルを十分に堪能しました。
このポイントはスローピッチで根魚が入れ食いで、キジハタだけでなく、アカハタ、クエ、オオモンハタなどをキャッチしました。
さらに、見たこともないようなメイチダイ

もヒットして青物はサッパリでしたが、根魚フェスティバルとなりました。
かけがえのないの友人とのチームワーク、豊穣の海、最高です。
さらにこの時期の玄界灘は冬の季節風が吹き出すと釣り人を寄せ付けない日が続きますが、釣行した日は年に数日あるかないかというほどのナギに恵まれました。天気の神様ありがとう!

テスター&アドバイザー しらさわまさき

…ご寄稿ありがとうございます。壱岐での根魚パラダイス羨ましい限りです。次回は20㎏オーバーのヒラマサキャッチですね!次回も良い釣果期待しています。
皆様も良い釣りを!(開発部 高木)

このページの先頭へ